昨日4月1日の「爆笑問題のニッポンの教養〜世界は編集されている?〜」観られました?

ゲストは松岡正剛さん(編集工学)。

編集という作業、実は日常生活の中で無意識のうちに我々も行っているんですね。
インプットされた情報が、自己の中で編集され、アウトプットされるときにそこにズレが生じる。

そのズレは、個性とも呼ばれたり、あるときは物事の別の側面を浮かび上がらせたりする。

面白いですねえ。

ところでその対談の中で、松岡さんがこんなことをおっしゃられました。
「グーテンベルグが活版印刷を発明した後16世紀以降、人は本を黙読し始めた」
何と、それまでは音読しかできなかったらしいです。

情報、文章を音読というと、小学校の授業でしかしたことありませんが、黙読の方がなんか楽な気がしますよね?
しかし、爆笑問題も漫才はライブ感が大事であって、やり直しなんかかっこ悪くて出来ない、と言っていましたが、音読も実はそのライブ感?というか左右脳を同時に使って読んでいる?という風に感じました。

そう考えると、なんか新鮮。

黙読は、情報を取り入れながら“沈思黙考”していますが、“話す”行為が加わると論理的な思考だけでなく直感というか瞬時の判断が要求されてくる様な気がします。
まあ、これは僕の想像で科学的な根拠はありませんが(^^ゞ


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: つぶやき

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

4件のコメント

アバター

盆造(´ー`)y━・~~~ · 2008年4月3日 11:42

何気にトリュフォーの『華氏451』を思い出しました。
本が禁止になった世の中で、最後にとった策は『記憶して聞かせる』ってやつ。
1人1人が本になるシーンです。
ちなみに俺は本を読む際、ブツブツと口が動きます(笑)

アバター

八十一 · 2008年4月3日 13:26

>盆造(´ー`)y━・~~~さん
おお、ありましたね!そういえば。
森の奥のコミューンのシーン。
たまには音読してみようかな?

アバター

ギグマス · 2008年4月3日 16:31

すごく興味があります。
でも爆笑問題は嫌いです。

アバター

八十一 · 2008年4月3日 19:01

>ギグマスさん
爆笑問題が嫌い、というのも分かる気がするね(^_-)
でも、面白いよ、ギャグはともかく。
この間は京大の教授や生徒達との討論してた番組もおもろかったなあ。
しばらくお店行ってない気がするな。
綾にも遊びに来てください(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。