会期中、沢山の方にお越しいただき、盛況のうちに終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

私が会場に居たのは三日間だけでしたが、有意義な出会いが多数ありました。
唐津の弟子時代にお世話になった方々、以前からのお客様始め、ネットからのお付き合いの方々も来て下さり、感謝の思いでいっぱいです。
この場を借りて、御礼申し上げます。

早速、ご注文いただいた器も制作に取りかかっています!
今後もご贔屓のほど、なにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m

私は初日から4日まで会場に詰めていました。
翌5日に宮崎に帰ったのですが、ぎりぎりまで窯焚きをしていたため(^^ゞ、車に荷物を載んで福岡まで行っておりました。
行きはさすがに高速を使ったのですが(それでも朝6時半に家を出て、一番館さんについたのが11時半)、まあ、帰りはドライブがてら阿蘇でも久しぶりに通ってのんびり行こう、と思い立ちました。

福岡を出たのは10時頃。県道31号線を南下し、筑紫野まで。
筑紫野から国道3号線を横切って(笑)(普通はそのまま3号線に乗るのでしょうが)、県道53号線を久留米まで進みます。

途中、道に迷って団地をさまよったりしつつ、県道82号線を辿り、立花町でようやく3号線と再会。
このあたりでお腹も減ってきました。

道の駅「鹿北」によるものの、食べ物にはありつけず、鹿北町から県道18号線へ。

いやあ、この道が気持ちよかった!
自転車で走ったら、最高でしょう。

鹿本町でようやくコンビニに立ち寄り、昼食。
国道325〜387号線から県道15号線「菊地阿蘇スカイライン」を通って、大観峰へ。

それまでの温かい陽気と打って変わって、阿蘇ではお昼過ぎでなんと5℃!
この日から日本列島寒の戻りが始まったのでした。

それにしても、阿蘇はいつ来ても気持ちがいい!

一の宮、高森と抜けて蘇陽、五ヶ瀬町へ。
一番無難な道は、高千穂〜延岡なんですが、それでも綾まであと3時間は掛かります。
で、普段は通らない、椎葉〜西都「ひむか神話街道」を通ってみることにしました。
これが、後の悲劇を生むとはつゆ知らず・・・

最近、道が整備され、かなり通りやすくなった、と聞いていたのですが、ここ数年の大型台風の傷あとは予想以上に大きく、あちこちで補修工事が行われていました。

また、「日本の秘境」の肩書きは伊達ではありませんでした(笑)
それまでののんびりしたドライブとは打って変わって、緊張感溢れるワインディングロードは、疲労が溜まってきた心と体にはキツうございました。

しかし、見晴らしは最高です(^_-)

ようやく、無事帰宅したのは18時半でした。

Follow me!

カテゴリー: 展示会情報

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

2件のコメント

アバター

松田和久 · 2007年3月22日 12:00

こんにちは。一番館での「綾の工芸展」無事終了お疲れさまでした。いろいろお話し出来て有意義でした。HPを拝見するのが遅れまして、本日休憩時間に開いています。改めて作品のことがわかりました。鉢は使いがてがよく毎日何かしら入ってテーブルの上にあります。湯のみは、家内が隆先生作をよく使いますので私がときどき使っています。有り難うございました。

八十一

八十一 · 2007年3月22日 17:15

>松田様
先日は、楽しくお話をさせていただきありがとうございました。
本当に、新しい出会いが多数あった展示会で、一番館さんには感謝いたしております。
また機会がありましたら、松田様とも一献ご一緒出来ましたら楽しい時間を頂戴出来るかと思います。その時はよろしくお願いいたします。
機会がございましたら、宮崎の方にもぜひ遊びにお越し下さい。
お待ち申し上げております。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。