タグ: 服掛松キャンプ場

チビートトラバース2018夏2日目〜旧南郷村神門〜椎葉〜服掛松キャンプ場

7月14日土曜日。昨日はゆっくりとお風呂に浸かって疲れを癒した。近くのエーコープの弁当の夕食だったが、夜は早々に休み、朝4時起床。
さっさと宿を立ち、「森の駅きじの」まで移動。そこで朝食とトイレを済ます。なぜ?自炊だから。

いちもり旅館。もう利用することもあるまい。
森の駅きじの

昨日の疲れはだいぶ取れてはいるが、完全には程遠い。今日も峠をできれば3つ越えたいところだが、災害状況と暑さと疲労度合いによっては柔軟に対応するつもりだった。

R388を北西に進む。途中、鬼神野キャンプ場跡に立ち寄る。なるほど。荒れている。トイレなし。炊事場跡あり。川の側なので水には困らない。野宿は可能だ。自己責任で。
ひむか神話街道に沿って大河内より椎葉を目指す。

中山トンネルまでの登り。

現在では中山トンネルが開通し、かなりの時間短縮になっているが、旧道である中山峠を目指す。しかし、朝も早よから10%越えの坂であるよ。

中山トンネル

トンネル手前左から旧道へと入る。
入るといきなり、荒れている。と、入口に車を止めている登山?猟?準備をしているカップルに尋ねてみた。
聞くと、沢登りに来られた、とのこと。道は行ってみなくてはわからない。

こんな感じで、10数mおきに土砂倒木が道を遮っていた。

中山トンネルもそんなに古くないはずなので、旧道もそこまで荒れてないだろう、という希望的観測はまったく外れ、ほとんど使われていないのだろう。国見峠より状態は悪い

峠の手前1kmほどで、完全に土砂で埋まっていた。
担いで越えられないことはなかったが、こちら側でこれだと、椎葉側はもっとひどい可能性が高い。本当に進めなくなったら、引き返さなければならない。そのリスクを考え、ここで撤退することにした。
本来ならば、中山峠から尾崎峠へと抜けたかったのだが、この様子では復旧は望めそうにない。
日常的に使われない道には、行政も手間をかけない。

こうやって、旅情を湛えた旧道は忘れらていく。

完全にふさがれている。
ここまで登ってきたのに・・・

こんな時はクロスブラスターの恩恵をしみじみ感じる。大荷物のダートにも安心だ。しかし、道路には野バラが魔の手をそこかしこに伸ばしており、手足に無数のトゲを刺す羽目に。

トンネルまで戻り、椎葉を目指す。中山トンネルは片側一車線で広くはないが、交通量が少ないため、不安はなかった。
トンネルを抜けて更に登る。途中、水場がある。美味い!

ありがたやありがたや
弓木の天地神水、というらしい。

耳川まで一気に下る。
途中の集落に、鐘があった。

なんのための鐘だろう?通信用だろうか?

なんだか毎年のように椎葉に来ているが、椎葉に来たらあそこに寄らねばなるまい。
10時には「椎葉山の語り部」さんへ。
亡くなられたご主人の中瀬さんとも、「みちくさ」の異業種交流会つながりであった。

お母さんのお蕎麦をいただくのが楽しみ。

11時。そろそろ日差しも厳しくなってきた。先を急ごう。
R265を旧蘇陽町馬美原を目指す。
できれば国見峠を行きたかったのだが、事前に役場に問い合わせたところ「完全に通行不可」とのこと。残念。
素直にトンネルにする。しかし、このトンネル、嫌なんだよなあ。狭いし。長いし。しかもこちらからだと登りだし。

トンネルまでの道は、初めは木陰もあり良かったのだが(きついけど)、トンネルが近づくにつれ、幅広の新しい道路となってくる。
つまりは、日影が、ない。たまらん。しかも傾斜も更にきつくなる。
トンネルにたどり着いたのは既に12時45分だった。

国見トンネル

いつもならいや〜なトンネルだが、この日ばかりはその涼しさがありがたい!生き返る!
なが〜いトンネルが終わる頃には、もう終わっちゃうの?と後ろ髪を引かれる思いさえした。

国見峠の入り口には「完全通行止め」の看板が
いよいよ熊本県に入る。

五ヶ瀬町鞍岡の街を抜け、熊本県に入った。この道も、もう何度も通ったのだが、県境を越える時は、いつもなぜかわくわくする。
14時ごろ、馬美原の街へ到着。
陽はまだ高いが、疲労も溜まっており、何しろこの暑さ。ビールを仕入れて、キャンプ場へと向かう。

服掛松キャンプ場は一昨年に続き2度目なので、ここからそんなに遠くないはず、と思っていたのだが足が重くなかなかたどり着かない。

服掛松キャンプ場

ここはお薦め。安い。綺麗。広い。モンベル割引あり。
ただし、この日の様に連休などに掛かると、ファミリーキャンパーも多数。隣の家族連れが夜遅くまで騒がしかった。楽しいのは結構だが、自分の家と同じ感覚で来られると、正直、迷惑。ま、いいけど。

夜もなかなか涼しくならず、寝付けなかった。

走行距離70.4km
平均速度12.4km/h

チビート・トラバース2015 IN 九州中央山地&九重連山 6日目

7月31日。

昨夜は濃い霧が発生。にもかかわらず、満月のパワーはすごく、薄明るい夜でした。
体は疲れているのに、なんだか寝付けない夜。風も強くなってきた。

日が昇るにつれ霧も晴れ、夏空へ。
夕食をろくに食べなかったので、朝からガッツリカレーです。お米の残量も気にしなくて済むし。

この日もふかふか芝生のベッド。
そういえば、今回ふかふか芝生ばっかりだったなあ。ラッキー(^_-)

さすがに昨日までの疲れが取りきれず、この日の予定は旧蘇陽町までで距離もさほどないため、10時出立を決定。
坊ガツルから露に濡れて重くなったテントも乾かしておきたい。

阿蘇的風景。県道40号を波野村の道の駅を目指します。 そこから広域林道を経て県道214へ。 このルートはなかなか気持ちよかったです。体力が残ってればなあ(笑)

こういったチャレンジの場合、他のスポーツと違って限界まで追い込むことは厳禁です。 必ず余力を残すこと。 それが無事に生きて帰る秘訣です。ま、サイクリングはそこまで深刻ではないですが、そろそろ僕の足は限界に近づいています。 高森に抜けるR265に合流し、根子岳を右手に走っていきます。高森に入ってR265がR325とぶつかる交差点の側に、「だいこんや」さんがありました。
ちょうどお昼。

久しぶりの手料理は、マジで生き返った感がハンパない

だいこんや定食に高菜ご飯、白ご飯はおかわり自由だったので、しっかり2杯目もいただきました。 素朴な田舎料理が身に沁みる・・・この後、高森のローソンに立ち寄る。 ちなみに8日間の旅で、このローソンが見かけた唯一のコンビニでした(^_-)

当初は高森峠ではなく、中山峠を越えて井無田高原キャンプ場の予定だったのですが、今の状況では中山峠とその後のアップダウンは厳しいと判断。

それにしても、最初は九州最長のダート林道内大臣林道〜椎矢峠(1460m)〜椎葉林道も予定していたんだけど、無理だよなあ(笑)休養日が必要。

スーパーで買い出しも済ませ、高森峠越えへ。
高森峠は4度目ですので様子は分かっているのですが、通常なら楽勝のところも、今は自信がない。登れても体力を残せるのか。
特にこの道で嫌なのは、トンネルが続き、峠には長いやつが控えていること。
ここ10年くらいに新しく作られたトンネルは、自転車や歩行者にも配慮された作りになっていますが、それ以前のものは自動車さえ走れればいい、といったもので、重い装備で登りをゆっくり走るには長距離トラックやバス、暴走運転車などに神経をすり減らします。

お互い、神経を使うでしょうが、クラクションは鳴らすな
文句があるなら、国土交通省に言ってくれ

峠も無事に越え、この先は基本的に蘇陽町馬美原まで下っていくだけです。

椎葉の山々が見えてきました。
明日はいよいよ最後の山越え。この写真の山並みの向こうへ行きます。

R265と県道141が交わる交差点に出ると、「井無田高原」の道標が。
ここでまたムラムラと色気が。
井無田高原つるばみキャンプ場は、旅に出る前から何気に良さげで泊まってみたい!と思っていたのです。
今なら、ちょっと寄り道もできるのでは?という考えも浮かんできましたが、いやいや明日の山越えを無事乗り越えるまでは安心できない、と誘惑を振り切って進むことに。

このキャンプ場、いつか泊まってみたいなあ。

“泊まれる道の駅”「そよ風パーク」に立ち寄り、キャンプ場情報を収集。馬美原にある服掛松キャンプ場を目指します。

16時着。
最後の洗濯をし、ゆっくりと。
子供達のキャンプは、ピザ窯での調理で楽しそう(^_-)

このキャンプ場も気持ちよく過ごせました。お薦め。
受付周辺ではwi-fiのフリースポットも利用できます。

いよいよ明日はこの旅最後の、文字通りの“山場”。
“西米良のオヤジさん”Kすけさんに電話を掛け、よろしくお願いしました。
奇しくも8月1日は「やまびこ花火」で有名な西米良の花火大会。それを楽しみに頑張りますか。

早朝の出立に備えて、早々と床に着きました。

本日の走行距離 54.5km
(トータルの)平均速度 14.4km/h(少しずつ上がってきています)