8月7日、中学の時の担任をして頂いたT先生のお宅へ遊びに行って来ました。

T先生は、1、3年と受け持って頂き、先生も教師2年目と若く、僕らの兄貴的存在でした。“プログレ”を教えてくださったのも先生。当時、ロック好きな仲間内で先生からカセットテープ(!)をよくお借りしたものでした。

2年前の綾工芸まつりに突然来て下さり、実に20数年ぶりの再会。僕らが中学生の頃にご結婚され、そのとき生まれた赤ちゃんがなんと子連れで一緒に!
年取るはずですわ(笑)

また、去年祖母の初盆の時に母方の親類と都城で集まったのですが、その時従兄弟の子が中学で卓球部で、叔父がコーチをしている(元々卓球好き)という話の延長でなんと部の顧問がT先生だということが発覚。
宮崎、狭いっすね〜(笑)

都城のご自宅に遊びにおいで、というお言葉に甘えさせて頂いた次第です。

さて普通ならば国道10号線をまっすぐ行けば2時間ちょっとで都城なのですが、普通じゃつまらないので、午前中に仕事を済ませ昼食プラス昼寝後、14時過ぎ自宅を出立。野尻から大淀川をさかのぼるコースを行くことに。

高岡町赤谷からR268を野尻方面へ。小林〜えびの方面へはほぼこの道一本なんですが、それだけに交通量も多く、また田舎の国道にありがちな路肩が悪く自転車では緊張が続く路線です。のじりこぴあ手前のセブンイレブンで休憩した後、南手に進路を取る。
広々とした農道を気持ちよく進み、岩瀬発電所から山手の道へ。ほどなく笛水の集落へ。

ところが、ここで道を間違え、何やら山奥の「隠し田」のごとき田んぼへ出てしまい、完全に迷子に。山奥で迷子ほど心細いものはありませんね(^^ゞ
運良く畑に来られた農家さんに道を聞き、なんとか地図に載ってる道まで引き返し、轟ダムを目指す。ここで50分ほどのロス。

轟ダムまで出れば、後は川沿いの道だから楽だろう、と思っていたら、数年前の台風の爪痕か、全面通行止めの看板が。うそやろ〜
迂回路を行ったものの、これがまた結構な登り。実は前回の北川行きと今回は、いつもの愛用のサドル「セラアナトミカ タイタニコ」ではなく、「セラSMP ハイブリッド」を試しに付けていたのですが、これがなかなかフィットせず、この辺りですでにお尻に火がついてました(^^ゞ
先生との約束の時間は18時。この時すでに16時。やばい。
うだるような暑さでしたが、山の中が幸いし森の中は幾分涼しく、走ってる分には風が当たるのが気分的には楽でした。

何とか轟の集落までたどり着き、後は余計な冒険はせずに(笑)R221に出ることを優先し、ひたすらベダルを廻し続けました。

牟田町のホテルに18時着。30分遅れでT先生宅へ。
ネコちゃん達が出迎えてくれました。
奥様にお会いするのも実に28年ぶり。ビールで軽く手料理を頂きながら昔話。

その後、先生と歩いて牟田町まで。行きつけの「グリーンベル」というお店に連れて行って頂きました。
“プログレ”カラオケで盛り上がりました(^_-)

次の日、少々二日酔いで(^^ゞ10時にホテルを出立。素直にR10を帰ることに。
しかし、この日も暑かった・・・

10号線も路肩は悪い、大型は狭い道を飛ばす、自転車で好んで走ろうという気にあまりならない道です。
あげく、去川の下りでは時速40キロで前輪がバースト!ぱん!という高い音とともに裂けてしまいました。
幸い車もなく、転倒もしなかったので怪我はなかったのですが、後10キロほど。持つかな〜
チューブを交換し、タイヤの破損部分はねんざに使うテーピングを貼って応急処置。
その後はスピードを出さずに、とにかく帰り着くことを優先に走りました。

ホントに久しぶりに、先生とゆっくりお話し、また初めてお酒も一緒に飲ませて頂いて、楽しかったです。
今でも覚えて頂いて、気軽にお声掛けして頂くことは本当にありがたいことです。
先生、奥様ありがとうございました。

Follow me!


八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。