昨日、久しぶりに一心鮨光洋の木宮さんが遊びに来られました。

いろいろとお話をさせていただきましたが、その中で気になった言葉がありました。

「100円ショップのお皿は、手に取ってみるとどうもなにか違和感がある」

器であろうが、料理であろうが、受け手に取ってストレスを与えるものであってはなりません。
少なくとも僕が制作するときには、そのことを一番気をつけています。

具体的には、ストレスを持って仕事をしない、ということです。

自分が持っているストレスが自分の作品に取り込まれてしまう、そんな気がするのです。
別に科学的根拠がある訳ではありませんが、かといってそれがないという科学的根拠もありませんので、自分が感じたまま、自分を信じて仕事をしています。

土練りを、機械を使わず手で全て行っているのも同じ理由からです。

ですから、自分の精神・肉体の状態を常に気を遣っています。

・・・・といっても、僕もフツーの人間なので(^^ゞ、哀しくなったり怒ったり、
風邪も引けば、二日酔いにもなったりするんですけどね(笑)
まあ、できる限りプロ意識を忘れないように、ということです。

木宮さんが感じられた違和感は、それだけでなく作りのことももちろん含まれているでしょう。
でも、真剣に普段から仕事をされている方には、そんな無意識の領域も感じられるのではないか。
そんな風に思いました。

僕もそうなりたいと思います。

木宮さんのブログ


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 焼き物コラム

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

4件のコメント

アバター

れいこ · 2008年3月14日 06:11

そうね。私も100円ショップでは、器は買いません
ともこーさんの器、先日の個展で、いただいた器は
逆に、ストレスが解消されるというか、、、
なにをのせても、素敵ですよ。
やはり、手つくりで、しかも、センス良いものは
飽きませんし、、、毎日、使いたいな、と、思いますね

アバター

八十一 · 2008年3月14日 08:42

>れいこさん
お褒めの言葉、ありがとうございます。
そういっていただけると、作者冥利に尽きます。
だから、手抜きが出来ません(^_-)
頑張りますよ〜

アバター

盆造(´ー`)y━・~~~ · 2008年3月14日 10:14

う〜む…深い!

アバター

八十一 · 2008年3月14日 11:32

>盆造(´ー`)y━・~~~さん
そういう感性って、昔の日本人は誰でもある程度持っていた気がするんですよね。
そういうものを、無くしたくないし、取り戻したいと思ってます(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。