残暑お見舞い申し上げます。

今年も暑い夏がやってきた。例年より、ひときわ暑い気がする、のは私だけだろうか。
というわけで、恒例の夏のツーリングに出かけてきた。
過去2回、本土最北端、宗谷岬に行ったことがある。いづれも自転車で。しかし、本土最南端である佐多岬にはこれまで行ったことがなかった。それでいいのか?!?!宮崎人!?!?

それで

佐多岬、に今年は行ってみた。

https://www.navitime.co.jp/coursebuilder/course/0b99d917334347b990d68bfe4d2b3a71

8月4日(3日目)垂水〜佐多岬〜大泊キャンプ場

体の芯から火照っているためか、冷房をかけてもなかなか熟睡できなかった。

とは言っても、暑い夜をテントで過ごすよりは休めたはずだ。

7時出立。
今日は海沿いのほぼ平坦な道を行くはずなので、距離を稼げるはずだ。
国道220号を順調に南下する。道沿いには、きれいに整備された公園、キャンプ場が点在している。野宿には困らなさそうだ。

いわゆる「佐多街道」を行く。

荒平天神。

荒平天神で小休止。トイレの水道がありがたい。早くも頭からかぶる。

遠くに開聞岳が見えてきた。

開聞岳が次第に大きくなってくる。

開聞岳とひまわり畑。

道の駅根占からの開聞岳。

大隅半島の突端、佐多岬方面が近くなってきた。

ちょうどお昼に佐多の町に到着。Aコープでおにぎりを調達。
ここまで体調もすこぶるよい。今日は楽勝だな、これからの道程も体が慣れてきたのか、予定通り行けそうだという気分になる。
休んでいると、タクシーの運転手さんに声をかけられた。自分も自転車乗りだ、というおじさんに岬までの道を聞いてみると、「いやー、自転車で来るのはここまでだよ〜」とのこと。きついだろうねえ、頑張ってねえ、とお言葉をいただく。
まあ、半日あるんだから15時くらいまでに岬に着けばいい。

ここからは山道。二日間に亘ってお世話になる県道68号線へと入る。

佐多の街を振り返る。

途中にあった、東屋とトイレ。生き返る・・・

それまでの好調さとはうらはらに、容赦ない日差しと坂道が襲いかかる。

小さな小さな、港の集落。こんな猫の額のような土地に、昔から人々は住み続けていたのだなあ。こんなところが点在している。

大泊の集落に13時過ぎ到着。

 

いよいよ佐多岬へ!

佐多岬ロードパーク、楽じゃないな・・・

嘗ての有料道路は県道として解放されている。

道をガジュマロが覆いかぶさっている。

噂には聞いていたが、結構なボディブローな道だ。
14時過ぎに岬へ続く土産物屋に着く。
ここから先は徒歩のみ、入れる。しかし相棒一人を残してはいけまい、と押していくことにする。
これが間違いだった?

徒歩のみ、の理由は狭い&急傾斜のため。キャンプ道具一式積んだ自転車を押していくときは覚悟するべし。

徒歩のみ、の理由は狭い&急傾斜のため。キャンプ道具一式積んだ自転車を押していくときは覚悟するべし。
とにかくも、無事、念願の佐多岬に到着だ!14時半。

風が強い。が、熱い、景色は最高。来てよかったなあ。しばらく感慨にふける。

佐多岬の土産物屋にある、ガジュマロの大木。

今日の泊まりは、大泊キャンプ場。田尻海水浴場からまっすぐ登ったところから、佐多岬ロードパークからホテル佐多幹へ通づる細い道を行く。この道がまた、劇坂だった。
とても乗って登ることは無理で、押しが入る。いや、ここは押してよい。距離は短いので、だいぶショートカットできる。
おそらく、昔有料道路だった時代には、この道を地元民は使っていたのだろう。

大泊キャンプ場は、海水浴場に併設してあり、管理人無し、炊事場、トイレのみというもの。しかし、トイレもきれいに掃除されてあり、紙もあった。ただし、テントを張るスペースは決して広くなく、この日はファミリーキャンパーふた組と私だけ。あと一人用テントが3張りもあればいっぱい、といった感じだ。ただ、近くで新しいキャンプ場が工事中だったので、おそらく近い将来広いオートキャンプもできるような場所が出来るのだろう。

というわけで、とても気持ちよいテン場だったのだが、明るいうちはアブ、暗くなってくるとヤブ蚊の大群に悩まされた。

ファミリーキャンパーのひと組は、毎年ここに来ている、ということだった。そこのお父さんに、明日行く予定である県道74号線について尋ねてみた。一度通ったことはあるが、また行きたいとは思わない、とのこと。ふむ。
この時点では体力的にいけるかも、しかし行っても面白くないと嫌だな、というくらいの認識だった。

そんなことを思いながら、夜が更けていった。この日の月は格別だった。

本日の走行距離 79.4km
最高速度 57.8km/h
平均速度 14.1km/h

Follow me!

カテゴリー:

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。