“蹴ろくろ”を活かした造形。

“蹴ろくろ”の特徴としては、廻すリズムの自由さがあります。回転のリズムと、土を引き上げるリズムが絶妙にシンクロしたとき、美しいラインが引き出されるのです。

水挽きで作られたラインを壊さない最小限の削り。

有田などの磁器では、器胎すべて削ってラインを作られますが、“陶房八十一”では水挽きの段階で最終的な形が決められます。

このことによって、有田の清潔感と唐津の手づくり感の融合を実現しています。

Follow me!

カテゴリー: やそいちの仕事

やそいち 嫁

やそいち 嫁

大阪生まれの大阪育ち。なんの因果か、田舎の陶芸家の嫁となる。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。