タグ: ジョウビタキ

ジョーくんお出まし

今日は11月らしい冷え込みに。やっぱり、この時期このくらいないと!

毎年、冬になると山からジョウビタキのジョーくんが降りてくるのだけど、昨日からなぜか閉め切っているはずの工房に、居る。そのくせ、僕が入ってくるとバタバタと慌てふためく。何やってんだよ。どっから入ってくっとや?昨日出してやったのに、また〜

あ。窯から出したばかりの器に糞しちょるやんか。
まっこち!

冬は楽しみ!

いやあ、南国宮崎も、昨日から真冬並みに寒くなってきました。
急に寒くなると、風邪には気をつけたいものですね。

冬になると、山からジョウビタキのジョー君(多分、去年のジョー君とは違う?かも)がやってきて、庭先を飛び回ります。
今年は、降りてくるのがちょっと早いかな?とすると、冬も早いかも。利休梅も咲いてるしなあ。
小柄で、オスは色もきれいで、なかなかかわいいやつです。毎年、おお、来たな、と会えるのを楽しみにしています。
しかし、縄張りなのか、いつも同じところに止まっては、糞をします。困ったものです。

かわいいから許す。

年を越すと、今度はメジロたちがかしましくやってくるでしょう。
チョウゲンボウも、最近はやってくるようになりました。
うちの周辺は、野ウサギが多いからでしょう。今年も来るかな?

 

焼き物稼業、冬になると憂鬱になっていけません。
なんせ、水仕事ですから。
冬の、氷水(じゃないんだけど)に手を浸すのは、考えるだけでさぶイボが出ます。
水だけではありません。土自体が、アイスクリームです。
冷たい土を、手のぬくもりで暖めているようなものです。
正直、触るのはイヤです。ま、と言っても仕方がありません。

冬場の暖房に、と2年前に薪ストーブを導入しました。
夏場に剪定した裏山の枝が燃料なので、燃料費はただ。ま、労力はそれなりにかかりますが、それもまた楽しんでやってます。
仕事中の暖房、コーヒーのお湯沸かしはもちろんなんですが、意外といろんな楽しみが増えて、冬場が楽しみになってきました。

もう、寒みしてやっちょられん!という日には、早仕舞いにしてそそくさと畑に向かいます。
宮崎は冬の野菜が美味い。特に大根。
僕の師匠、中里隆曰く
「宮崎の、特に田野の干し大根がタクワンにゃ一番よかね」
からっと晴れた日が続き、冷たい西風に吹かれた大根は、あま〜く干し上がります。

大根、ジャガイモ、ホウレンソウなどなど材料を揃えて、ストーブに厚手の鍋を掛けシチューを作ります。
火の番をしながら、ワインを飲みながら、好きな音楽を聴き、とろ火になったら好きな本を読む。

もう、至福の時間です。

もちろん、時には鍋やカレー、おでんに、焼酎や日本酒になります。

煮物だけではありませんよ。干し魚をあぶって頂いても最高です。
参加したい!と思われる方は、何か一品、材料でも、おつまみでも、お酒でもお持ちください。一緒に至福の時間を味わいましょう(^_-)

薪ストーブ

今日はホットワインを。
今日の音楽は

「martin brunner trio – behind the clouds」

火の番をしながら楽しむと、遠赤外線効果でしょうか、足先がぽかぽかしてきます。
これがなにげに凄い。
何が凄いって、岩盤浴とまではいかないまでも、下半身浴と同等の効果があります。
足先から暖まると、なかなか体が冷えません。
当然ですね。足先の、末端の血管で暖められた血液が体全体に行き渡るわけですから。
この状態で、さらに下半身浴すれば、最強です。
お湯は腰かお腹くらいまで。熱々でなくてもオッケー。燃料費の節約にもなります。
10分くらいで、額に汗が出てきます。好きな音楽を掛けながら。本を読んでも良し。
もうね、寝るまでぽかぽかなんですよ。費用対効果、抜群!

いやあね、もう今からニンマリしちゃいます。

それに、冬の星空。
綾は、街の灯りがありませんからね。真っ暗です。当然、それだけ星が綺麗に見えます。
冬のキャンプも、また乙なもんです。
宮崎は、冬がアウトドアシーズンでもあります。水遊び、は出来ませんが。
サイクリング、登山は全然行けます。暑苦しい夏場より、むしろいいくらい。
山には蛇や蜂、ヒルの心配がありませんし、積雪もほとんどない。あっても知れてます。空気が澄んでいる分、遠くまで景色がきれいに見えます。
そして、早起きすると、何とも透明感のある朝焼けに出逢えます。

これだから、冬は好きなんです。