タグ: 坊ガツル

チビート・トラバース2015 IN 九州中央山地&九重連山 5日目

7月30日。5時。
本当に清々しい、朝。

朝食は「マルタイラーメン」。
棒状ラーメンは携帯性が良く、「塩分20%カットスープ」は味噌汁代わりに飲めちゃいます。ここに餅を投入するのがいいのですが、忘れちゃった。

今回、行動食の軽量化を図ったのですが、ちょっとカロリー不足気味。疲れが回復はするものの、溜まりやすい感じです。
この日の朝も調子は良かったのですが、この後大した距離を移動していないに関わらず、疲労を感じてしまいました。

朝日を受ける三俣蓮華岳。

7時にテン場を出立。法華院山荘です。
昨年のゴールデンウィークに、平治岳に登りここに泊まりました
山小屋に泊まるのが初めてて(笑)(素泊まりはありますが)、あまりの贅沢さにびっくり。
その時に坊ガツルに泊まるのが憧れに。

ちょっとした贅沢。200円也。

山荘を出てすぐ、白口岳登山口がありますが、閉鎖されていました。

今回、当初の計画では2日目は中岳を始めくじゅうの主なピークを縦走し、瀬の本へ降り沢水キャンプ場まで帰る、というものでした。
しかし、瀬の本からは10kmの舗装路を歩かなければいけません。
これまでの疲労を考え、旅はまだ途中、無理はできないと判断。

つか、ムリぽ。

北千里を上がって、稲星山と白口岳の間から沢水キャンプ場に直下するルートを考えていました。
ところがこの下るルート、ヤマケイ地図では2014年7月の豪雨で崩壊の恐れあり、とあります。
加えて、坊ガツルで一緒になった方から登るのは登れるけど、かなりキツイし危険、とも聞いていました。
法華院山荘で情報を求めると、やはり重装備での下りは止めたほうがいいとのこと。

ということで、最短のコース、鉾立峠から下ることにしました。
となると、かなりの余裕の、のんびりハイキングに。
こりゃ、幼稚園の遠足だなあ〜、と思っていました。この時までは。

8:30鉾立峠が見えてきました。

峠から法華院山荘、三俣蓮華岳を望む。

くじゅう屈指の急登と言われる、白口岳への道。

なんせ、まだ8時半ですからねー
ここで余計な色気が。
ここに荷物をデポして行けば、白口岳に登れなくね?
こんなピーカンの天気で、上まで行かないなんて。いや、行くべきだろう。

ということで、急遽白口岳に登ることにしました。

鉾立峠、大船山を望む。
噂に違わぬ、急登です。

荷物がないって、こんなに身軽なんだ!

コースタイム1時間20分のところを、40分でとうちゃこ。9:20

山頂に居た、福岡から来られたというお嬢さん二人組と写真をお互い撮り合いしてもらいました。
お二人はなぜか「17」の人文字でポーズを取っていましたが、あれは何だったんだろう?(笑)

「宮崎の方ですか?」「え?なんで分かっとですか?」
なんとお一人は宮崎市内の出身でした。(当てたのは福岡出身のもう一人の方で、お友達とアクセントが似てたから、だそう)

「チビート・トラバース」の話をしたら、予想以上に受けていただきました(^_-)
ブログにアップしますか?、します!します!ということで、お名前を聞き忘れましたが、よかったらコメント下さい(^_-)お待ちしてます。

遠くに由布岳も見えました。

こちらは祖母傾山系。この山の向こうの向こうから、やってきました。

九州本土最高地点、中岳。

稲星山。写っているのは、一足遅れて到着した、福岡からのNさん。
Nさんとはこの後沢水キャンプ場近くまでご一緒します。

祖母山。

マジで、最高の眺めだ!

 

30分ほど山頂に。さて、下りますか。
山頂直下の岩場。
写真では伝わりにくいですが、僕でも一瞬腰がひけるくらいの傾斜です。

昨日、悪戦苦闘したルートがはっきり分かります。

この後、後から降りてこられたNさんと鉾立峠で合流。
何でも、車中泊しながら既に2週間!くじゅうを廻られているとか。佐渡窪に降りる道は、2年前とだいぶ変わっている、水害の影響が甚大だったようだ、と言われていました。
そう言われてよく見てみると、確かに道標の8割が大きな石に埋まっていました。

くじゅうは、メインのルートを外れると決して登りやすい道ではありません。
火山特有の雨が降るとぬかるんで歩きにくい土に、大きな溶岩がゴロゴロしており、また傾斜も急です。
今回感じたのは、あちこちに案内板やマークがしてあるのですが、肝心なところ、ここにあって欲しいというところに限ってない、ということでした。
水害の影響がいまだ解消されていない、のでしょうか。

途中、Nさんに当初登る予定だった南尾根ルートの取り付きを教えていただきました。次回の宿題ですな。

Nさんにペースメーカーになっていただき、おそらく一人の時よりも20分は早く降りてきました。
13時キャンプ場着。

早く降りてきたのは、少しでも荷物を軽くしたかったため、最寄りの久住の町から登山道具を自宅に送り返したかったことと、5日ぶりのお風呂に入りたかったから。
沢水キャンプ場では、宿泊すると国民宿舎久住高原荘の温泉の割引券をもらえます。これを使わない手はない!

ということで、再び自転車旅の準備を済ませ、車上の人となったのでした。

くじゅうの山々。久住高原荘の温泉は、時間帯もあり貸切状態。あ〜〜〜脱力
体重計に乗ってみると、2kg減!
5月の健康診断で、大学時代に戻ったと喜んでいたのですが、これでは高校時代だよ!
さすがにこれは、急激に減り過ぎです。カロリー不足と、ハードワークが過ぎているのでしょう。

そろそろ、まともなメシが食べたい!
基本、自宅から持ってきたお米5合、ご飯を炊いてパックレトルトパウチ。行動中は柿ピー。
今日は、外食したいなあ。

3泊の沢水キャンプ場の予定を2泊にし、行けるところまで進んでおこうと、この日は産山村を目指すことにしました。
久住の町で買い出し&荷物の発送を済ませ、いざ。

腹減った。

産山村までは距離は大したことはないのですが、アップダウンを繰り返し、既に疲労が溜まった体にはボディブローのごとく効いてきます。
加えて、役場付近まで行けばテント貼る場所もなんとかなるだろう、という目論見も甘く、何処か食事できるところはないかという問いに、車で20分行ったところなら、という返事が・・・

おーまいがっ

既に18時。
途方にくれて、とっくに受付時間の過ぎている役場の方に尋ねてみました。とにかく、トイレと水さえあればどこでもいいんです!!と。
すると、「ファームビレッジ産山」というところがあるから、そこに聞いてみましょう、と応対していただきました。
既に管理人さんも帰宅されているようで、いろんな方面に尋ねていただきました。
結果、本来コテージ&オートキャンプ場なのですが、ディキャンプ料金でいいですよ、と。
時間外に関わらず、親切に応対していただいた役場企画振興課の若くてイケメンな井野智徳さん、ありがとうございました。

役場からの最後の登りを越えて、ようやくこの日の宿に到着。
久住の町を出たのが16時。16〜7kmの距離を3時間近くかかってしまいました。
既に日は落ち、ヘッドランプを点けてのテント設営となりました。

昨日の坊ガツルでも大きな月でしたが、この日は満月。
食事する気力もなく、寝てしまったのでした・・・

本日の歩行距離 約7.5km
本日の走行距離 30.2km
(トータルの)平均速度 14.2km/h

チビート・トラバース2015 in 九州中央山地&九重連山 3、4日目

3日目、7月28日。

さすがに疲れが取れず、太腿にも筋肉痛が。加えて天候も悪し。山は厚く黒い雲で覆われていました。
というわけで、ここで予備日を消化することに。(沈する、と言います)

そりゃ、3日の予定を2日で来たんだからなあ・・・(結果的に、この読みは良かったと思います)

昨日遅くに着いた時には誰もおられなかったのですが、朝早くから机や椅子を並べている気配が。
管理人さんに挨拶すると、今日から2泊3日で地元の子供たちがキャンプだとか。
水は使えたものの、トイレに鍵がかけられ電気も使えなかったので、助かりました。

しかし、この沢水キャンプ場
ロケーションも見晴らしも良く、周りに何本も小川が流れとても気持ちいいのですが、「前日の17時までに予約がなければ、管理人不在」ということで、地図を頼りに来た旅人は途方に暮れてしまいました。着いた時に一応電話したのですが、案の定つながらず。
それは仕方ないとして、この時期に誰もいないの?とちょっと思ってしまった。
しかも、ヤマケイの地図にはしっかり駐車場とトイレありと書いてある。にもかかわらず、トイレには鍵が掛けられ使えない。
管理上の問題は当然有ると思いますが、公営なのですから複数あるトイレのうち、一つくらいは鍵を開けておいていただきたいと思います。
また、持ち込みテント一張り1500円は高過ぎです。これでは連泊する人は多くなはいでしょう。(僕も3泊を考えていましたが2泊にしました)

加えて、次の日からの登山でもキャンプ場からの登山ルートが非常に分かり難い。
幸い管理人さん他の方々に聞けたからいいものの、たぶん初めての人には分かりません。帰り道はなおさら分からなかった。
地元の人には当たり前でも、地図を読めなければ他所者にはちんぷんかんです。これも善処していただきたい。

と辛口で評しましたが、基本的に気持ちよく過ごせるキャンプ場であることは間違いありません。
トイレも鍵の効果か、虫も少なく非常にキレイ。
管理人さんたちも親切でしたよ(^_-)
実際にテントを張ったサイトは今年新設したばかり、ということで芝生がふかふかで気持ちよかったです。

時折晴れ間が覗くものの、降ったり止んだりのぐずついた天気。

鹿児島から来られたという家族キャンパーのスイカ。いいなあ。

この日はゆったりと過ごしました。

4日目。
夜から星空が出ていたので、期待に胸を膨らませて朝を迎えました。

6時の出立に備えて4時に起床。よし!筋肉痛もなし!疲れもなし!晴れてるし!
さあ、昨日まではまだまだ前振りですよ〜これからが本番ですよ〜

朝食はインスタントそば。かき揚げ付き。(メーカーは忘れちゃったけど)ちょっと重量はあったけど、生麺が食べられるのは嬉しい。

キャンプ場のフリーサイトを西に向かいます。
朝日が迎えてくれました。

くたみ分かれ。1時間。 なんていう鳥だろう?鶏冠が赤い。 1時間登って、鍋割峠へ。
予定では、これより前で「南尾根ルート(展望ルート)」を行くつもりだったのですが、取り付きがわからず。 今回初めてトレッキングポールを使ってみました。
重登山靴は持ってこれなかったので補助にしようと目論見ました。ここまではなかなかよろしい。

峠を下ると佐渡窪へ。 この日も雨の翌日とあって、登山道に川が流れていました。迂回路あり。

白口岳。佐渡窪の終わりあたりから大きな石のガレ場が出てきました。
南尾根ルートを行けなかったので、大船山に行くためにヤマレコで見つけた記録を参考に、ガレ場ルートを行くことに。
これが悪夢の始まりとはつゆ知らず・・・

まずは少し戻って、佐渡窪の北側を回るルートを探します。
本ルートから入り口は当然分からないのですが、アタリをつけて薮に入って行きました。
しばらく行くと山際に古くなったテープが。
しめしめ、とテープを追っていきます。が、東の谷に突き当たったところで見失ってしまいました。
周りを見渡しても、ない。
この時はまだ序盤、体力も気力も十分でしたので、地図から直登しても距離は大したことないと、地図を頼りに登って行くことに。

しかしこれがまた、湿気が多く地面は落ち葉で覆われズルズル滑り、灌木の枝が荷物に引っかかり邪魔をします。
もちろん道はありませんから、けもの道を利用して進んでいきます。

いやー、久しぶりにサバイバル能力全開したなー!(笑)
今だから笑えますが、3時間の行程を6時間かかっています。コンパスと読図能力がないと絶対無理です。
写真を撮る余裕もない。何より水が心配だ。既に泥まみれ。
雲がまだ多いので気温はさほどではないのが、唯一の救い。

やばいぞ、やばいぞと思いながら、どこかで久々のこの状況を喜んでいる自分がいます(^_-)

1kmにも満たない距離を1時間半格闘して、ようやく人の痕跡を発見。これだけでも嬉しい。さほどルートからもずれていない証拠です。
先程まで大助かりだったトレッキングポールが、藪漕ぎでは邪魔者へ・・・(^^ゞ

途中、大岩に出くわした時にはしばし途方にくれました。
左に巻いてかわしましたが・・・

更に30分歩いたところで、テープを発見!!分かりますか?
た、助かった・・・
正午までに山頂に着かなければ、引き返すつもりでしたがナンとかなりそう・・・

ここからはルートもはっきりして、歩きやすかったです。 山頂が雲間から見えました。 今日の宿泊場所、坊ガツルです。 こんな可愛いガクアジサイがたくさん咲いていました。 ついに山頂が! 山頂直下の御池。これはいい景色。お勧めスポットです(^_-) お昼少し前に、なんとかとうちゃこ。
先に山頂に居られた別府からのお父さん(100名山中60座に登っておられるとか!)に撮っていただきました。ヘロヘロで笑い損ねてますな(^^ゞ 北大船山方面。
くじゅう連山。 坊ガツル方面。 ひゃっほー!

黒岳方面。 20分ほど休憩したのち、水が尽きたので坊ガツル目指して下ります。

陽水は傘がない、と歌ったけれど
やそいちには、水がない・・・

この尾根を登ってきました。

赤い矢印が実際に歩いたと思われるルート。とんでもねー、かったです。テント担いで歩くコースじゃあない。
黄色の矢印が鉾立峠より立中山(たっちゅうざん)から大船山へのルートです。(写真は翌日の白口岳より)
下る途中で、カメムシに似た甲虫を発見。なんていう名前だろう? 14時。よーやく坊ガツルまで降りてきました。
み、水・・・

プハッー!水が美味い!

この日は予報では南からの湿った空気が流れ込み午後は大気が不安定、ということだったので最悪雷雨を覚悟していたので14時着は上出来。
しかも、晴れてきたし!わお! 先程までのサバイバルは何処へやら。極楽です〜
気温は24℃。日差しは強いものの、風があって気持ちいい〜

今回はハイカットのシューズではなく、自転車兼用としてアプローチシューズを使用しました。
使用したのは「モンベル クラッグステッパー」。
ゴアテックス採用で、固めのソールが頼もしい奴です。自転車もバッチリ。
サイズは普通は26.5のところを27.5で。多少余裕はありますが「モンベル ウィックロントレッキングソックス」との組み合わせはちょうど良かったです。
割と幅広の造りですが、靴ひもの調整の幅が広く、緩めにもキツ目にも自在に調整できるのがグッド。

 

高原の我が家。 テントから寝っ転がっての風景。イヤー、贅沢だなあ。 次第に日が落ちてきました。 月が! 三俣蓮華岳。
大きな月と満天の星。きつかったけど、来て良かったなあ。
憧れの坊ガツルテント泊。
ああ、幸せ(^_-)
おやすみなさい・・・

本日の歩行距離 約8km