カテゴリー: 茶道

初釜

7日土曜日はお茶の初釜でした。
いつもお世話になっている土持直子先生の社中です。
僕は薄茶を点てさせていただきました。

10時から、席入り。
続いて、土持先生自らの炭手前(釜をかける炉の炭をくべる手前)。
香合の拝見の後、食事を頂きます。

今回は一心鮨さんに懐石をお願いしました。
一口サイズの鞠鮨が美味しかったです(^_-)

食事の後はお濃茶。こちらは姉弟子のMさんの担当。
初釜の時は重ね茶碗で。重ねられた大小のお茶碗でのお手前です。

主菓子は常盤饅頭。表千家での初釜では、「千年変わらぬ松の葉にちなんで」緑色の餡を使った饅頭が用いられます。
今回は、先生が水野屋さんに特注されたものが出されました。

これが美味しかったんですよ〜さすが水野屋!

お濃茶を頂いた後はいよいよ僕の出番。
といっても、一番心配なのはしびれが切れることなんですが(笑)
案の定、脂汗をかきながら(^^ゞ何とか6名様分、お点てしました。

今年の目標は、正座、だな!

月に奏でる vol.3

平成22年9月22日(水、中秋の名月)
19:30〜21:00(開場19:00)

入場料;1500円(月見団子とお飲物付き)

オープンカフェ ひむか村の宝箱
(平和台公園レストハウス内 TEL/FAX:0985-31-1244)

旧暦の8月15日は「中秋の名月」と呼ばれ、月を愛でる行事が行われてきました。平和台での「月夜の音楽會」も今年で3回目となりますが、今回はヴィオラ・ダ・ガンバ(ルネサンス・バロック時代の低音の弦楽器)奏者の方を東京からゲストにお迎えします。
オリジナル楽器の雅やかな響きをお楽しみください。

橋爪 香織;ヴィオラ・ダ・ガンバ
早川 広志;リコーダー/フラウト・トラヴェルソ
稲森 愛 ;スピネット(小型チェンバロ)

王宮の合奏曲(F.クープラン)
トリオ・ソナタ(G.Ph.テレマン)他

休憩時間に、僕が抹茶を点てて、おもてなしさせていただきます(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)