タイトルは「ハチクロ」を意識してみました。

今朝は、昨日夜に終わった窯の出し方。
窯出し
なかなかいい感じに上がってますよ〜(^o^)

そして、続いて「白さつま」と「黄亜椰」「黒天目」の窯焚きに向けて釉薬掛け中です。

ところで、今日は宮崎地方はぽかぽか陽気で暑いくらい。
いい天気でしたね〜
で、仕事をしているとどこからか、ミツバチが一匹紛れ込んできました。

ほう、昨今少なくなってるっていうからなあ。この時期にしても珍しいかも?

なんて思いながら仕事してました。
うちの工房には、日頃から蜂はよく迷い込んできます。
真夏にはスズメバチも。
でも、こちらが何もしなければ、彼らも何もしません。
しばらくして窓から出て行って、それでおしまい、というパターン。

で今回の蜂くん(いや、働き蜂は♀だからハチ子さんか)も、しばらく放っておきました。
が、そのうち図々しくなって、体の周りを飛び始めました。
耳元で飛ばれると、うるさいうるさい。
しょうがないので、立ち上がって外に誘導しようとゆっくり歩き出します。

そのままついてきました。
外に出ても、体から離れません・・・
で、ダッシュ。

ようやく解放された、と思ったのもつかの間。
また工房内へ戻ってきました。

うるさいなあ。

しかも、次第に下半身に移動しなんと股間へ。
ちょ、ちょっと待ってくれ!

過去の苦い思い出が蘇りました。

あれは高校生の冬。
あるとき寒いお風呂から上がり、パンツをはいた途端、いててててて!!!!!!
おそらく、日向の洗濯物の中に紛れ込んでいたのでしょう。
アシナガバチがパンツの中に。
内股をやられました。
いやあ、マジで痛かった。
1週間は思いっきり股擦れでした。

2回目は、大学生の春。
当時岡山に居たのですが、5月には所属していたサークル恒例のカヌーキャンプに旭川の大原橋付近に行き、サークルの連中と遊んでいました。
河原で、友人たちと草野球をしていたのですが、黄色い花畑の中でやったのが罰が当たったのか、ボールを打って疾走していたらまたもや、あちちちちちっち!!!!!!!

どうやら、密を吸っていたミツバチが短パンの中に入り込んだ模様です。
この時も1週間、股擦れでした。

そんなこんなでちらっと、過去の記憶が甦ったものですから
「またかよ」

いえ、決してオヤジギャグなんか狙ってませんよ。奥さん。

念の為お断りしておきますが、僕は糖尿の気もありませんです。ハイ。

まあ今回はなんとか、ことなきを得ました。ほっ。
さて、週末の窯焚きへ向けてもういっちょ踏ん張りますよ〜(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 焼き物コラム

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。