先日5日、中国からお客様が来られました。
中国書法家協会から、蔡祥麟さんはじめ3名の方々です。
現在東京の方でお仕事をされている秋山あきらさん(上海から綾へ嫁いで来られました)の関係で、宮崎に来られました。

器に書を書きたい、とのことでしたので前もって準備していた皿と湯呑に、鉄絵で書いていただきました。

中国書法家協会1
中国書法家協会2
中国書法家協会3

これがびっくり!弘法筆を選ばず、とはこのことですね〜
書道の半紙に書くとは勝手の違う土の上、しかも絵付けの筆はお世辞にも上等とは言えない筆。

にもかかわらず、さらさら〜とヽ( ゜ 3゜)ノ
すげっ!
僕も多少はたしなみますから、どれだけすごいか、ちょっとは分かります。

中国書法家協会4
中国書法家協会5
記念に、と色紙に自作の詩を書いていただきました〜

中国書法家協会7
器も気に入って頂き、今後コラボレーションに発展するかも?!?!?
そうなったら、楽しみですね〜(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: 書道

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。