アーカイブ: 黄亜椰

やそいちのこだわり!
自宅裏山の赤土を、釉薬の原料として使用。全くオリジナルの黄色。
赤土に含まれる微量な鉄分が発色源。
ちなみに、「亜椰」は古代の綾の地名表記です。

「白さつま」のシリーズとはまた違ったシンプルな器です。
黄瀬戸とも違う、暖かみを持った色合いがお気に入りです。
「白さつま」の土を胎土に用いたものと、「黒天目」のシリーズと同じ胎土を用いたものがございます。

貫入釉とは、釉薬と胎土の収縮率の違いから、表面に細かい“割れ”を意図的に生じさせたものです。 伝統的な薩摩焼や、萩焼で多く見られる特徴です。 貫入釉は使っていくに従い変化していく、いわば使い手が育てる器です。

黄亜椰飯碗

投稿者: 八十一(やそいち)

  綾の赤土を用いた、全くオリジナルの釉薬です。 黄瀬戸や伊羅保とはまた違った味わい。 容量的には割とたっぷりな感じですが、実際持っていただいて「軽い!」とよく驚かれます。 また、黄金の稲穂を連想させる黄色が、…

黄亜椰湯呑

投稿者: 八十一(やそいち)

地元の赤土を用いた、オリジナルの釉薬です。 独特の淡い色彩は、とても雰囲気がよく上品です。胎土には「白さつま」を使用しています。 表面に微細な貫入がありますので、使い込むほどに、味わいを増して行きます。お客様によって、育…

PAGE TOP