タグ: 石波川キャンプ場

チビートトラバース2018夏7、8日目〜元猿海水浴場〜美々津石波川キャンプ場〜綾

7月19日木曜日。5時前に起床。なかなか寝付けなかったので、ちょっと寝坊してしまった。

朝食の定番は、棒ラーメンに餅を一個。
スープとカロリー、塩分を一度に摂取でき、しかも調理は短時間で済む。
しかも、どちらも日持ちもし、携帯に便利。


持参した1升の米も、だいぶ消費して軽くなった。

朝の6時前。漁の船は4時前から出港していた。
遠くに見えるのは深島か。
元猿海水浴場へはこの看板を目印に。
蒲江町商工会ご苦労様です。

6時過ぎに出立。
R388を延岡を目指す。

丸市尾というところで、県道122号線へ。R388は山へ、122号線は海沿いの道だ。

R388から県道122号線へ。
こんな感じの気持ちいいシーサイドロード。交通量もまだ少ない。

名護屋湾をぐるっと回った先には、この日一つ目の急登が待っていた。
坂を登ると、展望台があった。7時45分。

日豊海岸は有名なリアス式海岸。ということは、海沿いの道は結構急峻なアップダウンの連続だ。
朝から疲れたぜ。
深島が近くなってきた。

上りがあれば下りがある。下った先は、波戸津海岸だった。
ここの松林は見事だ。

ここのキャンプ場は一度泊まってみたい。

東九州道波戸津インター横を抜け、道は山へと入っていく。

総じて走りやすい。
いよいよ宮崎県、延岡旧北浦町に入る。8時40分。

県境の峠までは、なかなかの登りだ。しかし、交通量も少ない割に道も綺麗で、気持ち良い。
峠を下り始めてすぐ、猿の群れと遭遇する。集団で道を横切っていた。
上りの時には出会いたくないものだ。

9時15分、再びR388と合流する。

このような広域観光マップがある。
登っては下りてを繰り返す。景色は良い。
砂浜が綺麗な下阿蘇海水浴場。

9時48分、下阿蘇海水浴場着。道の駅北浦にて休憩。
時間は早いが、すでに疲労が蓄積している。気温もかなり高い。
塩ソフトを試す。美味しいけどなあ、ちょっと高いかな。
舗装路が続くと、クロスブラスターが逆に恨めしくなってくる。スピードが出ない。
時間が早いので、浦城の方を回ろうかとも考えたが、安全策をとる。予定の美々津までは90kmの行程だ。決して遠くはないが、この暑さでは無理はすまい。

R388を進み、最後の急登、浦城トンネルへとかかる。
新しく広い道は、日陰がない。太陽がジリジリ照りつける。まだ10時だぜ。

延岡市街に入り、R10へ。コンビニで補給。

延岡のシンボル、旭化成の煙突と愛宕山を、延岡大橋から望む。

10号線を南下し、土々呂へ。私が育ったところだ。
海浜運動公園で、昼食にする。
ここは小学生の頃、黒潮キッカーズ(チームは今もあるみたい)の一員として、ホームグラウンドして利用し、また土々呂中学校サッカー部で何度も他校との練習試合をした、青春の地。
久しぶりだなあ。

あの頃は子供の数も多く、隣接する市営プールは連日賑わっていた。
今はすっかり朽ち果ててしまっている。

ブリ見山と椿山
土々呂港
海浜運動公園
土々呂の漁港

更にR10を進み、門川町、日向市細島へ。

細島港には、飛鳥IIが停泊していた。
小倉が浜

伊勢ケ浜から小倉浜大橋をわたって、再びR10へ。

美々津では、美々津大橋を車道ではなく歩道/自転車道を行く。少々遠回りだが、橋の上で止まって耳川や美々津港の風景をゆっくりと堪能できるので、お薦め。

日豊線の美々津の踏切では、たまたま豪華旅客列車ななつ星号に出会った。

15時過ぎ、石波川キャンプ場着。
今回は貸切。さっそく、石波川に入る。水がぬるい。

お薦めのキャンプ場の一つ。
やっぱりカタツムリ。

走行距離 88.8km

7月20日金曜日。さて、綾へ帰ろう。

朝方の風は心地よい。
R10に出てすぐ、宮の下交差点を左折。県道302号線を、旧リニアモーターカー実験線跡沿いに南下する。

尾鈴の山々は雲に隠れていた。
川南駅では上りと下りの新旧?にちりんが止まっていた。
早くも稲刈りも始まった田んぼもあった。新富町にて。

今回持参した物で、これまで活躍していないものが一つだけあった。
GOAL ZEROである。
結果的に、持参した二つのモバイルバッテリーで十分足りた。道中、何度この”お荷物”を恨めしく思ったことか。
というわけで、ほとんで使い切ってしまった1000mhのバッテリーを充電しながら走ってみることにした。

しかし、これがうまく行かなかった。
どうやら、走行中にコードが外れてしまったらしい。
バッテリー側の差し込み口に段差があり、深く刺さっていない。これでは振動で外れてしまう。
加えて、台風の接近によってこの日は雲が多く(午後には雨になる)、発電量も小さかったこともある。

ダメじゃん。

結論として、10日以内の旅ならば、ネット接続を多用しなければ(フリーwifi利用のみ)モバイルバッテリーで事足りる。

新富から西都を目指し、県道40号線で10時過ぎ帰綾。
当初の予定とは違ってしまったが、旧交を温める旅はそれはそれで有意義だった。
それにしても、ひむか神話街道恐るべし。

走行距離 64.1km
総移動距離 526.2km

今回の教訓 旧道峠は、秋冬に攻めるべし。

九州山地最深部ツーリング4日目、最終日_井無田高原つるばみキャンプ場〜馬見原〜椎葉〜諸塚〜美々津石波川キャンプ場

深夜2時。草木も眠る丑三つ時。
気温は高くはないものの、湿度が高くじっとりと肌が湿り、寝苦しい夜。

ふと、何かの気配に目が覚める。

ぐるる・・・・

何かが、いる!

慌ててヘッドランプで周りを照らすと、避難所の床下に、光る眼が複数こちらの様子をうかがっている。
アナグマだ。
3頭、いや4頭か。どうやら親子の住処らしい。
この日は屋根の下にテントを張ったため、フライシートを張っていなかった。
ペラペラのメッシュの本体生地のみだ。鋭い歯や爪でやられたら、ひとたまりもないだろう。

こちらも負けじと、吠えたり灯りで威嚇したりと、対抗する。
向こうは床下を這いずり回り、テントのすぐ横まで来て鼻面を出してみたりする。
そんな攻防が2時間ほど過ぎただろうか。
疲れが溜まったこちとら、いい加減眠くて仕方ない。
もうままよ、とこっくり眠ってしまった。
とは言っても既に明け方。程なくして外が明るくなってきた。

眠い眼をこすりながら、朝食の準備に取り掛かる。
時々、きゃつらは這い出てきて様子を伺うが、悪さはする様子はない。
かなり気性が荒い、と聞いているので必要以上には刺激しないように気をつけた。

食事を終え、テントを収容する。いつの間にかアナグマたちはどこかへ行ってしまったようだ。
6時に出立。
この日は椎葉へと戻り、そのまま耳川を下る。
全体的に下りなのだが、その代わり距離がある。120km近くを予定。しかも、暑くなりそうだ。

井無田高原の朝。
つるばみキャンプ場。

高原の朝はなんて気持ちがいいんだ!
R218まで戻り、馬見原まで進む。
R265を五ヶ瀬町鞍岡〜国見トンネル〜椎葉村下椎葉まで進み、R327を耳川に沿って日向灘へ向けて下っていく。

椎葉から耳川を下る。
椎葉村物産センター「平家本陣」

「平家本陣」で休憩。9時半。(と言っても、ここで初めて休憩したわけではなく、ほぼ1時間ごとに5〜10分休みを入れている。特に1日の走り始め30分は意識的にゆっくり、ウォーミンアップ)
気温はかなり高くなってきた。
暑さ対策に、濡らした手ぬぐいを首に巻いている(これはお薦め。首を冷やすことで頭への血液が熱くならずに済む)のだが、既に乾いている。

国道は比較的走りやすい。この道を走るのは自転車は初めて、車でもおそらく20年前近く以来ではないだろうか。
拡幅工事が進んでおり、かつての秘境のイメージも薄れている。
反面、耳川にはダムが多くかかり、流木が溜まっており景観はよろしくない。

というわけで、行けそうなところは旧道を進む。
荒れ具合は進んでいるが、やはり旅情はこちらが上だ。

順調に進み、諸塚村へ。

飯干峠への分かれ。2年前をここを五ヶ瀬へ。

飯干峠への道R503への分岐へたどり着く。10時半。
この道を2年前は上っていたわけだ。
そのとき買い出しした店の前を過ぎる。2005年の台風で壊滅的なダメージを受けた町も、かなり復興が進んでいるようだ。

さらに道を進む。
旧西郷村に入る。現美郷町の役場がある。ここで是非立ち寄っておきたいところがあった。
友人が経営している、日向利久庵だ。
まちなかのAコープで買い出しをした後、石峠レイクランド入り口にあるお店を目指す。

利久庵が見えてきた!

社長の弓削さんがご夫婦でうちに遊びに来てくれたのは、会社を立ち上げる直前。
それから機会があれば一度行ってみたいと思っていたのだが、ようやくそれが叶った。
事前に立ち寄ることを知らせていなかったのだが、運良くご夫妻と会うことができた。
久しぶりの旧交を温める。
美味しいお菓子で疲れを癒す。マンゴーアイス、美味!不思議な食感!
もちろん、ここの売りである栗をふんだんに使ったプリンも美味しい。上品な味わいは、贈り物に最適だ。

ここまで90kmほど走ってきた。まだお昼過ぎだ。
強い向かい風で思ったほどスピードは上がらなかったが、ここまで来れば安心だ。
道の駅「とうごう」で一休みし、中野原から県道51号線へ。

耳川大橋を望む。
美々津大橋。

石波川キャンプ場には15時過ぎ着。

石波川キャンプ場。
今回もお疲れさま。
相棒。

川では、多くの子供連れや若者たちが水遊びをしていた。
汗をかいてきた身では川に浸かりたいのは山々だったが、独りで旅をしてきた後に、賑やかなところに行くのはなんだか気がひける。

自転車で15分ほど走って、R10沿いにあるローソンでビールを調達。
独りで旅の終わりを祝う。

つまんない写真だな。

この日のメニューは、パスタ用のナポリタンソースを使った「ナポリタン丼」。
まあまあ、いける。

ふと愛車をみると、何かが這い上がっている。
セミの幼虫だ。
羽化のための場所を探している。

セミの羽化直前!
一所懸命木を目指す。

この日のキャンプ客は、他に地元のひと家族だけ。
走行距離 114.5km

7月29日、晴れ。
さあ、お家に帰ろう。

爽やかな朝。
海端の日の出。

この日も6時出立。
R10を南下する。
途中、このたび初めてのツーリストとすれ違う。
東都農から海岸線を走る。

気持ち良い。

海だ!

海だ!
九州山地の1484mから、海抜0mへ。

ぼんさん越しから日向灘へ。
新富から佐土原〜国富を抜け、綾へ。

綾へ帰ってきた。

10時過ぎ、帰宅。
走行距離 64.8km

総走行距離 400.3km

今回も充実した旅であった。
しかし、もう少し余裕を持った方が、旅を味わえる。
メインの峠は1日に一つにしよう(笑)