08_02伊勢エビ

近代詩文を土持泰司さんに師事始めてもう4年くらいになるでしょうか。
「照天」は、僕が先生に頂いた雅号です。

これは1月のお題。

伊勢エビにしろ、人間界で一体自分がどのような存在なのか知らずに一生を送っています。
おお、結構高値じゃん、なんて思ったりして(^_-)

人でも物でも、本人が知らぬ価値を秘めている可能性を持っています。
誰にでも何にでも、その可能性があります。
自分を知る、ということ。
それはその自分の中にある可能性を探し出すことでもあります。

初めはちっちゃいモノかもしれない。
でも、その種に水をやり、小さい芽を大事に大事にしていれば、いつかきっと大きな木に成長するはずです。

あなたも、あなたのちっちゃな種を育ててみませんか?(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 書道

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

2件のコメント

アバター

desafinado · 2008年2月11日 18:52

一芸に秀でた方は、様々な方面に才能を発揮できるのだと再認識しました。
勇気をくれる言葉を頂きありがとうございます!

アバター

八十一 · 2008年2月11日 22:06

>desafinadoさん
過分にお褒めの言葉、ありがとうございます。
まだまだ、なんですけどね(^^ゞ
宮本武蔵の水墨画、好きなんですよねー
手島右卿も。
いつか、描けるようになりたいものです(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。