「藤井貴里彦」タグアーカイブ

藤井貴里彦回顧展

宮崎が生んだ稀有な作家 藤井貴里彦
藍染め「楡の木工房」主催の染色家の顔と
劇作家、文筆家としての顔

2016年1月に急逝された藤井さんの回顧展のお手伝いをしています。
僕も藤井さん作の暖簾と、自作の黄亜椰茶碗を展示させていただいています。
是非お立ち寄りください。

25日(土)には、現在公開中の映画「しゃぼん玉」に出演されている浜崎けい子さんによる藤井作品の語りの夕べもございます。

2017年3月23日ー27日
午後1時〜6時(25日のみ19時半まで)
黄鶴堂2階ギャラリー
宮崎市堀川町50-1
https://goo.gl/maps/ASauwd8W4L52

主催:藤井貴里彦回顧展実行委員会 TEL:090-5491-1177(根々)

追悼 藤井貴里彦

今日午前中、綾わくわくファームにMRTの前田晶子さんの番組の収録に行ってきた。
そこで前田さんから染織作家・劇作家の藤井貴里彦さんが亡くなられたと告げられた。
昨日17日の朝だったそうだ。

藤井さんとは、もう10年以上も前になるか、宮崎工芸協会で知り合った。
もちろん、綾の手紬染織工房で修行された藤井さんのほうが工芸の世界では先輩であり、朴訥とした人柄と作品には初めてお会いした時から惹かれるものがあった。
その後、僕も藤井さんも工芸協会を離れ、頻繁に交流はなかったものの、染織作家とは違う、劇作家という一面を持つ藤井さんのお仕事には、不思議と繋がっていくこととなる。
とは言っても、僕が演劇と直接関係しているわけではく、故岡田心平くんはじめ前田さんなど、なぜか演劇人の友人が多く、自然と藤井さんの噂なり演劇作品と触れる機会は途切れなかった。

時折、藤井さんの話を耳にする度に、今どうされているだろうか、と思い出していた。

今日初めて前田さんから伺ったところでは、心平くんとの出会いが、藤井さんを劇作家に誘ったようだ。
若くして去った二人の才能は、工芸界にも演劇界にとっても、本当に惜しまれる。
藤井さんに最後にお会いしたのは、奇しくも心平くんの遺作となった「29万の雫」を観劇した時だったろうか。

ちなみに、うちのギャラリーには10年来、藤井さんの作品を飾らせていただいている。

そんわけで、その訃報は少なからず僕にはショックだ。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

追伸
藤井さんの作品が、新富町で今週末上演されます。
是非足を運んでみてください。

劇団ゼロQ第12回公演 「風琴の駅」

IMG_6393