「作品紹介」カテゴリーアーカイブ

黄亜椰湯呑と野の花

今回もOさんのモニターレポートです(^_-)

八十一さんのお湯のみ
犬の散歩途中で摘んで来た草花を入れてみました。
活けると言えないのが残念で、申し訳ございません。

ooyama_monitior3

素敵ですね!
僕もよく庭先や散歩がてらに道端の花を観察します。
派手さはないけれど、日陰にあったり、高い草に埋もれていたり、様々な環境で健気に可憐に咲いている花を見ていると、なんだか勇気をもらった気になってきます。
もちろん、花の方にはそんなつもりはなく、ただ一所懸命に生きているだけなのでしょうが(^_-)

あと、コースターもいい感じです。
僕の白さつまの珈琲碗は、敢えて取っ手もソーサーもつけていないのですが、それは使い手の方のお好みの取り合わせを楽しんでいただきたいから。
陶器と陶器がぶつかり合うカチャカチャも好きではない、という理由もあるのですが、それよりもインテリアや照明などの器を使う環境は様々。
それに応じた取り合わせの妙を楽しむ、そんな使い方をして頂きたいからです。
布製のコースターとは限らず、木製の銘々皿なども使えます。
実際、展示会では会津塗りの銘々皿を使ったりもします。
皿でなくてもいい。色んなアイデアで、普段の生活を豊かに過ごしてみては如何でしょうか。

もちろん、ご要望があればソーサーとのセットでティーカップ、コーヒーカップなどはお作りいたします。

この黄亜椰湯呑に限らず、白さつまビアカップなども花入れに使えます。

黄亜椰湯呑のお買い求めはこちらから

黄亜椰湯呑とビール

正確には「ノンアルコール」だそうです(^_-)
再び、Oさんのモニターレポートをお届けいたします。

今回は手料理パスタ!美味しそう〜
パスタのお供に、楽しんでいただけたようですね(^_-)

一人ランチ。

八十一さんのお湯のみに入っているのはビール!でなくて、ノンアルコールビールでーす。
お隣のパスタのお皿は、野々陶苑さん。盛りが良過ぎて、良く分かりませんね、ごめんなさい。
食いしん坊なもので😅

oyama_monitor2

黄亜椰湯呑と白さつま湯呑

先日、工芸コミュニティで作品のモニタープレゼント募集をしたところ、綾町内在住のOさんが当選され、さっそくFacebookに投稿してくださいました。

1日の始まり、朝食時のお茶一杯。
担当は夫。
美味しい時は大袈裟に「オイシイ‼︎」と言ってます。

右は以前、綾工芸まつりで手に入れたコ。
左は昨日我が家に来たコ。
大きさ、形、色と違います。
美人ならぬ、美湯のみ姉妹です

黄亜椰湯呑と白さつま湯呑
黄亜椰湯呑と白さつま湯呑

Oさん、ありがとうございます(^_-)

わら白八寸鉢に冷やし中華を盛る。

今日は梅雨の中日。青空。久しぶりの朝焼けが爽やかだった。

昼食は母が外出のため、父の分と冷やし中華を作る。

大葉、キュウリ、トマト、茗荷、どれも自家製野菜をたっぷり刻む。

ナスは大山食品の酢と塩で軽くつけたもの。
そこにツナ缶を添える。

わら白釉の八寸鉢に、氷水で絞めた麺の周りに野菜、上にはたっぷりと刻んだ大葉。梅酢ドレッシングでいただく。
麺よりも野菜の方が随分と多い冷やし中華になったが、美味い。

ああ、なんと幸せな昼食か。

コノシロの一夜干し

昼食に、頂き物のコノシロの一夜干しを。

IMG_5000軽く炙るだけ。

IMG_4998小豆玄米と、わかめのスープ。
器は
「竹炭化焼き〆飯碗 ¥3,500-」
「黒天目銘々皿 ¥2,000-」
「白さつま箸置 ¥1,000-」(直販価格はすべて税込み表示です)
自作竹箸
綾の児玉工芸さんのお椀

IMG_5001塩が程よく利いて、とても美味しかったです(^_-)

IMG_4989今朝はかなり冷え込みましたが、朝焼けも綺麗でした。
ガラス越しに撮ったら曇ってしまいましたが(笑)、面白いフィルター効果になりました(^^ゞ