14日、高千穂の葬式から帰宅し、夕食をかき込んで商工会青年部の定例会へ出かけました。

その日は割合早くに会を終え、21時には自宅で事務仕事をしていました。
すると、表千家大賀社中でご一緒させていただいているKさんから電話が。

その日、大賀サチ先生がお亡くなりになったということ。

驚きました。
半年前の夏、米寿のお祝いの茶会でもお元気だった先生がしばらく前にケアセンターにご入所されており、初めてお訪ねしました。
思いのほかお元気で、早くご自宅に帰りたいとおっしゃられていました。
近いうちにご挨拶に行きたいな、と考えていた矢先のことでした。

先生とのご縁は、僕の叔母からの紹介でした。
叔母のご友人のお母様、ということから前々からお茶を習いたい、といっていた僕に行ってみたら、と勧めてくれたのです。
叔母自身は裏千家をしていたのですが。

訊くと、大賀先生の娘さんとは幼馴染だとか。
ということは、高千穂は田原のご出身ということです。
僕は高千穂に実際に住んだことはないのですが、第二の故郷と言っても過言ではないほど幼い頃から馴染みの土地です。
宮崎の表千家で、男性のお弟子さんが少ないこともあって(お茶の世界は元々は男の嗜みであるため)非常にかわいがって頂きました。
お孫さんとも歳が近かったこともあったのでしょう。

基本に厳しく、しかしお稽古中でもユーモアを忘れずに楽しくお稽古をさせていただきました。

大正3年生まれの享年95歳でした。僕の祖母の3歳年下になります。21歳でご結婚され、23歳でご主人を戦争でなくされ女手一つで娘さんを教職の傍らお育てになったそうです。
ご定年後は、お茶の師範としてご活躍され、僕がお世話になった時分では、県下の表千家では知らない人はいない存在でした。

その時で既に80は越えられていましたが、宮崎神宮にほど近いご自宅で、お一人でもちろん自炊もされお住まいでした。
初めてお会いしたとき本当に、そのお元気なご様子にびっくりしたことを良く覚えています。

棺に納められた、先生のお姿。
お世辞抜きに、お綺麗でした。

奇しくも、先週妹さんである馬場先生もお亡くなりになったということは葬儀の場でお訊きしました。

大賀先生、本当にありがとうございました。
安らかに、お休みください。


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: つぶやき

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

2件のコメント

アバター

大賀サチの孫です。 · 2009年2月15日 11:52

先日は祖母の葬儀に参列して頂き誠に有難う御座いました。
ブログに祖母の訃報も載せて頂いた事もとても嬉しく思います。 祖母のプロフィールなのですが。祖父が他界したの戦争ではなく病死なので…一応。葬儀会場でのアナウンスでは、祖母が23歳の時となっていましたが。自分の記憶では、24歳の時です確か。自分の母が生まれてから他界したと祖母から聞いていました。祖母の生年月日が1914年10月17日、母が1938年10月14日なので、干支も同じ寅です。他界したのが94歳数えだと96歳(年が明けるとカウントされるので)です。
生前、祖母がよく自分に茶碗を作ってくれと言っていました。孫の作陶した茶器で茶お点ててみたいと、10代の頃からよく言っていました。
祖母の4人の孫のなかで、自分が一番長い時間接していたので、祖母とはよく口論しました。元々教育家で勤勉家、何よりも『自分の持つ知識や受け継がれて行くモノを後世に伝えたい、日本古来から伝わる伝統を未来へと受け継がせたい』と強く思っていた人なので。しかしその反面新しいモノにも絶えず好奇心を持ち吸収して行く昔風に言うならハイカラな面も強く持っていました。そんな祖母と生活していると、世間一般に言う『お婆ち

アバター

八十一 · 2009年2月16日 23:02

> 大賀サチの孫です。さん
先日は、お疲れ様でした。
先生のプロフィール、訂正していただき、ありがとうございます。
おそらく(^^ゞ、Kさんですよね?
式場では、ろくにご挨拶も出来ずに失礼致しました。
ご無沙汰しております。
先生の訃報は、僕にとって大きなショックでした。
親戚の訃報と重なったこともあったかもしれません。
しかし、ぽっかりと大きな何かを失った気持ちはぬぐい去れませんでした。
伝統をしっかりと伝えたいという情熱は、おっしゃるとおり人一倍おありでしたね。
かといって、決して古くさい考えに捉われることはありませんでした。
先生とご縁を頂けて、本当に幸せ者だと思います(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。