カテゴリー: やそいちの仕事

「薄氷の踏み方」における工芸について

今、読み進めている本ですが、とても面白い。今をときめく、武道家と精神科医の対談本です。
この中に、工芸に関する下りがあったので、紹介させていただきます。

甲野 今ふと思い出したので、ついでに言うのですが、「愛国心が大事」というのはすごくおかしいと思いますね。やはり人間がいとおしく思うのは、自分が育ってきた「文化」に対してですよ。その人が育ってきた街の風景や文化、あるいは習慣などに愛着を感じているわけです。懐かしい雰囲気そのものだったり、昔から使い込まれた道具であったり、決して文化の容れ物である「国家という枠」に愛着を感じるわけではありません。
今、非常に胡散臭く感じるのは、そこをいつの間にか、為政者が混同させよう、混同させよう、としているように思うことです。
どうして私が「愛国心」という言葉を使うことに抵抗を感じるのは、そういうことに気づいてしまうからなんです。そこが整理されてくると、あやしげな「愛国心」とはずい分違う、もっと自然と人が信じられるような言葉が出てくるんじゃないかなと思うのです。

名越 家に代々200年も伝わっているような漆の器があったとします。そして、その温かさというか、手に取ったときのなじみ感や、毎朝それで味噌汁を飲むときに感じるぬくもりとか、それに伴う思い出とか、先祖がそれを使っていたという系譜的な感触といった、それらのものが集まった一つの器を、自分が本当に自分の身に引き寄せて感じることができたら、これはもう、その人の中に「一つの国の形が見えている」と思うんですよ。今の日本には、そういう人がほとんどいないでしょう。
極端に言えば、自分とその器に本質的な意味を芳醇に嗅ぎ取る、感じ取ることができたら、たった一つの器の中に、その人にとっての、「日本」があると言えるのではないでしょうか。
逆に言えば、そういう部分がなくて、「ただ国を愛せ」とか「精神文化が大切だ」と言っても、それでは「この器は唯一無二の私のものである」というそれだけのパッケージを持つことにも劣るように思います。今の国が僕たちに与えようとしているのは、内容のないただの「標語」みたいなものです。
それがどれだけ貧困なものか、目指すべき方向性が全然違うわけですよね。無意味な標語を掲げる閑があったら、各地域にある独特の塗り方をした器のこととか、その地域に伝わる伝承だとかを年月をかけて子どもたちに伝えられる大人を探したほうがいい。そういう大人たちが何人もいる環境で、子どもたちの中に育て上げて行くものが、その人の「風景の中の国家」につながっていくんだと思います。
そういうことが寸断されている世の中で、いきなり「国に愛を持て」というのはおかしい。そういうことを言えること自体で、僕はその人の国に対する感覚を疑いますね。(p42−43)

お二人の言われることに、まったく同感です。

皆さんは如何でしょうか。

宮崎の伝統工芸〜佐土原人形「ますや」

先日、初めて佐土原人形の老舗「ますや」さんに行ってきました。

佐土原人形とは、400年ほど前から続く、数少ない宮崎の伝統工芸の一つです。しかし、後継者不足で存続が危ぶまれておりました。
ところが、数日前のNHKの朝のニュースで後継者の方が見つかったとあり、居ても立っても居られずお尋ねしてきました。
私の仕事と直接関係ないとはいえ、工芸者の端くれとして、伝統工芸が失われていくのは忍びないものですから。

ますやの阪本さんご夫妻は、初対面にかかわらず、丁寧に応対してくださいました。

記念に、クジラの土鈴を購入しました。実に愛らしい、一品です。

「贈る器たち」陶房八十一作陶展〜ひむか村の宝箱

平成30年3月18日〜4月1日(日)

10時〜17時

昨日より、宮崎平和台にある「ひむか村の宝箱」さんで個展をさせて頂いています。
平和台の桜は今が見頃ですよ!

ひむか村の宝箱
〒880-0035
宮崎県宮崎市下北方町越ケ迫6146 平和台レストハウス横
平日10:00~17:00 日・祭日10:00~17:00
ランチタイム11:30~14:30ラストオーダー
カフェタイム10:00~16:30ラストオーダー

TEL&FAX 0985-31-1244
URL  http://himukamura.eco.to
mail himuka_mura@yahoo.co.jp

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて年末から突発的な忘年会などが続き、少々疲れ気味でしたが、今年は宮原地区津々野班の班長として、大晦日の夜は恒例の地元の明見神社年越しの神事に参加してきました。
午前中から竹を切り出し、かっぽ酒と竹コップの準備。

夜中23時過ぎくらいから徐々に近所の人たちも集まりだし、遠くでは、綾小学校に設置されている鐘も鳴り出しました。
みんなで乾杯し、無事に新年を迎えることができました。

さてさて、2時前に帰宅し、眠い体に鞭打ってこれまた恒例の入野橋からの初日の出を拝みに出かけてきました。
雲ひとつない快晴!こいつぁ、春から縁起がいいや!

いつもなら、このまま綾神社に初詣に行くのですが、まあ、今年はもう初詣は済ませた、ということでパス(^^ゞ
3日にはニューイヤーツーリングと題する延岡までの同窓会に参加するべく自走していくので、体力温存、ということで(笑)

何はともあれ、皆様のご健勝をお祈りいたしております。
今年も楽しく参りましょう(^_-)

八十一拝

第36回綾工芸まつり無事終了いたしました。

先日開催された「第36回綾工芸まつり」お陰様をもちまして、無事終了いたしました。

今年もたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

初日から大勢のお客様で賑わいました。

新作の「黄亜椰銀杏鉢」。4000円。

こちらも新作の「黒天目兜鉢」4000円。

昨年まで「秀作展」としていた展示を「森林(もり)の恵み展」としてリニューアル。

私は「炭化焼き〆水指」を出品しました。

「森林の恵み展」とは

 「自然との共生を図るための森の文化の担い手」としての綾の工芸。それは既存の伝統産業の成り立ちとはまったく違う形で、「工芸村」の発生で始まりました。

以来、約40年。その間、綾町では工芸関係に予算が組まれています。これは工芸が伝統産業として根付いている地域を別とすれば、全国的にも珍しい取り組みです。この背景には、「工芸は森の文化の担い手である」という想いが、工芸家だけでなく綾町民の間に育っているからといえるでしょう。

40年前、「森を守ったことを文化レベルにする」と綾町は未来を見据えました。そのひとつが有機農業の推進であり、またひとつが工芸の誘致育成でした。

”文化レベル”とは、「町民の暮らしに深く根付かせ、当たり前にする」ということ。森につながる工芸が日常にあれば、普段から森を意識し、自然保護につながると考えたのです。この精神は今も受け継がれ、森を守ったことだけでなく、町民の意識、それを支える地道で総合的な取り組みが、対外的に高い評価を得て、2012年のユネスコエコパーク認定にも繋がりました。

綾の工芸は有機農業などとがっぷり組み合わさってこそ、世界へアピールできると私たちは考えています。有機農業が手間のかかる農業であるように、手作りの工芸品も手間暇がかかります。
それは、大量生産大量消費とは次元の違う志、”ていねいにほんものをつくる”という綾町のスピリットを具現化したものにほかなりません。

この「森の恵み展」は、そのような思いの込もった工芸家たちの作品の一部です。

工芸まつりに関わる工芸家すべてが、これからも「森の文化の担い手」を自覚し、森への、綾への感謝と思いを持って、日々作家活動に精進してまいります。

「炭化焼き〆水差」

 唐津に修行に行くと覚悟を決めたときから、宮崎に帰って陶芸をするからには、宮崎の材料、特に土を使ってみたいと考えていました。19年前に現在地にて独立した際、幸いにも敷地の裏山から赤土が出土しました。さっそく試験をしてみると、ある程度想定内でしたが器にするには少々耐火度が低いものでした。しかし、釉薬に使えるのではないか、と試して完成したのがオリジナルの釉薬「青亜椰(あおあや)釉」と「黄亜椰(きあや)釉」です。どちらも、独特の風合いを持つ、“宮崎の焼き物”であると自負しています。

今回、この「森林の恵み展」に出展するのは、その赤土を7割ほど使った「炭化焼き〆」の水差しです。これは竹炭と籾殻の中に埋め込んで、1200度ほどで長時間焼き締めています。

綾町に来て感じたのは、やはりなんと言っても「照葉樹林の奥深さ」です。綾の森は日本最大級の照葉樹林ですが地図でみるとほんの僅かな面積にすぎません。実のところ、その最新部に行くことはそんなに困難なものではありません。奥深いと感じるのは、学生の頃に日本アルプスをはじめ各地の山を登り、またはサイクリングで旅をし、ある時にはカヌーで四万十川を下った経験から、日本からほとんど失くなってしまった「怖くなるくらいの」野性味のことです。

そんな森への畏怖とともに、豊かな水(これがまた美味い!)の恩恵を受けながら作陶を続けられる機会を得られたことに、感謝を感じない日はありません。

本来、伝統のない綾の地で工芸を誘致し、持続してきた先達方の志を受け継ぎ、また次代に引き継いでいく。これはこの地で工芸で生計を立てるものの責任だと、個人的には考えています。

なぜ綾で焼き物をする必要があるのか。なんのために綾で、焼き物をしているのか。

独立するときから今に至るまで、この問いに向き合う日々が続いています。

八十一拝

また来年の11月勤労感謝の日前後に、綾でお会いしましょう(^_-)