タグ: 石鎚山

チビート・トラバース2019 in 石鎚山 5日目(石鎚山登山〜面河渓ルート)

いよいよメインイベント、石鎚登山。日中の気温を考慮し、朝5時過ぎに出立。
ヘッドランプを灯して歩き出す。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1992798.html

明るくなってくると、大量のアブの攻撃を受ける。これはたまらない。なにせ、立ち止まることすらできない。休憩しようにもできない。

アブから逃げるように、遊歩道から登山口へと入る。そのまま一気に高度を上げていく。

キノコが多く見られた。
ウスタケ。毒。

面河山の尾根までは急登が続く。途中、道をふさいだ格好で日向ぼっこをしていたマムシと遭遇。向こうも驚いたらしく、素直に道端のくぼみに移動し、とぐろを巻いている。
威嚇してるようではないので、遠巻きにやり過ごす。

登山口から約1時間半、ようやく尾根筋に出た。7時半。樹間から石鎚山が見える。
ここからは勾配も緩くなってくるが、ところどころ、崩落箇所があり、緊張する。鎖、ロープ場も思っていた以上に多い。

やっと石鎚山の勇姿が現れた。
きれいなガクアジサイ。群落がたくさん見受けられた。
イワオトギリソウ。
タマガワホトトギス。
ヒメシャラの大木。
シモツケソウ。

オレンジの部分は触ってみるとスポンジ状。
山頂付近は時折ガスっていた。
石鎚がだんだんと近づいてくる。
イヨフウロ。
ここをトラバースしていく。歩きやすそうだ、と思いきや、意外と足場は良くない。

様々な花も楽しめるが、九州ではあまり見ないキノコも豊富。

三の鎖場。想像以上に「崖」。
天狗岳から土小屋を望む。
弥山直下から面河山、二の森方面を望む。

途中、巨大な動く物体に驚く。よく見てみると、大人の拳二つ分はありそうなヒキガエル。
標高が上がるにつれ、吸血アブではなく花アブが増えてきたが、おそらくそれらをエサに太っているのだろう。

先程のマムシと、どちらがどちらを飲み込むのだろう?と思ってしまうほどに巨大。

10時に三の鎖場に到着。おおっ、と少々ひるんでしまうほどの崖。噂に違わない「鎖場」だ。
天候の悪い時などは、素手ではかなり危険だろう。今朝、サイクリング用のグローブを忘れてきたことを少々悔やむ。鎖の太さにも驚く。現在は鉄製の足場がつけられており、鎖場を登る人は少ない。が、せっかくなので登る。

10時15分山頂着。

無事山頂に着く。

予定では、天狗岳にも足を伸ばすつもりだったのだが、なぜか興が乗らず、中止。
それにしても、それなりの広さがある山頂から下は絶壁で、とても下を覗く勇気も出ない。
四国石鎚の急峻さは、同じ四国の剣山の女性的な山容とは対照的だ。

暫し休んだ後、下りに入る。台風が近づいているためか、下から次から次と雲が湧き上がってくる。いつ天候が急変してもおかしくない。

下りはきた道を引き返すだけ。と思いきや、思いのほか疲労が蓄積し、時間が掛かってしまった。
しかし、登りの時は気づかなかった、素晴らしい景色を堪能する。

面河渓のレストハウスで、ビール飲もう!とそれを楽しみに必死で下りたのだが、「すいませ〜ん!今切らしてます」との一言で疲れが倍増してしまった。それはないだろう?

15時にはキャンプ場に帰着。日曜日の午後のキャンプ場は、昨日まで居た他のバイク、登山キャンパーの姿もなく、せせらぎの音だけがしていた。
足は既に筋肉痛で、動かない。いやあ、こんなに鈍っていたのか?とショック。
何もする気が起こらない。しかし、明日からの石鎚スカイライン〜瓶ヶ森林道走破に備えて、食べておかないと。
台風も心配だ。持参したラジオは、なぜか鳴らないため情報が乏しい。
タイヤも良く見てみると、パンクした前輪が限界にきている。旅立ち前、まだ大丈夫だろう、という見込みが甘かった。サドルも懸案事項だ。
なんてこった。自分の詰めの甘さが身に染みる。こういう時こそ、気を引き締めてかからないと、思わぬ事故を引き起こしてしまう。バテている場合ではない。食事の準備をしなくては。

本日の歩行距離 約16km

これは一体なんなのか?プニュプニュしていて、水?が出ていた。


チビート・トラバース2019 in 石鎚山 4日目(御三戸〜面河渓)

この日はメインイベントの登山に備えて、ほぼ休養日。
朝ものんびりし、8時に出立。緩やかな登りを走る。

市川崑監督の横溝正史映画に出てきそうな古い庄屋。既に廃屋。「電話」が時代を感じさせる。
唐突に、巨大な鳥居が道上に現れる。霊場石鎚に来たな!とテンションが上がる。

おもごふるさとの駅」で休憩。初めてロードに乗ったサイクリストに出会う。みなさん、暑さを避けてるのね、きっと。

道をさらに進み、途中にある「面河山岳博物館」に立ち寄る。
この日は週末とあって多くの家族連れで賑っていた。特別展「ときめく石きらめく虫~久万高原のお宝鉱物と世界の輝く昆虫~」を観覧。

様々な美しい光沢を持った昆虫が展示してあったのだが、特にこの辺りの産というわけでもなく、「お宝鉱物」である「魚眼石」が産出したところから関連付けての展示、らしい。
珍しい昆虫もさることながら、石鎚山の成り立ち、沸石をはじめとする鉱山として歴史の展示はなかなか興味深いもの。面白かった。

更に面河川をさかのぼり、面河渓へと至る。噂に違わぬ清流だ。

亀腹岩。手前の人物と比較するとその巨大さがわかる。

かつて3カ所あったキャンプ場は、現在は鉄砲石川キャンプ場のみが利用可能。無料。

ところで、キャンプ場には車は入ることはできず、鎖を乗り越えて自転車は行ける。しかし、自転車を抱えた途端、何やらチャリン、という音が。
ん?ボルトが落ちてる?なんなのこれ?俺の?
しばし呆然とするが、もしやと思いサドルを覗くと、やはり。愛用中のセラアナトミカのボルトだ。革の張り具合を調節するのだが、どうやら皮が伸びきってしまったらしい。決して安いものではないので、もうっちょ粘って欲しかったのだが。

お昼前に到着。洗濯などを済ませ、のぼーっと、過ごす。

テン場のすぐ下の鉄砲石川はキャニオニングで遊ぶ人が多い。松山から来た、という若いご夫婦に声を掛けられ、しばし歓談。松山から車で1時間ほど、だとか。へぇー!近いんですね〜、と驚くと笑われた(^^ゞ
明日は石鎚を登り、そのあと今治からしまなみ海道を目指す、と伝えると、今治ならば今治城、ぜひ焼豚玉子飯を、と教えていただいた。(残念ながら、焼豚玉子飯を喰らうこと叶わず、しまなみ海道も行けずじまい)

サドルの応急処置をする。サドルがなくては、生きて宮崎まで帰れない。
たるんでしまったものはしょうがないので、とにかくボルトが外れるギリギリで乗ることにする。
また、先端部分がちぎれそうになっていたところを、パンク修理用のパッチを当てる。
コニシ強力補修テープならば安心だ。

タルタルになってしまった、セラアナトミカの革。ボルトが効かない。
鉄砲石川キャンプ場は、大量のアブを除けばお薦め。
サドルの先端部分も瀕死の状態だ。
パンク修理用のパッチで応急処置。

それにしても眠い。明日の登山に備えて、19時には熟睡モードに入ってしまった。

本日の走行距離 26.3km

チビート・トラバース2019 in 石鎚山 3日目(八幡浜〜夜昼峠〜大洲〜真弓峠〜久万高原町〜御三戸)

さ、寒い!
夜中の2時に、シュラフを引っ張り出しました。
夜風が心地よく、いい塩梅だったのですが、風向きも変わらず、風力(2mくらい)も変わらず、つまりはずーっと扇風機をつけっぱなし状態。
たまらずシュラフに潜り込みました。

4時には起き出し、マルタイラーメン+餅1個の朝食。

塩分とカロリーをいっぺんに摂れるので、ここ数年ツアーの朝の定番です。

八幡浜の目覚め。

6時半出立。まずはR197に乗って大洲市を目指します。
まずは朝から今回の目的の一つ、夜昼峠。
予讃線千丈駅を過ぎたあたりで、交番で道を尋ね、峠を目指します。

「郷」地区の交番。勤務前に、丁寧に道を教えていただきました。
交番が小さく見える。
八幡浜港も小さくなってしまった。
道を尋ねた交番が更に小さく。

急峻な山肌に集落が続き、その中を縫うように道は続きます。
ここで、1回目のパンク。次第に気温が高くなってきたところで、汗をカキカキ、チューブ交換。この後のトラブルの前兆とはこの時はまだ知りません・・・

大洲平野とは大げさな。盆地では?と思ったが、平野らしき平野がない四国ならでは、か。
千賀居トンネル。

集落を抜けると、次第に道も荒れてきますが、生活道路として現役なのか比較的走りやすい道でした。

峠の手前には千賀居トンネルがあります。何と明治時代に手積みで作られた煉瓦製のトンネル。しかもループ線です。おもしろい〜
旧道好きにはたまりませんな。

峠を過ぎると、大洲まで一気に下ります。
下った先に「平野」という地区が。はて?「大洲平野」とは「おおずひらの」だったのかしら?
それにしても、このあたりには「谷本」という姓が多いらしい。谷本ナントカという屋号をあちこちで目にします。大学の後輩に、大洲出身の谷本がいましたが、ここまで多いとは。

大洲城。

肘川のほとりに出ると、大洲城が。小さくとも天守閣が残っていない宮崎県人には羨ましい限り。
ここで9時半。すでに日差しは殺人的になってきています。
ここからR56を内子まで行くのですが、予想以上にきつかった。ほぼ平らなのに関わらず。調べてみると、この日の大洲の最高気温は36.2度。暑いはずだ。しかし、気温よりも「陽射し」がきつすぎる!
うっかり半袖でしたので、すでに一度皮の剥けた腕が更に真っ赤に。

内子からR379を久万高原町へと向かいます。
小田までは緩やかな川沿いの登りで、通常ならば快適に走れるコースだと思うのですが、この日はすでに暑さで体力の大半が奪われていました。まだ午前中なのに・・・
途中で部活帰りなのか、自転車に乗った女子中学生の三人組が前にいたのですが、全く追いつけない。
こっちは家から布団から生活道具運んでるんだし、既に200km以上走ってきてるんだし、と自分に言い訳をする(笑)

自転車王国、愛媛ならではの道路のライン。

この道には写真のように、路肩の白線に沿って印があります。サイクリングの指標です。さすが愛媛!
こういった気配りが、県内あちこちにありました。
とは思うのですが、「あと10km」の次が「4km」とかなるのはご愛嬌。

小田から次第に勾配も急になってきます。
宮崎で言えば、西米良や椎葉にも似た雰囲気の山間の道。峠単体では例えば飯干峠の方がきついかな、とは思いますが、アプローチから言うと何せ海から一気に登り、その距離の長さではこちらも負けてはいない。
(とはいえ標高はまだまだ600mに届かず。この後1700m近くまで登るのだ)

畑峠(はたのとう)入り口。
お遍路道は厳しいのね。
ようやく真弓トンネル。

トンネル手前で雷が鳴り出し、雨も小振りに。雲の流れから山を越えたトンネルの先は大丈夫だろう、と目星をつけて進む。
峠の先は晴れていた。
豪快に下って、道の駅みかわまで。買い出し情報を聞くと、車で10分くらい行くと町があるよ、と言われても車で10分、の山道を自転車で行く気にもなれず、今日の宿泊予定地、御三戸(みみど)まで進みました。
旧役場の手前に商店あり。2lの水と、パンを調達。確かキャンプ場ありますよね?と尋ねると、名ばかりで何もない、との事。

御三戸。
キャンプ場?

とにかく体は疲れ果てているので、河川敷に在るというキャンプ場へ。確かに何もない(笑)
トイレはあるものの、水道が飲めるのか怪しい。まあ、飲料はペットボトルでなんとかし、炊事は沸騰させるので川の水を使うことに。

しかし、ここの面河川の魚影の濃ゆいこと!鮎もウジャウジャいます。
明日からはこの面河川の上流を目指します。

本日の走行距離 79.6km
平均速度 14.9km/h

チビート・トラバース2019 in 石鎚山 2日目(延岡〜R10佐伯〜臼杵〜八幡浜)

8月1日。快晴。今日も暑くなりそうだ。6時半出立。
まずはR10へ、北を目指す。

延岡の象徴、城山。
野口記念館が解体中。
こちらは今山大師。

市役所そばを通ると、野口記念館が解体中。
子供の時分には、いろんな発表会でお世話になりました。

祝子川。この奥にユネスコエコパークになった大崩山がある。
北川。一時期、カヌーイストの野田知佑さんも住まわれていた。と思う。

更に北上すると、大瀬川、五ヶ瀬川に続き祝子川、北川と延岡が誇る清流へと続きます。

大分に行くのなら、今では北川の町からR326を行くのですが、今回はこの‘旧道’と化したR10を通ることが第一の目的。
絶対ここは気持ちイイ!と思っていたのですが、果たして・・・?

クルマはほとんどいない、R10。
さらば宮崎、コンチは大分。


思った通り、車が少なく、走りやすい。斜度もさほどではないのですが、何せ暑い。
9時県境着。
宗太郎峠ももうすぐ。しかし、ここが本当の峠ではありません。さらに上りは続き、重岡駅の先、旧宇目ドライブイン跡地まで登っていきます。結構長く感じました。

JR日豊本線、重岡駅。

やっと下り。佐伯の手前まで下るとお昼前。切畑という集落の商店で休憩。
そのあと、佐伯のアルペンで、忘れ物の草履とソックスを調達。すでに暑さで疲労がハンパありませんが・・・

気を取り直して、津久見〜臼杵港を目指します。
県道36号線を北上。床木ダムへの上りは大したことはないものの、暑さでやられた体には堪えます。

津久見へとやってきた。

14時は津久見には着いたのですが、ちょっと迷ったので町中の文具店で道を尋ねました。
予定では臼津トンネルを避けて、県道217号線を行くつもりだったですが、店主の助言(トラックが多く、道は狭いので避けたほうが良い)を受けてR217を行くことに。

津久見の第一文具店さん。お世話になりました。

臼津トンネルは・・・あんまり通りたいとこではありませんね(^^ゞ
夏場のトンネルは、たいていひんやりしていて、ちょっとした避暑になるものですが、このトンネルは通行量が多いせいか(つまり外気が入りやすい)、暑い!!!長い!!!!

なんとかくぐり抜けると、臼杵の町です。

臼杵の町へ自転車で来るのは初めて。すぐに立派なお寺が目につきました。ちょっと行った先には、臼杵城が。
おおう。宮崎とは違いますねえ。さすが大友宗麟。

臼杵城。
立派なお寺。
宮崎では見られない、お城。
臼杵港。

この日の宿は特に決めていませんでした。八幡浜に夜中か、或いは朝早くに渡るつもりだったのですが、15時半には着いてしまったので、どんげすっか?と思っていたのですが、ちょうど出港直前だったので、こういう場合は流れに乗るべし、とフェリーに飛び乗りました。
2時間の船中では何にもする気が起こらず、横になっていました。

道の駅八幡浜みなっと。

18時に八幡浜港着。天気が良く、風も心地よく吹いていたので、道の駅にある芝生の上で寝ることにしました。
これだけ風があると虫も寄らないので、テントもいらないな。
日が落ちるまで少々時間があったので、八幡浜の町を散策。商店街をぶらついて、フジグラン北浜で夕食を調達。

毎日ジョギングに来ているという、地元のKさんと閑談。綾にも行ったことあるよ、と。

ちなみにこの道の駅のトイレは素晴らしい。一見の価値あり、です。

八幡浜の夕暮れ。浜風が心地よい。

 

本日の走行距離 90.5km
平均速度 15.9km/h

チビート・トラバース2019 in 石鎚山 1日目(綾〜延岡)

四国の霊峰、石鎚山。西日本一の高峰でもあります。
この山は学生の頃から、一度は登ってみたいと思っていました。
というわけで、今年のチビート・トラバースは石鎚山に決定。
(じつは去年計画していたのですが、ちょうど通り道である大洲市が水害にあったために急遽変更)

令和元年7月31日朝8時。綾の自宅を出立。この日は延岡までなので気楽ですが、日中の気温が心配なので、基本早立ち早着きで行きました。

今回新たに導入したのこちらのフロントバッグ。

ロックブロスのものは専用の“子亀”バックがありますが、以前買ってあんまり出番のなかったバッグを流用。
これでこれまで使っていたリクセンカウルの買い物バッグから大幅に軽量化。
ただ、取り付けにちと難が。色々と試行錯誤の上で最終的には落ち着きましたが、ベルトでハンドルにくくりつけるわけですが、そうするとワイヤー類に干渉して、ブレーキや変速に影響が出てしまいます。そこをどうクリアするか、が鍵となります。それさえクリアできれば、まあ使いやすいと言えます。
また、物を入れると自然と垂れ下がる格好になるので、タイヤとのクリアランスにも注意。

これらに加えて、トップチューブバッグも導入。


最初にロードバイク用にスモールを買っていたのですが、微妙に小さいのでラージも購入。
二つを合わせると、とても具合がイイ!ダンシングしても膝に当たりません。

綾からは西都〜木城〜R10〜延岡のいつものコース。

西都ではもう稲刈りが終わってました。
木城町のスーパーウチヤマダさん。いつもここで休憩。
美々津港。日差しは強いがその分、海の色が鮮明だ。
美々津大橋を下から。
美々津の街並み。
幸脇峠。

今回新たに「幸脇峠(さいわきとうげ)」を開拓してみました。
美々津消防小屋の踏切のすぐ上から峠道に入ります。
このあたりの10号線は、景色はイイのですが、自転車で走るのはとても神経を使う「難路」です。路肩は狭い、汚い、クルマは飛ばす、正直あんまり通りたくないルート。というわけで、距離は短いものの、エスケープルートとしては、木陰も適度にあり登りもさほど厳しくなく、お勧めします。
なんといっても峠の雰囲気がイイ。

旧太平洋ドライブイン。えらく小洒落た場所になっていた。

旧太平洋ドライブインである「ステアーズ・オブ・ザ・シー」に寄ってみました。残念ながら定休日でしたが、うーん、だいぶ以前とイメチェンしたなあ〜

15時には土々呂で墓参りした後、妹宅に厄介になりました。

本日の走行距離 92km
最高速度 59.6km/h
平均速度 16.9km/h