「やそいちの仕事」カテゴリーアーカイブ

第17回綾ひな山祭り、始まりました。

25日より、「第17回綾ひな山祭り」が開催されています。

期間:平成29年2月25日(土)~3月5日(日)
メイン会場:綾町中央通り商店街

オープニングセレモニーに参加してきました。
とても穏やかで、いい祭り日和でした。
各来賓に挨拶の後、ひな祭りらしく、お汁粉で乾杯。
幼稚園の園児たちの歌と演奏で盛り上げてくれました。

さっそく、街中のひな山をぐるっと回ってきました。
まずは、いつもスケールの大きな山で楽しませてくれる、「そば処まる」さん。
今年も立派な山ができていました。何と、滝から水が落ちています!

次に向かったのは「綾グリーンガーデン」さん。
こちらは大きくて立派なひな壇が二つも!

そして毎度おなじみ「おの屋」さん。
今年も安定の出来栄え。渋いです。
派手さはないものの、「ザ・雛山」という感じはさすがですね〜

そして今回の目玉、綾郵便局隣の古民家を会場にした、商工会女性部が力を入れた雛山。
本来の雛山に近い、姿が見られます。必見です。
元々、古い病院だっただけあって、部屋の数が多く、それぞれ工夫をこらした展示になっています。

次はこちらも今年はじめての展示、綾てるは図書館
図書館らしく、雛山に関する図書も展示してありました。

最後は「昭和展」を開催される、「徳丸豆腐」さんにお邪魔してきました!
いつもながら、熱い!昭和の男!
・・・・しかし、まだ準備中でした(^^ゞ
5日が本番なので、それまでには間に合わせる、との事。
ちょこっとだけ覗かせていただきましたが、いやいや、スゴイですよ。
こちらも是非、お立ち寄りください!豆腐も絶品です!(^_-)

賀詞交換会&恒例新春登山

4日は綾町の賀詞交換会に、酒泉の杜まで出かけてきました。
毎年恒例ですので、これといってないんですが(笑)、司会をされていたフリーアナウンサーの前田晶子さんの楽しそーな企み(!)に、あーでもないこーでもないと花を咲かせました。

さて午後からは、こちらも恒例、新春国富町釈迦ヶ岳登山に母と行ってきました。
昨年も賀詞交換会に出かけた午後に登ったのですが、今年はちょっと出立が遅れ、13時過ぎから登り始めました。
なので、時間を見つつ、途中で引き返すことも想定に入れながらの登山となりました。

普段から歩いている母(76歳)ですが、さすがに年々スピードは落ちているようです。
実は午前中に既に3キロほどを歩いています。体力温存、という考えはなかったのでしょうか・・・・orz
気を取り直して(笑)、序盤の林道歩きから、徐々に高度を上げ、最初の急登に取り掛かります。
が、心配通り、2度ほど足をモツらせてこけてしまいました。
うーん。
以前は半日の日程で考えていたのですが、次回からは1日で考えなくては。と本人も申しておりました。
当初の心配通り、15時で8合目までたどり着けず。
15時半に登頂は無理、と判断しここで引き返すことに。
悔しがる76歳。
姪っ子が高校受験を終えた、春のリベンジを盛んに申しておりました。
まだまだ元気です(^_-)

追記
母は次の日も筋肉痛等はなかったそうです。3日に家でコケて作ったタンコブ以外は(おかげで顔は恐ろしいことに)

新年明けましておめでとうございます。

 

自筆です
おお!酉年だけに!

旧年中は多くの方に大変お世話になりました。
ありがとうございました。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、大みそかには延岡の妹家族5人が午後から綾に来て、みんなで手打ちの年越し蕎麦を打ちました。
贅沢に10割蕎麦!
水加減がなかなか難しかったですが、なんとか蕎麦粉1kgを捏ね、麺、というよりも棒(笑)になってしまいましたが、蕎麦の風味たっぷりに美味しくいただきました。
いやあ、8人揃っての年越しは初めて!賑やか〜、と言うよりうるさいw
でもおかげでコロちゃんロスが紛れました(^_-)

年明けて、受験生である姪っ子は9時から塾(!)だそうで、7時の出立。正月からそんなにバタバタせんでもいいのに・・・
連中が出るより早く、恒例の入野橋での初日の出、綾神社初詣に出かけてきました。

今年は雲ひとつない、素晴らしい快晴!いつぶりだろ〜〜!!
おみくじも中吉と、春から縁起がいいぜぇ〜〜

今年もよろしくお願いします

 

さらば、うちのアイドル

やそいちの看板娘、コロが昨日(平成28年12月26日)の早朝に亡くなりました。
享年11歳。
今年の夏から、ガクンと衰えが顕著になり、おそらく内臓も痛んでいたのでしょう。三日前には病院で点滴も受けたのですが、如何せん体力が持たなかったようです。

元々夏が苦手で、冬の冷たい雨の中にわざわざ外で丸まって寝るタイプでした。この暖冬も効いたのでしょうか。

幸い、前の晩のうちに名付け親である姪っ子(14歳)たちが来ていたので、安心したのかもしれません。
みんなで裏山の日当たりが良く、見晴らしの良い場所に埋めてあげました。

頭が良くて優しい、いい子でした。反面、おてんばでヤンチャなところもあり、モグラやヘビを狩るのが大好き。
お客さんが来ると甘声を出して教えてくれました。
いろんな方に可愛がっていただきました。先日来られたお客様も「コロちゃんは?」と尋ねられていました(ちょうど病院に行っていたところでした)。
今朝は、近所のNさんが宅急便を配達に来られたのですが、さっそくコロがいないことに気づかれていました。

長い間、ありがとう。
安らかに眠ってください。

今年も無事に終えました。〜工芸まつり御礼

今年も工芸まつりが無事に終了し、だいぶ経ってしまいました。
ようやく、写真をアップいたします(^^ゞ

秀作展

まずは会場入り口すぐ側、秀作展のコーナー。
こちらは綾町がエコパークに指定されてから新設されました。「エコパーク綾で工芸を生業とすること」がテーマです。

会場は「てるはドーム」。
ご存知の方はご存知でしょうが(笑)、田舎にあってとてつもなく、デカイです。

アオカグ

こちらは今年のうちのお隣のブース、「アオカグ」さん。主宰は、森重光平くん。

高原木工

こちらは高原木工さん。カメラを向けても恥ずかしがってなかなか笑ってくれませんでしたけど(笑)

今年はこのように各工房前に立て看板が並びました。
ポスターも製作してくれた佐土原高校の生徒さんのデザインです。

こちらが今年のうちのブース。

地元の赤土を使った焼締

新作の黒天目浅鉢
新作のマグカップ
ジャズカップ、酒器、アロマポット、青亜椰作品群
茶器その他
白さつま
青亜椰つる首
黄亜椰ドラ鉢と焼締花入、青亜椰花入
地元赤土を使ったオリジナルの釉薬、貴亜椰釉
わら白各種

 

今年は日程も悪く(恒例の勤労感謝の日が外れた)、また天気も良くなかったので心配されたのですが、蓋を開けてみれば多くのお客様に足下の悪い中、お越しいただきました。
本当にありがとうございました。
皆様の愛に感謝しつつ、末長くこの工芸まつりを続けていかなければ、と誓いを新たにいたしました。

八十一拝