「旅」カテゴリーアーカイブ

九州山地最深部ツーリング4日目、最終日_井無田高原つるばみキャンプ場〜馬見原〜椎葉〜諸塚〜美々津石波川キャンプ場

深夜2時。草木も眠る丑三つ時。
気温は高くはないものの、湿度が高くじっとりと肌が湿り、寝苦しい夜。

ふと、何かの気配に目が覚める。

ぐるる・・・・

何かが、いる!

慌ててヘッドランプで周りを照らすと、避難所の床下に、光る眼が複数こちらの様子をうかがっている。
アナグマだ。
3頭、いや4頭か。どうやら親子の住処らしい。
この日は屋根の下にテントを張ったため、フライシートを張っていなかった。
ペラペラのメッシュの本体生地のみだ。鋭い歯や爪でやられたら、ひとたまりもないだろう。

こちらも負けじと、吠えたり灯りで威嚇したりと、対抗する。
向こうは床下を這いずり回り、テントのすぐ横まで来て鼻面を出してみたりする。
そんな攻防が2時間ほど過ぎただろうか。
疲れが溜まったこちとら、いい加減眠くて仕方ない。
もうままよ、とこっくり眠ってしまった。
とは言っても既に明け方。程なくして外が明るくなってきた。

眠い眼をこすりながら、朝食の準備に取り掛かる。
時々、きゃつらは這い出てきて様子を伺うが、悪さはする様子はない。
かなり気性が荒い、と聞いているので必要以上には刺激しないように気をつけた。

食事を終え、テントを収容する。いつの間にかアナグマたちはどこかへ行ってしまったようだ。
6時に出立。
この日は椎葉へと戻り、そのまま耳川を下る。
全体的に下りなのだが、その代わり距離がある。120km近くを予定。しかも、暑くなりそうだ。

井無田高原の朝。
つるばみキャンプ場。

高原の朝はなんて気持ちがいいんだ!
R218まで戻り、馬見原まで進む。
R265を五ヶ瀬町鞍岡〜国見トンネル〜椎葉村下椎葉まで進み、R327を耳川に沿って日向灘へ向けて下っていく。

椎葉から耳川を下る。
椎葉村物産センター「平家本陣」

「平家本陣」で休憩。9時半。(と言っても、ここで初めて休憩したわけではなく、ほぼ1時間ごとに5〜10分休みを入れている。特に1日の走り始め30分は意識的にゆっくり、ウォーミンアップ)
気温はかなり高くなってきた。
暑さ対策に、濡らした手ぬぐいを首に巻いている(これはお薦め。首を冷やすことで頭への血液が熱くならずに済む)のだが、既に乾いている。

国道は比較的走りやすい。この道を走るのは自転車は初めて、車でもおそらく20年前近く以来ではないだろうか。
拡幅工事が進んでおり、かつての秘境のイメージも薄れている。
反面、耳川にはダムが多くかかり、流木が溜まっており景観はよろしくない。

というわけで、行けそうなところは旧道を進む。
荒れ具合は進んでいるが、やはり旅情はこちらが上だ。

順調に進み、諸塚村へ。

飯干峠への分かれ。2年前をここを五ヶ瀬へ。

飯干峠への道R503への分岐へたどり着く。10時半。
この道を2年前は上っていたわけだ。
そのとき買い出しした店の前を過ぎる。2005年の台風で壊滅的なダメージを受けた町も、かなり復興が進んでいるようだ。

さらに道を進む。
旧西郷村に入る。現美郷町の役場がある。ここで是非立ち寄っておきたいところがあった。
友人が経営している、日向利久庵だ。
まちなかのAコープで買い出しをした後、石峠レイクランド入り口にあるお店を目指す。

利久庵が見えてきた!

社長の弓削さんがご夫婦でうちに遊びに来てくれたのは、会社を立ち上げる直前。
それから機会があれば一度行ってみたいと思っていたのだが、ようやくそれが叶った。
事前に立ち寄ることを知らせていなかったのだが、運良くご夫妻と会うことができた。
久しぶりの旧交を温める。
美味しいお菓子で疲れを癒す。マンゴーアイス、美味!不思議な食感!
もちろん、ここの売りである栗をふんだんに使ったプリンも美味しい。上品な味わいは、贈り物に最適だ。

ここまで90kmほど走ってきた。まだお昼過ぎだ。
強い向かい風で思ったほどスピードは上がらなかったが、ここまで来れば安心だ。
道の駅「とうごう」で一休みし、中野原から県道51号線へ。

耳川大橋を望む。
美々津大橋。

石波川キャンプ場には15時過ぎ着。

石波川キャンプ場。
今回もお疲れさま。
相棒。

川では、多くの子供連れや若者たちが水遊びをしていた。
汗をかいてきた身では川に浸かりたいのは山々だったが、独りで旅をしてきた後に、賑やかなところに行くのはなんだか気がひける。

自転車で15分ほど走って、R10沿いにあるローソンでビールを調達。
独りで旅の終わりを祝う。

つまんない写真だな。

この日のメニューは、パスタ用のナポリタンソースを使った「ナポリタン丼」。
まあまあ、いける。

ふと愛車をみると、何かが這い上がっている。
セミの幼虫だ。
羽化のための場所を探している。

セミの羽化直前!
一所懸命木を目指す。

この日のキャンプ客は、他に地元のひと家族だけ。
走行距離 114.5km

7月29日、晴れ。
さあ、お家に帰ろう。

爽やかな朝。
海端の日の出。

この日も6時出立。
R10を南下する。
途中、このたび初めてのツーリストとすれ違う。
東都農から海岸線を走る。

気持ち良い。

海だ!

海だ!
九州山地の1484mから、海抜0mへ。

ぼんさん越しから日向灘へ。
新富から佐土原〜国富を抜け、綾へ。

綾へ帰ってきた。

10時過ぎ、帰宅。
走行距離 64.8km

総走行距離 400.3km

今回も充実した旅であった。
しかし、もう少し余裕を持った方が、旅を味わえる。
メインの峠は1日に一つにしよう(笑)

九州山地最深部ツーリング3日目_五家荘〜二本杉峠〜砥用〜矢部〜井無田高原つるばみキャンプ場

なぜ峠に登るのか?そこに峠があるから。というわけでもない。それもあるけど。

峠道とは、古来から山のこちらと向こうとで人の行き来があるもの。そこに暮らしが根付き、文化の交流があり、時には婚姻も交わされてきた。
そんな事に思いを馳せながらペダルを踏む。それこそ旅情というものだ。

前日は日が落ちてから、激しい雨に見舞われた。
雷も鳴り、傍らには渓流もあるため、もしや氾濫でもしたら?と気がきではなかった。
風も強く、一度はペグが飛ばされ、ずぶ濡れになりながらテントを張りなおした。
さすがに山の上では夏用のシュラフに潜り込んだ。

しかし川は、源流に近いためか、あれだけの大雨にもかかわらず、朝起きたら清流のままだった。

あまり眠れない夜を過ごしたが、この日も早朝6時半より出立する。
ところが、すぐに“日本三大秘境”五家荘の凄さを思い知る事になる。

下方に小さく樅木の吊橋が見える。
椎葉の山深さも凄いが、五家荘は完全にその上を行く。椎葉が都会に思える。

キャンプ場を出てR445に出るまでのたった約7kmに、小一時間も掛かってしまった。なんてこった。

これから、今回のツーリング最後の山場、二本杉峠を目指す。
昨日の疲れが微妙に残り、しかも朝も早よからきついアップダウンを走ってきたものだから、先が思いやられる。
この日も天気は不安定、できれば夕立、雷の前にキャンプ場に着きたい。

これから向かうガードレールがちらっと見える。
いわゆる「洞門」が続く。
「梅の木轟」の橋。

R455佐倉荘前で休憩をとり、いざ峠へ。佐倉荘から見上げる山肌に白いガードレールが、切れ切れに見える。ほう。
勾配はさほどはきつくない。6〜8%の坂が続く。
きつくない、と言っても距離がある。約12km続くのだ。
しかし、途中の景色は絶品だ。
山深い九州山地を堪能できる。
峠に近づくにつれ、道が広くなる。不思議だ。
平行して旧道らしき跡もあるが、荒れていて通行不可。

旅情といえば、最近の峠道は昔の峠道とは厳密に違っていることが多い。
昔の道は、人が歩く、或いは馬やせいぜい馬車が想定されていたもので、道は狭いが、傾斜も極端にきつくはない。その変わり遠回りではある。
近年になって整備された道路は、当然のことながら自動車メインの造りだ。
しかも、人力ではなく重機を使っているから、ある意味「暴力的に」造ってある。
走りやすいが傾斜もきつく、旅情に欠ける傾向がある。
トンネルも実はあんまりありがたくない。山の中ゆえ、幅がギリギリしかなく、自転車(歩行者はもちろん)が安心して通る余裕などない。
旧道の峠を通った方が、景色もよく、楽しい旅ができることが多い。
あくまで自転車目線だが。

1時間半かけて、峠到着。9時。

二本杉峠の茶屋。トイレあり。
二本杉峠。

いやあ、きつかった。
ゆっくりと休んで、さて下界へ降りようかと峠を下り始めた。

なんじゃこりゃ!
降り始めてすぐはそうでもないが、すぐにまじか!と目を剥くような激坂になった。
8〜10%、ところによっては12%越えはあるだろう。距離はやはり12kmくらいはある。
これを逆に登ることを考えると、さすがに肝が冷える。なんせ、自重100kg超だからなあ。

それだけではない。木材を山と積んだトラックが猛スピードで走っている。

下りは1時間ほど。
下界は暑かった。

砥用の町から二本杉峠方面を望む。

ここからは幹線道路であるR218を旧矢部町へ向かう。

橋マニアにはたまりません。
霊台橋。

霊台橋で休憩。いい橋だ。10時。

これから万坂隧道までの約8km、5%ほどの登りが続く。
ところがこれが意外に効いた。
暑さのせいが多分にあると思うが、これまでの峠に比べたら全然楽勝のつもりだったのに、きついのなんの。かなりばててしまった。

考えてみれば、五家荘との気温差は10度くらいあったのでは?

昼頃、山都町役場付近に着く。Aコープで買い出しをすませる。
一旦R218まで戻り、山都町野尻県道141号線へと入る。
しばらく行くとすぐに工事で通行止めになっていたが、近所の方に道を尋ね、つるばみキャンプ場を目指す。

ちょっと登った後は、高原ロードを軽快に走る。
気持ちいい!
15時過ぎにキャンプ場着。

このキャンプ場、オススメ。
静かで気持ち良い。涼しいし。

走行距離 60.9km

高原のクロスロード。
池のほとりにある、静かで気持ちの良いキャンプ場。
のどかだ・・・・。
夏の夕暮れ。しかし、この後激しい夕立に見舞われる。
「ヒナンジョ」雷が多いことで有名なところらしい。左の床下には穴熊が巣くっていた。
またまた白黒で。

九州山地最深部ツーリング2日目_西米良村双子キャンプ場〜飯干峠〜上椎葉〜ぼんさん越〜五家荘渓流キャンプ場

7月26日5時半出立。谷は濃い霧に覆われていた。

西米良村双子キャンプ場の朝。
前日の夕立によりダムが放流し、川は濁っていた。
キャンプ場横の吊り橋を渡って対岸の国道へ。

R219からR265へ、一路椎葉を目指す。
川沿いの道を順調にいく。椎葉村に入ったあたりから、ぐんと傾斜がきつくなってくる。

途中、生まれて初めてヤマセミのつがいを見た。
カワセミは珍しくはないものの、ヤマセミを見れたことは幸先が良い。

深い谷は霧に包まれていた。
ところどころ、垂直に立った地層が覗いていた。九州山地を作り出した強大な大地の力を物語っていた。
いよいよ椎葉に入る。

7時、椎葉村に入る。
大河内集落に7時45分到着。20kmちょっとに2時間強。
しかし、本格的な登りはこれからだ。

大河内別れ。

2年前は右側のR388を下ってきた。
集落を抜けると、いきなりの斜度12%の急登。
100kg超を持ち上げるのは容易ではない。

矢立高原を抜けて水上村へ行くR388と別れる。R265は右手へ。

8時過ぎ、水上村へ行くR388と別れ、いよいよこの日の一つ目の峠、飯干峠へと取り掛かる。
ちなみに、諸塚村七つ山にも同じ名前の峠がある。

コントラストのある風景が旅情を誘う。
峠近く。日も照ってきた。

斜度は平均5〜6%ほど。楽とは言わないまでも、行ける。

峠はもうすぐだ!

峠に9時15分着。標高1050m。

カラーで飯干峠。
白黒と。飯干峠。

まあまあのペース。
今日は二つの大峠越えをし、かつ距離が100km弱あるので、あまりゆっくりもしてはいられない。

峠からの眺めが良い、そうだが、あいにく霞んで下界(?と言っても椎葉だけど)はよく見えなかった。
下って行くと、椎葉中、上椎葉ダムへと出る。

途中、木洩れ日にあたる苔。
上椎葉ダム。

10時半、椎葉の街に着く。
ここで椎葉山の語り部を訪ねる。椎葉に来たらば、ここの蕎麦を必ず頂く。

椎葉山の語り部。

中瀬さんのお母さんと奥さんにご挨拶する。
餞別に、おにぎりと梅干しをいただく。ありがとうございました。
小一時間ほど買い出しなどを済ませ、いざ今回のメインディッシュ、ぼんさん越へ。

街を抜けてすぐ、ダムへの急登を登ると、ゆるやかなアップダウンを繰り返して行く。

五家荘まで45km。これを登っていかなければならない。
風土野峠と尾前地区への別れ。

風土野峠から降りてきた道と合流。12時半。
3年前は、この道を下って椎葉の街へと向かった。
今回は右手へ進む。

風土野簡易郵便局のところで左へと道を進む。
と、ぐっと傾斜がきつくなる。むむっ。
ここから峠までは、容赦ない登りが待っていた。

この谷間を抜けて山を越えていく。
名も無き滝。

きつい。

上椎葉からようやく20km。峠までまだ13kmある。。

しかしさすが日本3大秘境の一つ、椎葉。山の奥の奥まで、集落がある。

これが最後の田んぼ・・・ではなかった!

あまりに谷が深すぎて、登って来た道は見えない。ひたすら、きつい。
しかし、夕立が来る前にキャンプ場に着きたい。
雨はともかくも、雷は厄介だ。

最後の集落、小林。
焼畑を伝承している地区。
隣の集落は深い谷の向こう側。

峠までの最後の集落、小林。13時40分。
ここまでは、時折車とすれ違うこともあったが、ここから先、五家荘まで車と出会うことはなかった。

雲行きが怪しい。ひんやりした風も吹いてきた。夕立の前触れだ。時折ぱらついてきたので、荷物にはレインカバーをする。

集落を抜けてすぐ、急登が待っていた。

斜度10%近くの登り。

ここまで80km近くを走ってきており、疲れも溜まっている。
足はまだ大丈夫だが、心臓がばくばく状態。
頂いたおにぎり三つ、ペロリと食べる。
新調したばかりのチェーンと、34Tのスプロケが効いている。
初めてのタイヤのコンビは、さすがにスピードは出ないものの、安定感は良い。

御池登山口。椎矢峠から国見岳、烏帽子岳と縦走できるらしい。

15時55分、ようやくぼんさん越到着。やったぜ!
実に標高1484m。立派な登山だ。
「ぼんさん越」と紹介しているが、実際のぼんさん越は、厳密には違う道があったようで、このルートは近年整備されたものらしい。
「県境峠」と言う標識があったり、椎葉の観光地図には「峰越峠」と紹介されている。
なんといっても、九州山地の背骨を越えたことには違いない。

ここから八代市に入る。
秘境ルート開通の碑!
鶴富屋敷から33km!登って来たんかい!
日本山岳遺産!

峠からの眺めは良い、らしいがあいにく(笑)見通しは良くなかった。

下りに備えて、ウィンドブレーカー代わりにレインウェアを羽織る。

峠からちょっと下ったところ。
キャンプ場までもうすぐだぜ、相棒!

五家荘樅木まで順調に下る。
17時、キャンプ場着。
いやあ、疲れた。大満足。

道中夕立には会わなかったものの、夜中に降ってきた。
地元の高校生のキャンプを横目に早々に食事を済ませ、床に就く。
明日までに疲労を取らないと。

走行距離 97.4km

九州山地最深部ツーリング1日目_綾〜西都市穂北〜西米良村双子キャンプ場

今年になってネットサーフィンをしていて、あるブログサイトに辿り着いた。

A lock without a key

という。この中に、実にブログ主が自転車で全国を廻ったという228もの峠のルポがある。

一点透視派百峠

もちろんその中でも注目するは、九州の峠。すごい。地元の人間でも行ったことのない峠ばかり。
読んでいるうちに、俄然行きたくなってきた。中でも、「九州最高地峠」ぼんさん越しへ。

手元にある「九州の峠」にも取り上げてあって、気にはなっていた。
本によると、「ぼんさん越し」とはどちらも平家の落人伝説が色濃く残る宮崎県椎葉村風土野部落と熊本県旧泉村(現八代市)樅木部落とを結ぶ峠道のことで、その昔、五家荘と呼ばれる泉村東部の集落から葬式が出ると、山を越えた不土野のお寺までお坊さんを呼びに行っていたことからそう呼ばれるようになったらしい。
うーむ、旅情を誘うエピソードではないか。

ならば、2年前に行くつもりが土砂崩れで未だ行っていない飯干峠を通り、「一点透視派百峠」で紹介されている、二本杉峠もついでにやっつけちまおう、と計画した。

7月25日火曜日8時、自宅を出立。一月前にうちに来た、二九(ふく)としばらくのお別れ。
今回は、山深い峠をいくつも越えるので、路面の悪さ、ダート走行も考慮してフロントをパナレーサークロスブラスター700×31c、リアにパナレーサーグラベルキング700×32cを履く。


うちの新しいアイドル二九(ふく)と申します。
まだ3ヶ月です。うろちょろします。
今回もフル・キャンピング仕様。

まずは西都市穂北へR219を目指す。杉安の井堰には10時前に到着。天候は梅雨は明けたものの、全国的に不安定な状態が続き、特に西米良は夕立と雷で有名なところ。できれば、15時までにはキャンプ場に着いておきたい。

さすがにタイヤがぶっとい。

ここまでは順調にきている。
一ツ瀬川をR219で上る。

渡しの船。
水中から突き出した木から、何やら花が咲いている。
瓢箪渕にある無人販売所。

11時、瓢箪渕に着く。ここらか一ツ瀬ダムへの登りが始まる。

急峻な谷。水鳥が三羽、飛び立った。

15分を掛けてダムを登る。
ここまで来れば一安心。緩いアップダウンを繰り返して、西米良まで向かう。
ダムを越えてすぐ、銀鏡との分かれ道に出る。銀鏡隧道(非常に狭く、暗い。注意)を抜けてすぐ、山水を飲めるポイントがある。美味し。

13時、キャンプ場着。

久しぶりのカリコボーズ橋。

キャンプ場にチェックインし、さっそくカリコボーズの湯に。
暑さが厳しく汗だくなので、ゆったりとお湯に浸かる。特にここの露天風呂が最高だ。

夕方には“米良のオヤジさん”敬介さんと久しぶりにお会いする。相変わらずお元気そうで、村のためにひと汗ふた汗流されているようだ。

明日は今回の山場、二つの大きな峠越え、しかも100km近くを踏破しなければならない。早々に床に就く。

走行距離 62.7km
平均速度 16.6km

梅雨の晴れ間の墓参り〜尾鈴サンロードを行く

今年は今のところ空梅雨。
というわけで、半年ぶりに土々呂にある墓参りに行くことにした。
前日に思い立って旧友Mに連絡すると、泊めてもらえることに。サンクス。
16日8時半、綾を出立。
今回は10号線を北上するルートではなく、“裏道”を行くことにした。10号線を一切使わずに、山側のルートを延岡まで。
この道は車では何度も通ったことはあるが、自転車は初めて。厳しいルートであることは覚悟していた。
というわけで、いつもなら10時くらいに出立するところを早めに、山中は店も無いので一通りの工具と念の為の輪行セット。
雨は降らない予報だったので泥除けは外したが、結構な荷物になってしまった。
しかしチェーンも新調したことだし、大丈夫だろう。

西都〜木城まではいつものルート。順調に進む。
が、木城の手前でMから連絡があり、急な法事が入ってしまったとのこと。泊まってもいいと言ってくれたが、辞退する。というわけで急遽妹宅に泊まることになる。

11時半、そろそろ山道に入るために買い出し。
県道40号線沿いの尾鈴サンロード入り口からさらに40号線を500m進み名貫川を渡ったところに、田口酒店がある。
ここで必要があれば買い出しをする。途中、自販機はあるものの、日向まで食事は出来ない。
ただし、ここも例えばパンも数多く置いてあるわけでは無いので、木城の街中か、コンビニで買い出しするのが無難。

菓子パンとブラックモンブランで軽い昼食をとり、12時過ぎにサンロードへ入る。
気持ちよい田舎道を進み、都農東小内野々分校横を通過。
ここまでは通行量も少なく、アップダウンもさほどでは無いので気持ちよく走れる。

左奥に見えるのが東九州道。

尾鈴サンロードと日豊グリーンラインは、ほぼ東九州道に沿っている。
県道301号線と交差するところから、そろそろ本格的な山岳ロードに入る。

この坂を下った先から、急なアップダウンの連続。

急坂を上り始め、時速が10km以下になると顔の周りを“ブヨ”?じゃ無い、血は吸わないのだけれどやたら顔の周りに小バエみたいな奴がまとわりついて、鬱陶しいったらありゃしない。
どうやら「クロメマトイ」というらしい。
命名の通り(笑)目の周りはもちろん、穴という穴に入り込もうとする。鼻はもちろん、耳まで。
こいつら、速度が10kmを超えるとついて来れなくなるので、スピードを上げたいのは山々だけど、そうはいかない。
今回はアブの襲撃はなかったものの、どちらもハッカ油が効くそうな。

 

これからあの山並みを右に巻いて越えていく。途中休憩所あり。

13時前、石波川上流東郷町山陰に着く。橋の上で景色を堪能。

結構高いのです。
九州山地の深部はさらに奥へ。

さらにアップダウンが続く。田の原地区から直登し左にカーブした先に、地元の野菜の産直所がある。
自販機、トイレ、水飲み場あり。急登をきた直後には山水が美味い。

産直所を過ぎ、右手に養鶏場を見て、ヘアピンの急坂を下る。
下った先が耳川だ。ここに来るのは2011年のツーリング以来。その時は東郷町中野原から日向市美々津へ下り、10号線へ出た。

橋から下流を望む。
椎葉まで続く、宮崎有数の清流大河。
橋を渡った先に日向市美々津と東郷町中野原への道別れあり。

橋の先からさらに登りが続く。
急登を登った先に、日向市鵜毛集落がある。集落を抜けると右に直角に折れ、最後の急登が待っている。
坂の途中に「千年の水」がある。なんでも西郷どんが名付けらしい。

千年の水。敗戦濃厚になった西郷隆盛がここの水を飲み、名付けたのだとか。

しばし喉を潤す。坂はもう少しだ。
登り切ると、ループ橋のある急坂を一気に下る。

ちょっとした上りの後は鮫島病院横を通って国道327号線へと出る。久しぶりの信号だ。
ここを突っ切って、日豊グリーンラインへと入っていく。

ここから土々呂までは、急登は無いものの疲れた体にボディブローのごとく効いてくる(笑)アップダウンが続く。

15時過ぎに五十鈴川へ。

1mを超える魚影が!上からみると扁平な魚体は、おそらく河口から上がって来たスズキと思われ。
小園。堰の上は水深があり、格好の泳ぎ場で、子供の頃はここまで遠征していた。

橋の上から覗くと、ゆうに1mは超えるであろう魚影が見える。鮎を追って上がって来たスズキだろう。
門川町小園地区は子供の頃よく川遊びに来ていた。懐かしいなあ。
やはり車で通り過ぎるのと、自分の足で空気を味わうのとでは感慨もまたひとしおというものだ。
土々呂まではもう一息。

17日。8時半延岡を出立。
この日は前日山ばかりだったので、海ばかりのコースを帰ることにした。ほぼ一筆書きのコースとなる。
ひとまず10号線に出る。
延岡市と門川町の境。
小学4年生の時、友人とはじめてここを自転車で通った時の感動は忘れられない。
当時、校則で自転車での遠出は禁じられており、そんな事は無視して子供には大冒険とも言えるツーリング(!)に出かけた。親の車では何度も通った道だけど、自分の足で市町村境を越えた時は、身震いした。あの経験が今に続いていると思う。

門川町乙島。

門川町乙島カンムリウミスズメの営巣地として有名なところ。
やっぱり10号線は排気ガスがきつい。すぐ喉がイガイガしてしまった。

11時前、日向市平岩のシーサイドパーク太平洋でパン食休憩。
ヤギがいるよ!

シーサイドパーク太平洋。定番の休憩ポイント。

ここからしばらく行くと10号線の“難所”美々津大橋がある。
ここは自転車道があるものの、道を下ってさらに「階段か?!」と突っ込みたくなるような坂を上って行かなければならない。
無論、車道を押し通ってもいいのだが、トラックがバンバン飛ばし路肩もほとんど無い橋である。危険この上ない。
かなり古い橋であるが、当時の道路行政に物申したい。
美々津大橋だけでなく、美々津は総じて走りにくい。

しかし、そんな自転車道にもいいところがある。
橋の上で止まれるのだ。当たり前だけど。車道ではこうはいかない。
というわけで、前日上流を渡り、神武天皇お船出の地の伝説がある美々津港と耳川を写真に収める。

立磐神社(たていわ神社)
美々津大橋より上流を望む。
神武天皇お船出の地、美々津港。

東都農駅へと向かい、県道302号線へ。
日豊本線に沿って海沿いの道を川南へとひた走る。
去年走った逆をたどる

寂れた旧国鉄のリニアモーターカー実験線跡。

東都農駅を過ぎてすぐ、旧国鉄のリニアモーターカー実験線が見えてくる。
子供の頃は「未来の乗り物が宮崎で生まれる!」と、当時の鉄道世界最高速度記録が出るたびにニュースに出たものだった。
いつかの運輸大臣が視察に来た際には「豚小屋と一緒にあるとはなんだ」という発言が物議を醸した事もある。(今の失言閣僚に比べればかわいく思えるのが悲しい)
山梨の人には申し訳ないが、今となってはただの無駄金使いになりそうなのでそちらに引き取ってもらって有り難い。

ひまわりとお地蔵様。

川南漁港を過ぎてすぐ、300mほどだが激坂が待っている。
坂を上って通山小学校手前の信号を左折。茶畑の中を進むと10号線へと降りる急坂だ。
上りの女子高生とすれ違った。毎日この道を自転車で通っているのね。お疲れさん。

10号線から新富町役場まで進み、信号を右折して県道18号線へと入る。
新田原基地へと上がる道の交差点を左折し、一ツ瀬川へ。
橋を渡ってずっと下った先の信号を右折し上田島の街中へ入る。
東春田の信号を左折し国道219号線へ入り、那珂の信号まで。
信号を右折し那珂小学校を過ぎ、高架を潜って道なりに直進する。
エコクリーンプラザ宮崎の坂を登りきると、後は綾まで平坦路だ。
木脇の大田原橋を渡ってすぐ左折し、宮崎〜綾サイクリングロードに出れば、綾はもうすぐだ。