先日もお知らせいたしましたが、去る10月26日コントラストガレリアにおいて、谷川賢作さんとmakoring(高瀬麻里子)さんのライブを開催していただきました。

その際、mixiにてお知り合いになった(いわゆるマイミク)Sさんに来ていただき、非常に喜んでいただいたところ、日記で詳しいレポを書かれていました。

今回、ご本人に特別に許可を頂き、ここに転載させていただきます。
(なお文中のともこー@(^_-)とは、私のことです)

陶房八十一個展:前夜祭プレライブ
 日時:2007年10月26日(金)19:00open19:30start
    (引き続き27日より個展)
 場所:コントラストガレリア(地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分)
 URL:http://www.studio-vita.com/galleria/
 出演:谷川賢作(E.Piano)、Makoring(Vocal)

というわけで、行ってまいりました茗荷谷コントラストガレリア。

九州は宮崎県で活動されている陶芸家、ともこー@(^_-)さんの、初の東京個展開催に伴う前夜祭プレライブイベントでした。

茗荷谷は周囲を多数の大学に囲まれた、文京区の名に相応しい地域に位置しており、ちなみに江戸時代は本当にミョウガ畑であったという。

私がこの駅に降り立ったのは、表情筋の働きが一般人と役者で違いがあるかを調べるという(笑)、某女子大学生の研究のお手伝いで顔中に電極を貼られて測定を受けて以来、15年ぶりでした。

ともこーさんは、私がmixiを始めた頃からのマイミクさんのお一人です。

同い年で、プログレッシブ・ロック、それもカンタベリー・ジャズ・ロックという希少ジャンル(笑)を愛好する同好の士であり、

・・・地方においてこのジャンルを愛好するということは、自らマイノリティとしての自覚を持って生きることと同義であります(^_-)・・・

人生の本質が旅であることを見抜き、一生を旅し続けるために定住する、という戦略を地方で実践している姿に、自らの人生のアナザーサイドをみるかの如く、常々シンパシーを感じておりました。

時が熟し、物理的距離を越えた魂の兄弟、ついに感動の対面。
感動のあまりその部分だけ速報日記としてアップ(笑)。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=604303791&owner_id=258978

会場でともこーさんが現在手がけている「白さつま」という焼き物を、初めて実物を手に取って眺める機会を得ました。

伝統的な薩摩焼の「白薩摩」と呼ばれる焼き物は、高度な絵付けなどを施した、装飾性の高い伝統工芸なのだそうですが、ともこーさんはこの鹿児島の白い粘土の素材としての美しさに惚れ込み、あえて透明な釉薬を使い、伝統的な白薩摩と区別するために「白さつま」と表記しているそうです。

一つ一つの器に手作りならではの存在感と、器の大きさや厚みに応じた質量が手に伝わり、何といっても素朴でありながら美しい白。

陶芸については門外漢の私ですが、古来より人の心を夢中にしてしまうのも頷けます。
どんな世界でも、実際に脚を運んで手で触れてみることの大切さを再確認しました。

また、装飾美ではなく、実用性を兼ね備えた美しさを追求するともこーさんの姿勢に、心地良い共感を覚えました。

この日は初日ということで、地元宮崎のイベントで交流が続いているというジャズピアニスト/作曲家、谷川賢作さんによるプレイベントライブが、某ヤマハの全面協力の下(谷川さんが絶妙なMCで、実に愉快に強調されておりました^_-)行われました。

ライブで初めて拝見・拝聴する谷川賢作さん。
この日は現代日本語詩を歌う「DiVa」という氏のユニット・・・正確にはDiVaはベーシストを含む3人編成だそうなので、この日はDiVa(-1)だったそうですが・・・の曲をご披露下さいました。

ジャズを基盤としつつ、ロマンティックな谷川氏のメロディと、ヴォーカルmakoringこと高瀬麻里子さんの、隅々まで表情豊かな素晴らしいヴォーカル。

長く日本語による歌モノに取り組んでいる私ですが、使用しているテンポや和声の違いなど、非常に多くの刺激をいただきました。

ともこーさん、ありがとうございました!
次は必ず私が九州まで会いに伺います!!

いやいや、こちらこそありがとうございました。
初めて会ったとは思えない、そんな出会いでした。

ライブの方、このように大変盛り上がった、贅沢な時間と空間を堪能させていただきました。
その後も、深夜まで賢作さん高瀬さんにはお付き合いいただきました。

本当に、自分は幸せ者だと思います。

コントラストガレリアの柏渕さんはじめ、イタリアンをご提供いただいたなつみさん、ようこさん、ふきさん、ありがとうございました。


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 展示会情報

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。