先日の日曜日、綾馬事公苑で「第2回綾産歩市」と称したイベントに参加して来ました。
スローフード協会主催の「スローフードまつり」の参加協力で。

「slowfood」とは、「その土地の伝統的な食文化や食材を見直し、バラエティ豊かな地域の色を再発見し、これを愉しみながら、人が豊かに、そして平和に生きていくうえで欠かすことのできない“食の喜び”を取り戻そうという運動」だそうです。

なるほど。もっともなことです。

器の作り手として食文化に関心を持つことはいわば当然ですが、やはり自分の土地の食材に特に関心を持ち、かつそれを生かした料理を楽しむという姿勢は大事でしょう。

その延長に、本来いい土が取れない宮崎で作られる「宮崎の器」のヒントがありそうです。

天気はいわゆる花曇り。
時折雨がぱらつき、ちょっと肌寒いあいにくの天気。
しかし、僕以外の(笑)二組の夫婦の愛妻弁当のご相伴になったり、一緒にテントを構えた加工品グループのおばちゃん達と楽しくおしゃべりしたり、「平和やねぇ」とみんなで笑いながらいい時間を過ごさせていただきました(^_-)

綾産歩市
綾産歩市2


クリックよろしくお願いします(^_-)

Follow me!

カテゴリー: その他

八十一(やそいち)

八十一(やそいち)

当工房の代表。頑固者。変わり者。とよく言われる。アウトドアと音楽をこよなく愛す。あ、嫁さんも。

2件のコメント

アバター

desafinado · 2008年4月15日 20:06

宮崎といえば他県民は牛肉や地鶏やマンゴーのイメージが強いですが、それ以外にも様々な食材に満ちていそうですね〜。
作陶される方として、色々なインスピレーションを持たれたことと存じます。

アバター

八十一 · 2008年4月15日 23:16

>desafinadoさん
食材は豊富ですね〜一年中(笑)
魚の味は、さすがに玄海灘には敵いませんが、野菜はうまいですよ。
中里隆 先生は自家製タクワンには、宮崎県田野町産が一番、と言われてましたね(^_-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。