ホッケストック2011〜15th

今年もやってきました「ホッケストック」。
なんと15周年!すごいですね〜
15年も野外ライブを続けて来たというのは、簡単じゃありません。
主宰であるガニさん始め、ミュージシャン、スタッフの気持ちがひとつになって始めて出来たものです。

みんな、ありがとう!

僕は二日間に渡って開催された初日のトップバッター、「宮原兄弟(みやばるきょうだい)」として出演させて頂きました。
いろいろ準備不足なのは否めず、音が出ないトラブルもありましたが今年は逃げ出さなかった自分をちょっとだけ褒めてあげたい・・・(。・_・。)

演奏後はスタッフとして参加。(しかし、自分のステージでいっぱいいっぱいでまるっきりのフヌケに)
途中から成り行きで(笑)司会をする羽目になってしまいました。

初日は山形から初出場、児玉知道から始まり、ホッケでもお馴染み鹿児島組(バケツハウス、fan、森田孝一郎ドラムサークル、佐々木さとる)を中心に、新しいバンドも登場。
中でも武者ドレッドはよかったなあ。曲が爽やかなのに、男臭いボーカルも意外とグー。
ホッケ初のスカバンド、「Bon Deluxe」もみんなを踊りの渦に巻き込んで大盛り上がり。

そして今回初の出し物、「森竹劇団」の抱腹絶倒の「水戸黄門」!
実はスタッフでいつも参加してるスマイルを中心に、ミュージシャンを加えての寸劇で、大受け!した。

初日のトリを努めたのは、こちらもお馴染み「Flash the 徒歩5分」。いい感じの脱力感で〆てくれました。
この日は、台風一過の気持ちよすぎる秋晴れでした。
夜ももちろん、飲みながらの盛り上がり。明日まで持つのか????

二日目は地元国富の「SIX DAY TOWN」のハードロックから(朝から!)。
続いて宮崎で活躍するボーカル二人組、「M-Style」。追っかけのファンも大勢来てました。爽やか〜
この日も実に20組のミュージシャンが出演。
その中でもMoon Beamで活躍していたカッキンが新しいトリオ「The KAKKIN」を結成して来てくれました。
64年製のフェンダーストラトをかき鳴らすロックは、昔からのファンも初めて聴くお客さんも大盛り上がり。新曲の「PLUG ON」「ワインとチーズ」等々、ロックギタートリオの魅力満載!かっくいいっすね〜

夕方にはこれまた新しい出し物、「林家九蔵の落語」。
地元落語会の陰の立役者です。MRTラジオでは粉川真一アナウンサーとの掛け合いを聞かせてくれます。
ご本人もこういった野外ライブ出演の経験がない!どんげすっか!!どんげすっか!ま、どんげかなるやろ、と緊張されてましたが始まってみると九蔵ワールド。すっかりお客さんを掴んでました。さすが。

トリは唐津から「稲葉浩&西勝利&メグミ」。こちらも相変わらず熱い大人のロックを聴かせてくました。
そして大団円。

今から来年が楽しみです(^_-)

Follow me!

4 thoughts on “ホッケストック2011〜15th

  1. おーわがミヤバルブラザーよ、ホッケの躍動しっかり伝わってきたよぉ~

  2. 今年も出演&スタッフと大忙しでしたが、本当にありがとう!今やともこー無のホッケストックはありえんね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA