「綾工芸まつり」タグアーカイブ

第36回綾工芸まつり無事終了いたしました。

先日開催された「第36回綾工芸まつり」お陰様をもちまして、無事終了いたしました。

今年もたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

初日から大勢のお客様で賑わいました。

新作の「黄亜椰銀杏鉢」。4000円。

こちらも新作の「黒天目兜鉢」4000円。

昨年まで「秀作展」としていた展示を「森林(もり)の恵み展」としてリニューアル。

私は「炭化焼き〆水指」を出品しました。

「森林の恵み展」とは

 「自然との共生を図るための森の文化の担い手」としての綾の工芸。それは既存の伝統産業の成り立ちとはまったく違う形で、「工芸村」の発生で始まりました。

以来、約40年。その間、綾町では工芸関係に予算が組まれています。これは工芸が伝統産業として根付いている地域を別とすれば、全国的にも珍しい取り組みです。この背景には、「工芸は森の文化の担い手である」という想いが、工芸家だけでなく綾町民の間に育っているからといえるでしょう。

40年前、「森を守ったことを文化レベルにする」と綾町は未来を見据えました。そのひとつが有機農業の推進であり、またひとつが工芸の誘致育成でした。

”文化レベル”とは、「町民の暮らしに深く根付かせ、当たり前にする」ということ。森につながる工芸が日常にあれば、普段から森を意識し、自然保護につながると考えたのです。この精神は今も受け継がれ、森を守ったことだけでなく、町民の意識、それを支える地道で総合的な取り組みが、対外的に高い評価を得て、2012年のユネスコエコパーク認定にも繋がりました。

綾の工芸は有機農業などとがっぷり組み合わさってこそ、世界へアピールできると私たちは考えています。有機農業が手間のかかる農業であるように、手作りの工芸品も手間暇がかかります。
それは、大量生産大量消費とは次元の違う志、”ていねいにほんものをつくる”という綾町のスピリットを具現化したものにほかなりません。

この「森の恵み展」は、そのような思いの込もった工芸家たちの作品の一部です。

工芸まつりに関わる工芸家すべてが、これからも「森の文化の担い手」を自覚し、森への、綾への感謝と思いを持って、日々作家活動に精進してまいります。

「炭化焼き〆水差」

 唐津に修行に行くと覚悟を決めたときから、宮崎に帰って陶芸をするからには、宮崎の材料、特に土を使ってみたいと考えていました。19年前に現在地にて独立した際、幸いにも敷地の裏山から赤土が出土しました。さっそく試験をしてみると、ある程度想定内でしたが器にするには少々耐火度が低いものでした。しかし、釉薬に使えるのではないか、と試して完成したのがオリジナルの釉薬「青亜椰(あおあや)釉」と「黄亜椰(きあや)釉」です。どちらも、独特の風合いを持つ、“宮崎の焼き物”であると自負しています。

今回、この「森林の恵み展」に出展するのは、その赤土を7割ほど使った「炭化焼き〆」の水差しです。これは竹炭と籾殻の中に埋め込んで、1200度ほどで長時間焼き締めています。

綾町に来て感じたのは、やはりなんと言っても「照葉樹林の奥深さ」です。綾の森は日本最大級の照葉樹林ですが地図でみるとほんの僅かな面積にすぎません。実のところ、その最新部に行くことはそんなに困難なものではありません。奥深いと感じるのは、学生の頃に日本アルプスをはじめ各地の山を登り、またはサイクリングで旅をし、ある時にはカヌーで四万十川を下った経験から、日本からほとんど失くなってしまった「怖くなるくらいの」野性味のことです。

そんな森への畏怖とともに、豊かな水(これがまた美味い!)の恩恵を受けながら作陶を続けられる機会を得られたことに、感謝を感じない日はありません。

本来、伝統のない綾の地で工芸を誘致し、持続してきた先達方の志を受け継ぎ、また次代に引き継いでいく。これはこの地で工芸で生計を立てるものの責任だと、個人的には考えています。

なぜ綾で焼き物をする必要があるのか。なんのために綾で、焼き物をしているのか。

独立するときから今に至るまで、この問いに向き合う日々が続いています。

八十一拝

また来年の11月勤労感謝の日前後に、綾でお会いしましょう(^_-)

第36回綾工芸まつり〜てるはの里の匠たち〜

平成29年11月23日(祝)〜26日(日)

会場:綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町北俣445-2)

9時〜17時(最終日は16時まで)
お問い合わせ:綾町工芸コミュニティ協議会事務局(役場産業観光課内)TEL:090-3732-1569

 入場無料

今年も工芸まつりの季節になってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年もイベント盛りだくさんとなっております。

陶房八十一では、着物着用者特典として

3,000円以上のお買い上げで1000円相当の「白さつま箸置」プレゼント(数に限りがあります)

になっております!
この機会に是非お着物をお召しになって会場へ足をお運びください。

チャリティオークション
各工房がオススメする一品を持ち寄ってオークションを開催!最終日26日14時より。
※売り上げの一部は被災地への募金とさせていただきます。

ミニオークション
最終日を除く毎日14時より開催。

ガラポン抽選会
商品5,00円お買い上げごとに豪華商品が当たる抽選券を進呈!

特賞はなんと30,000円相当の工芸品!私が欲しい!(笑)
1等は5,000円相当の工芸品
2等は2,000円相当の工芸品
3等は期間中使える500円商品券
となっております。

なお、今年は町内の協賛していただいている飲食店においても期間中ガラポン抽選券の発行と、500円商品券の使用が可能となっております。

協賛店:サーレ・エ・ぺぺ、そば処まる、食工房すみじ庵、オーガニックごうだ、美菜食膳古嶋、cafe山猫、おの屋、やわらや、の各店舗様となっております。

着物着用者特典
今年も着物を着て会場にお越しいただきお買い物をされた方について、特典が用意されています(工房によって異なります)。
例えば、「手しごと屋一福」さんでは

お着物をお召しのお客様は1000円以上のお買い上げで3割引です。
男性で着物をお召しの場合も3割引です
(6割引にはなりません( ̄∇ ̄))
よろしくおねがいします。

だそうです。太っ腹!

木のおもちゃ展
毎回好評をいただいている、この展示。子供達が遊べる木の遊具コーナーです。

手作りワークショップコーナー
様々な手作りの体験コーナーを、町内はじめ様々な方々のご協力を得てご用意いたします。詳しい内容、日程はチラシをご参考ください。

その他にも、ふるさと納税ブース、森林(もり)の恵み展、照葉樹林写真展、お茶席(有料)、会場外では「ふれあい綾もりの市」同時開催、綾町の加工品やスイーツ、手作り雑貨など様々なショップが立ち並びます。

出店工房

<木工・碁盤・竹細工>
熊須碁盤店
高原銘木工芸
児玉工芸
熊須工房
熊須銘木工芸
綾工芸
平成銘木工芸
アトリエMIYATA
ウッド・プロ綾杢
綾町竹細工教室
木作屋
ウッドクラフトコダマ
木工房 波木道
素人工房あさべ
アオカグ
山の木工所あだち
手作り工房かなえ
木工工房いしころ

<染物・織物>
綾の手紬染織工房
玄太染織工房
工房アートフラワーきくち
手しごと屋 一福
おうちカカ
宙藍工房

<食品>
あゆの山水
須田商店
大山食品
パン工房 綾

<陶器・ガラス>
グラスアート黒木
元町陶苑
大原陶苑
野々陶苑
陶房八十一
綾城焼
銀色少年とアカイふらすこ
八衛門窯

<里帰り工房>
木工⚫︎匠塾グローバルヴィレッジえびの(えびの市)
家具工房 橙(福岡県)
木屋工房(宮崎市)
陶器⚫︎照葉窯(都城市)

<東諸県郡内工房>
一ツ葉焼窯元
デザイン工房二輪車
黒木クラフト工房

 

ふるさと納税ブースのご紹介

期間中、会場内にふるさと納税ブースが設置されます。
工芸まつり特典として、納税したいただいた額の半額分の手作り工芸品交換券を発券させていただきます。この機会に、ぜひ積極的にご利用ください。

今年も無事に終えました。〜工芸まつり御礼

今年も工芸まつりが無事に終了し、だいぶ経ってしまいました。
ようやく、写真をアップいたします(^^ゞ

秀作展

まずは会場入り口すぐ側、秀作展のコーナー。
こちらは綾町がエコパークに指定されてから新設されました。「エコパーク綾で工芸を生業とすること」がテーマです。

会場は「てるはドーム」。
ご存知の方はご存知でしょうが(笑)、田舎にあってとてつもなく、デカイです。

アオカグ

こちらは今年のうちのお隣のブース、「アオカグ」さん。主宰は、森重光平くん。

高原木工

こちらは高原木工さん。カメラを向けても恥ずかしがってなかなか笑ってくれませんでしたけど(笑)

今年はこのように各工房前に立て看板が並びました。
ポスターも製作してくれた佐土原高校の生徒さんのデザインです。

こちらが今年のうちのブース。

地元の赤土を使った焼締

新作の黒天目浅鉢
新作のマグカップ
ジャズカップ、酒器、アロマポット、青亜椰作品群
茶器その他
白さつま
青亜椰つる首
黄亜椰ドラ鉢と焼締花入、青亜椰花入
地元赤土を使ったオリジナルの釉薬、貴亜椰釉
わら白各種

 

今年は日程も悪く(恒例の勤労感謝の日が外れた)、また天気も良くなかったので心配されたのですが、蓋を開けてみれば多くのお客様に足下の悪い中、お越しいただきました。
本当にありがとうございました。
皆様の愛に感謝しつつ、末長くこの工芸まつりを続けていかなければ、と誓いを新たにいたしました。

八十一拝

工芸まつり直前の窯焚き、無事終了!

img_6930 img_6929今月25日(金)から始まる「綾工芸まつり」に向けて、最後の窯焚きを終えました。 これは釉薬掛けの様子。

img_6933

窯詰め。

img_6934 img_6937

夜半から火を入れ、早朝5時の様子。
この日はスーパームーン。
夜のうちは雨が降り、しかも霧も出ていたのであいにく月は見えなかったのですが、それでも明るい!
早朝には晴れ上がり、しっかりスーパームーンを西の空に見ることができました。

img_6942 img_6944img_694715時過ぎには無事終えました。
といっても、窯は開けるまでわからないのですが(^^ゞ
窯出しは週末の予定。白さつまはじっくり冷まさないといけないので、時間がかかるのです。

おまけに、うちのマドンナ、たそがれるコロちゃん(11歳)(笑)

工芸まつり前ラストスパート中!

今月25日から始まる「第35回綾工芸まつり」に向けての最後の窯焚きに入りました。
と言っても、まだ素焼きですから焼き上がりまではまだまだ先になりますが。

他の工房も一所懸命に仕事をされている頃でしょう。

さて、今度の日曜日には「綾競馬」が馬事公苑であります。
その前に、商工会での照葉ドーム周りの草刈りのボランティアに、明日早朝に参加してきます。
皆さんがお越しになる前に、すっきりしておきたいと思います(^_-)

どうぞ皆様のお越しを心よりお待ちしております。

img_6913

昨年の様子です。

香炉
香炉

34th_kougeimaturi_15_11_20~2334 34th_kougeimaturi_15_11_20~2333 34th_kougeimaturi_15_11_20~2332 34th_kougeimaturi_15_11_20~2331 34th_kougeimaturi_15_11_20~2330 34th_kougeimaturi_15_11_20~2329 34th_kougeimaturi_15_11_20~2328 34th_kougeimaturi_15_11_20~2327

新作珈琲碗
新作珈琲碗
新作ぐい呑
新作ぐい呑
綾紬の藍染の着物をお召しの、秋山夫人。
綾紬の藍染の着物をお召しの、秋山夫人。

34th_kougeimaturi_15_11_20~2323 34th_kougeimaturi_15_11_20~2322 34th_kougeimaturi_15_11_20~2320 34th_kougeimaturi_15_11_20~2319

新作の黄亜椰の湯呑
新作の黄亜椰の湯呑
こちらも新作の銘々皿。
こちらも新作の銘々皿。
わら白の新作向付です。
わら白の新作向付です。
今年は会期中の窯出しも
今年は会期中の窯出しも

34th_kougeimaturi_15_11_20~2314 34th_kougeimaturi_15_11_20~2313 34th_kougeimaturi_15_11_20~2312

その場で加工してくれます。
その場で加工してくれます。

34th_kougeimaturi_15_11_20~2310 34th_kougeimaturi_15_11_20~2309 34th_kougeimaturi_15_11_20~2308

てるはドームです。
てるはドームです。
撮影もされました。
撮影もされました。
白さつま
白さつま
朝からお客様が
朝からお客様が
茶器、花器
茶器、花器
黒天目、黄亜椰
黒天目、黄亜椰

kogeimaturi14_11_2308 kogeimaturi14_11_2307 kogeimaturi14_11_2303 kogeimaturi14_11_2214 kogeimaturi14_11_2211 kogeimaturi14_11_2210 kogeimaturi14_11_2207 IMG_4860

炭化焼き〆壺
炭化焼き〆壺

IMG_4879 IMG_4952