先週の水曜日、窯出しの最中に、割れた茶碗の破片で手首を切ってしまいました。

別にたいした痛みでもなかった(と思った)のですが、ボタボタと滴り落ちる血が。
どうやら血管を切ってしまったらしい。

本当に、アレっというまでしたし、もっと大きな怪我もしたことがあったのですが、思いの外多い出血に驚いたことは否めません。
とにかく血を止めなきゃ、と思ったのですが利腕だったため上手くできない。

そこでちょっと慌ててしまいました。
とりあえず傷口(ちょうど手首の外側でよく見えない)を洗い流し、なんとかタオルで患部を縛りました。
これでとりあえずは血がボタボタ落ちることは無くなりました。

さて病院に行こうと車に乗ったのですが、止血が上手く行っていなかったのでしょう、途中で目の前が暗くなってくるのが分かり、次の瞬間気が付いていみると、枝道の途中で止まっていました。
その間の記憶がまったくありません。軽い貧血に陥ったようです。

とにかく近所の友人が営む店まで行き、そこの店長さんに病院まで送っていただきました。
結果は、4針縫うことに。
大して深くはない傷だと思ったのですが・・・

先生曰く、ちょっとずれていたら、神経や筋肉、筋を傷つけたかもしれない。また、切れたのが静脈でよかった、ということでした。

そんな。茶碗を割っただけなのに・・・

傷はもちろんですが、運転中に気を失ったことはショックでした。
折しも怪我をした次の日、登校中の小学生の列に車が突っ込んだという報道が。
他人事じゃない、と背筋が寒くなりました。

幸い、事後の経過は良好で、数日中には抜糸になりそうです。
出血がひどい時は、傷を心臓より上にし、気分が悪い時は足を上げて横になる。
腕であれば、肩口を縛って止血するのではなく(動脈の場合はあまりよくないそう)患部を圧迫して止血する。
落ち着いてから、運転などはする。

などを気をつけたほうがいいようです。

それにしても、体力は下手な20代には負けないつもりなのですが、人間の身体って、案外脆いものです。
数センチ、傷がずれていたら。
気を失った時、対向車がいたら。がけ下に転落していたら。
意外と死ぬ時は、あっという間のものかもしれませんね(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 焼き物コラム

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。