前編より続く)
牛ベラのみで器を作る場合、湯呑なら湯呑、飯碗なら飯碗の形をはっきりとイメージしながら水引きする必要があります。
つまり、必要な土の量をとり、伸ばしていく工程のみで完成まで持って行きます。
当てゴテを当てる作業を省略している訳です。
それは決して手抜きではなく、それなりの技術が要求されるものです。

熟練した職人さんは、当てゴテ無しで一定の大きさ・形の器を大量に作っていきます。

ちょっと話は変わりますが、よく蹴ろくろは大変ではないですか?という質問をお受けします。


水引きするスピードは、電気ろくろとそんなに変わりません。
本当に熟練した職人さんの中には、湯呑を一日1000個も引かれる方がいるそうですが、まあそれは特別として(^^ゞ、土練りをせずろくろだけに集中出来てなおかつ引きやすい土ならば、僕が蹴ろくろでしても300個以上、場合によっては500個くらいは出来ます。

白さつまの土だと、100個がせいぜいですが。

実際の作陶風景はこちらから

疲労はさすがに蹴ろくろの方が疲れるかなあ。全身労働ですから。
でも、電気ろくろも結構疲れるものです。

また、蹴ろくろでは思いがけない怪我をしてしまいました。
両足親指の付け根の骨を、疲労骨折してしまいました。
足で蹴り続けるため、割れてしまったのです。
足踏みミシンで仕事をされている方や、バレリーナの方にも多いそうです。
バレリーナと一緒かぁ(*^_^*)

・・・・・・・・

電気ろくろと蹴ろくろで差がでるのは、削りの工程です。
削りは電気ろくろの方が早くて、楽でしょう。

ではなぜ僕は蹴ろくろにこだわるのでしょう?

蹴ろくろをしよう、と考えた当初は、人と同じことをしたくない、という単純な理由でした。
実際始めてみると、これは自分に合っているかも、と思いました。
全然、いやじゃなかったんですよね。お尻がむけても(笑)
もちろん痛かったですよ。
何なのでしょうね?

隆太窯に伺ったのも、蹴ろくろで作陶されていることが大きな理由のひとつでした。

今年6月で独立して丸9年、早10年目に突入しますが、ここ数年、ようやく蹴ろくろの面白さが分かって来ました。
蹴ろくろは、全身を使って作業します。
蹴るリズム、スピードと、水引きをするリズム、スピードが一致するとき、絶妙のラインが生まれてくるのです。
しかも、「白さつま」という磁器土のきめ細かさを持ちながら土物の作り方が出来る土を使うことで、その良さがいっそう引き立ちます。
つまり、磁器のように薄く軽く水引きし、しかし土物と同じように削りを極力しない、そのことによって有田の清潔感と唐津の手作り感を同居させることが出来るようになったのです。

自分の理想に、ようやく技術が追いついて来ました。

八十一の器は、蹴ろくろでしか生み出せない。
今ではそう確信しています。


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 焼き物コラム

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

5件のコメント

アバター

NONAME · 2008年2月14日 11:15

ひとっところに座って蹴る、という行為はドラマーと同じ境遇なのかなぁ〜、とか。
以前誰かが『座って何かを蹴りつつ手先に集中して作業するのは凄く腰に負担が掛かる』と言ってました。
その改善には、座る椅子を高めにするのが良いそうですが…椅子の高さはジャストな位置じゃないとノレないんで…(苦笑)
ろくろも同じじゃないです?
けっこう座る高さって大切ですよねっ。

アバター

八十一 · 2008年2月14日 11:29

>どらまーさん
おっしゃる通り、高さは重要です。
僕のろくろは、高さを身長に合わせてある特注品です。
また、腰を掛ける厚さ1寸の杉板も、体に合った高さと適度な柔軟性が必要です。
・・・・おそらく盆造さんへ(^_-)

アバター

盆造(´ー`)y━・~~~ · 2008年2月14日 16:02

正解!
…って、名前入れるの忘れちゃってましたね(苦笑)

アバター

ホッシー · 2008年3月1日 23:47

いやー。実は私も蹴ろくろ、もっております。
ですが、股関節を痛めて、今は削りにしか使っておりません。
最初のころは、もう土殺しだけで無理!って感じでしたけど、1ヶ月もすると、ほんとに、電機ろくろと同じように引けるようになるものなんですよね。驚きました。
削りの、微妙な揺らぎは、土ものには合ってるなあ、と思います。
すごいですねえ。。。。疲労骨折!バレリーナとおんなじ!(そっちかよ!)
腰だって、結構負担かかってるとお見受けします。ながーく作り続けられるように、ストレッチストレッチでやっていきましょうよ!(^^)

アバター

八十一 · 2008年3月2日 00:45

>ホッシーさん
腰の方、さすがにつきあい方も分かって来ました(^_-)
股関節は、少年時代のサッカーで経験済みなためか(笑)、そんなに深刻じゃありません。
でも、腰には電気の方が悪いんでは?と思ったりもして(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。