「初釜」タグアーカイブ

初釜

昨日16日は、表千家土持社中の初釜でした。
昨年はなかったので2年ぶりの初釜。

前日からの準備(二日前からの準備をされた社中の方も。お疲れさまでした)をし、当日は11時の席入り。
今回は2順目の正客を仰せつかりました。
炭手前から、茶懐石へ。
本格的な、先生と社中お二人の方による手作りのお料理をいただきました。
いやあ、とても美味しかったです!
決して派手な味付けではありませんが、素材の味を生かした上品な懐石でした。

それからお濃茶、薄茶といただきました。
実は、お稽古自体が半年ぶりくらいだったので、久しぶりのお茶が身に染み渡るようでした。美味い。
しかし、足の痺れも耐え難く(笑)こちらは何年経っても、どうにもなりません・・・・

夜は別のお呼ばれ。
優設計事務所さんで開かれた、「旅と健康」というテーマでの、家主の加藤さんの手料理と金丸文武さんの歌とお話の会でした。

こちらもまた美味しい料理をお腹いっぱいいただきました!
特に、猪鍋の肉の柔らかさにびっくり!囲炉裏で、鉄鍋を長時間煮たから、ということでした。

料理だけでなく、初めてお会いした加藤さんとのおしゃべりも楽しく、もちろん金丸さんの歌と旅の話も堪能させていただきました。

いやー、濃ゆいぃぃぃ1日だったなー!今日は少々お疲れ気味ですが(^^ゞ
初釜に読んでいただいた先生はじめ社中の皆さん、楽しい会に誘ってくれた友人たちに感謝感謝です(^_-)

初釜

今日はいつもお世話になっている、表千家土持社中の初釜でした。

お茶を始めて10年ほどになりますが、なんと今回初めて濃茶手前の大役を頂きました。
長棚の重ね茶碗。
いやー、お客は社中の日頃から知っている方々10名ばかりなのですが、やっぱり緊張しました。
いやそれ以上に足が痺れました(^^ゞ

まだまだ修行が足りませんね。
しかし、いい経験をさせて頂きました。
土持先生始め皆様、ありがとうございました。
今後もご指導のほど、よろしくお願い致します。

初釜

7日土曜日はお茶の初釜でした。
いつもお世話になっている土持直子先生の社中です。
僕は薄茶を点てさせていただきました。

10時から、席入り。
続いて、土持先生自らの炭手前(釜をかける炉の炭をくべる手前)。
香合の拝見の後、食事を頂きます。

今回は一心鮨さんに懐石をお願いしました。
一口サイズの鞠鮨が美味しかったです(^_-)

食事の後はお濃茶。こちらは姉弟子のMさんの担当。
初釜の時は重ね茶碗で。重ねられた大小のお茶碗でのお手前です。

主菓子は常盤饅頭。表千家での初釜では、「千年変わらぬ松の葉にちなんで」緑色の餡を使った饅頭が用いられます。
今回は、先生が水野屋さんに特注されたものが出されました。

これが美味しかったんですよ〜さすが水野屋!

お濃茶を頂いた後はいよいよ僕の出番。
といっても、一番心配なのはしびれが切れることなんですが(笑)
案の定、脂汗をかきながら(^^ゞ何とか6名様分、お点てしました。

今年の目標は、正座、だな!