「綾工芸まつり」タグアーカイブ

今年も無事に終えました。〜工芸まつり御礼

今年も工芸まつりが無事に終了し、だいぶ経ってしまいました。
ようやく、写真をアップいたします(^^ゞ

秀作展

まずは会場入り口すぐ側、秀作展のコーナー。
こちらは綾町がエコパークに指定されてから新設されました。「エコパーク綾で工芸を生業とすること」がテーマです。

会場は「てるはドーム」。
ご存知の方はご存知でしょうが(笑)、田舎にあってとてつもなく、デカイです。

アオカグ

こちらは今年のうちのお隣のブース、「アオカグ」さん。主宰は、森重光平くん。

高原木工

こちらは高原木工さん。カメラを向けても恥ずかしがってなかなか笑ってくれませんでしたけど(笑)

今年はこのように各工房前に立て看板が並びました。
ポスターも製作してくれた佐土原高校の生徒さんのデザインです。

こちらが今年のうちのブース。

地元の赤土を使った焼締

新作の黒天目浅鉢
新作のマグカップ
ジャズカップ、酒器、アロマポット、青亜椰作品群
茶器その他
白さつま
青亜椰つる首
黄亜椰ドラ鉢と焼締花入、青亜椰花入
地元赤土を使ったオリジナルの釉薬、貴亜椰釉
わら白各種

 

今年は日程も悪く(恒例の勤労感謝の日が外れた)、また天気も良くなかったので心配されたのですが、蓋を開けてみれば多くのお客様に足下の悪い中、お越しいただきました。
本当にありがとうございました。
皆様の愛に感謝しつつ、末長くこの工芸まつりを続けていかなければ、と誓いを新たにいたしました。

八十一拝

工芸まつり直前の窯焚き、無事終了!

img_6930 img_6929今月25日(金)から始まる「綾工芸まつり」に向けて、最後の窯焚きを終えました。 これは釉薬掛けの様子。

img_6933

窯詰め。

img_6934 img_6937

夜半から火を入れ、早朝5時の様子。
この日はスーパームーン。
夜のうちは雨が降り、しかも霧も出ていたのであいにく月は見えなかったのですが、それでも明るい!
早朝には晴れ上がり、しっかりスーパームーンを西の空に見ることができました。

img_6942 img_6944img_694715時過ぎには無事終えました。
といっても、窯は開けるまでわからないのですが(^^ゞ
窯出しは週末の予定。白さつまはじっくり冷まさないといけないので、時間がかかるのです。

おまけに、うちのマドンナ、たそがれるコロちゃん(11歳)(笑)

工芸まつり前ラストスパート中!

今月25日から始まる「第35回綾工芸まつり」に向けての最後の窯焚きに入りました。
と言っても、まだ素焼きですから焼き上がりまではまだまだ先になりますが。

他の工房も一所懸命に仕事をされている頃でしょう。

さて、今度の日曜日には「綾競馬」が馬事公苑であります。
その前に、商工会での照葉ドーム周りの草刈りのボランティアに、明日早朝に参加してきます。
皆さんがお越しになる前に、すっきりしておきたいと思います(^_-)

どうぞ皆様のお越しを心よりお待ちしております。

img_6913

昨年の様子です。

香炉
香炉

34th_kougeimaturi_15_11_20~2334 34th_kougeimaturi_15_11_20~2333 34th_kougeimaturi_15_11_20~2332 34th_kougeimaturi_15_11_20~2331 34th_kougeimaturi_15_11_20~2330 34th_kougeimaturi_15_11_20~2329 34th_kougeimaturi_15_11_20~2328 34th_kougeimaturi_15_11_20~2327

新作珈琲碗
新作珈琲碗
新作ぐい呑
新作ぐい呑
綾紬の藍染の着物をお召しの、秋山夫人。
綾紬の藍染の着物をお召しの、秋山夫人。

34th_kougeimaturi_15_11_20~2323 34th_kougeimaturi_15_11_20~2322 34th_kougeimaturi_15_11_20~2320 34th_kougeimaturi_15_11_20~2319

新作の黄亜椰の湯呑
新作の黄亜椰の湯呑
こちらも新作の銘々皿。
こちらも新作の銘々皿。
わら白の新作向付です。
わら白の新作向付です。
今年は会期中の窯出しも
今年は会期中の窯出しも

34th_kougeimaturi_15_11_20~2314 34th_kougeimaturi_15_11_20~2313 34th_kougeimaturi_15_11_20~2312

その場で加工してくれます。
その場で加工してくれます。

34th_kougeimaturi_15_11_20~2310 34th_kougeimaturi_15_11_20~2309 34th_kougeimaturi_15_11_20~2308

てるはドームです。
てるはドームです。
撮影もされました。
撮影もされました。
白さつま
白さつま
朝からお客様が
朝からお客様が
茶器、花器
茶器、花器
黒天目、黄亜椰
黒天目、黄亜椰

kogeimaturi14_11_2308 kogeimaturi14_11_2307 kogeimaturi14_11_2303 kogeimaturi14_11_2214 kogeimaturi14_11_2211 kogeimaturi14_11_2210 kogeimaturi14_11_2207 IMG_4860

炭化焼き〆壺
炭化焼き〆壺

IMG_4879 IMG_4952

第35回綾工芸まつり

第35回綾工芸まつり

平成28年11月25日(金)〜27日(日)
(今年は勤労感謝の日ではありませんので、ご注意ください)


9時〜17時(最終日は16時まで)

 

入場無料

会場:綾てるはドーム 宮崎県東諸県郡綾町北俣445-2(地図はこちらから
お問い合わせ先:綾町役場産業観光課 090-3732-1569

主催:綾町工芸コミュニティ協議会

今年も工芸まつりの季節になってまいりました。
今年の参加工房は42。木工、陶芸、線職織物、ガラス、食品の、綾町内で活動する工房が一堂に介しての展示即売会です。

35poster

34th_kougeimaturi_15_11_20~2337 34th_kougeimaturi_15_11_20~2331

炭化焼き〆壺
炭化焼き〆壺
黒天目、黄亜椰
黒天目、黄亜椰

また、会期中には様々なイベントも開催されます。
①「お楽しみガラポン抽選会」毎日開催
商品5,000円お買い上げ毎に豪華賞品が当たる抽選券を進呈!
特賞:30,000円相当の工芸品
1等:5,000円相当の工芸品
2等:2,000円相当の工芸品
3等:会期中に会場内で使える500円分の商品券

オークション大会 27日(日)14時より
今年は熊本復興支援チャリティーオークションとなっております。
各工房がお勧めの一品を持ち寄り、オークションを行います。価格を決めるのはお客様。ぜひご参加ください。
通常のオークション大会に加えて今年は新たに「ミニオークション」も開催されます!!
ミニオークション:25、26日の14時から。会場は各工房前にて

③ユネスコエコパーク登録記念イベント「秀作展」
あわせて「パン工房綾」の小川渉さんの、綾の森の写真を展示いたします。
④「ウッドスタート」展
綾町では「木育」の取り組みとして、町内の新生児に木工房で製作された木の椅子を贈呈しており、その作品を展示します。
着物着用者特典
期間中、着物を着用し工芸品を購入された方へ記念品を進呈します。
⑥佐土原高校産業デザイン科のポスターを展示
工芸まつりポスターに公募された作品を展示します。
⑦ワークショップ
竹細工やアクセサリー等、ワークショップを開催します。※数量限定のワークショップがあります。(有料)
⑧「木のおもちゃ」展
お子様たちが遊べる遊具を設置します。
⑨乗車できるミニSL電車「サくじら号」
佐土原高校4学科の技術を集結して製作したアトラクションです。電車好きのちびっこ集まれ!※維持協力費ご協力ください(有料)26日27日
⑨喫茶コーナー、お茶席、似顔絵コーナー

「ふるさと納税ブース」
会期中、会場にてふるさと納税のお手続きをされますと、工芸まつり期間中に使える金券を贈呈いたします。

会場外では、「ふれあい綾もりの市」を同時開催、綾町の加工品やスイーツ、アート作品、手作り雑貨など様々なショップが立ち並びます。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

出店工房

<木工・碁盤・竹細工>
熊須碁盤店
高原銘木工芸
児玉工芸
熊須工房
熊須銘木工芸
綾工芸
平成銘木工芸
アトリエMIYATA
ウッド・プロ綾杢
綾町竹細工教室
木作屋
ウッドクラフトコダマ
木工房 波木道
素人工房あさべ
アオカグ
山の木工所あだち
手作り工房かなえ
木工工房いしころ

<染物・織物>
綾の手紬染織工房
玄太染織工房
工房アートフラワーきくち
手しごと屋 一福
おうちカカ
宙藍工房

<食品>
あゆの山水
須田商店
大山食品
紅葉堂
パン工房 綾

<陶器・ガラス>
グラスアート黒木
元町陶苑
大原陶苑
野々陶苑
陶房八十一
綾城焼
銀色少年とアカイふらすこ
八衛門窯
杉作人形

<里帰り工房>
木工⚫︎グローバルヴィレッジ綾(えびの市)
家具工房 橙(福岡県)
木屋工房(宮崎市)
陶器⚫︎照葉窯(都城市)

35thflyer

第34回綾工芸まつり〜お礼

今年も無事に工芸まつりを終えることができました。
心配された天気も大崩れすることなく、昨年と同等かそれ以上のたくさんの方に会場に足を運んでいただき、本当に感謝の限りです。
ありがとうございました。

さて、既に来年に向けて動き出しています。
先日の会場清掃後の反省会では、建設的な意見が活発に交わされました。
来年も皆様のご期待に沿えるよう、また40回、50回と続けていけるよう、精進したいと思います。

八十一拝