チビート・トラバース2019 in 石鎚山 1日目(綾〜延岡)

四国の霊峰、石鎚山。西日本一の高峰でもあります。
この山は学生の頃から、一度は登ってみたいと思っていました。
というわけで、今年のチビート・トラバースは石鎚山に決定。
(じつは去年計画していたのですが、ちょうど通り道である大洲市が水害にあったために急遽変更)

令和元年7月31日朝8時。綾の自宅を出立。この日は延岡までなので気楽ですが、日中の気温が心配なので、基本早立ち早着きで行きました。

今回新たに導入したのこちらのフロントバッグ。

ロックブロスのものは専用の“子亀”バックがありますが、以前買ってあんまり出番のなかったバッグを流用。
これでこれまで使っていたリクセンカウルの買い物バッグから大幅に軽量化。
ただ、取り付けにちと難が。色々と試行錯誤の上で最終的には落ち着きましたが、ベルトでハンドルにくくりつけるわけですが、そうするとワイヤー類に干渉して、ブレーキや変速に影響が出てしまいます。そこをどうクリアするか、が鍵となります。それさえクリアできれば、まあ使いやすいと言えます。
また、物を入れると自然と垂れ下がる格好になるので、タイヤとのクリアランスにも注意。

これらに加えて、トップチューブバッグも導入。


最初にロードバイク用にスモールを買っていたのですが、微妙に小さいのでラージも購入。
二つを合わせると、とても具合がイイ!ダンシングしても膝に当たりません。

綾からは西都〜木城〜R10〜延岡のいつものコース。

西都ではもう稲刈りが終わってました。
木城町のスーパーウチヤマダさん。いつもここで休憩。
美々津港。日差しは強いがその分、海の色が鮮明だ。
美々津大橋を下から。
美々津の街並み。
幸脇峠。

今回新たに「幸脇峠(さいわきとうげ)」を開拓してみました。
美々津消防小屋の踏切のすぐ上から峠道に入ります。
このあたりの10号線は、景色はイイのですが、自転車で走るのはとても神経を使う「難路」です。路肩は狭い、汚い、クルマは飛ばす、正直あんまり通りたくないルート。というわけで、距離は短いものの、エスケープルートとしては、木陰も適度にあり登りもさほど厳しくなく、お勧めします。
なんといっても峠の雰囲気がイイ。

旧太平洋ドライブイン。えらく小洒落た場所になっていた。

旧太平洋ドライブインである「ステアーズ・オブ・ザ・シー」に寄ってみました。残念ながら定休日でしたが、うーん、だいぶ以前とイメチェンしたなあ〜

15時には土々呂で墓参りした後、妹宅に厄介になりました。

本日の走行距離 92km
最高速度 59.6km/h
平均速度 16.9km/h

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA