カテゴリー: 映画

よみがえりのレシピ

映画「よみがえりのレシピ」

今日は宮崎キネマ館での「よみがえりのレシピ」公開最終日。ギリギリで鑑賞できました。

「よみがえりのレシピ」は、山形県で在来野菜を残す取り組みをされている、生産者、料理人、学者の皆さんを取り上げたドキュメンタリーです。
在来野菜?って?
現在私たちが普段スーパーで購入して食べている野菜のほとんどは、実は日本古来の種類ではありません。
病気にも強く、収量もよく均質な量が収穫できるように品種改良されたものです。

しかし山形のおばあちゃんは、昔からの「かぶ」を、「なくしちゃなんねえ」とひとりで植え続けてきました。
もちろん、お金になることでは全くありません。
それを受け継ぐ決心をしたおじさんは、林業の傍ら大変な労力のいる焼き畑を毎年行い、そこにカブを植えています。
地元の漬け物会社では、昔使っていた在来野菜であるキュウリを商品にしました。しかし、なかなか消費者に受け入れてもらえませんが、「味はいいのだから、いつの日か必ず」と生産者からの仕入れを続けています。
果たして、在来野菜はまずくて商品価値のないものなのでしょうか?

映画では、在来野菜を積極的にイタリアンに取り入れたメニューを売りにしているシェフの方も登場します。
『「おれの料理に材料を合わせる」という人が多いが、本当は「材料に寄り添う」事が大事』
全く同感です。
「ご馳走」という言葉は、客をもてなすために材料を求め走り回るという意味です。その走り回って集めた材料の元々の良さを活かす料理、が本当のご馳走でしょう。
在来野菜はその土地に一番合っていたから残り継がれていたわけですから、その土地での一番の「ご馳走」であるはずです。

映画の中で、なぜ在来野菜が品種改良された野菜に取って代わられたのか、という問いが為されます。
「現金収入がいるからの」

未来工業の山田社長は「社員(人間)をコスト扱いしない」と言われたそうですが、この映画をみて一番感じたことは「生命(食べ物)をコスト扱いしない」ということです。
もし生命をコスト扱いしなかったら、あの口蹄疫の悲劇もなかったかもしれません。

山形では、物々交換が当たり前のように行われているそうです。お金を使わず物々交換ならば、相手(作り手)がよく見えますし、お互いの思いの交換があり、そこには必ずコミュニケーションが立ち現れます。そこには健全な経済活動があるように思えます。

綾町のお隣、国富町には「国富大根」という品種があります。
一般的な青首大根ではなく、桜島大根のようなまるっこくて大きい品種で、柔らかくてとても甘いのが特徴です。
宮崎にも、他にあるのかな?

宮崎のメディア関係の方、どなたか「よみがえりのレシピ宮崎編」作りませんか?(^_-)

カリオストロの城

ルパン三世 - カリオストロの城
ルパン三世 – カリオストロの城
山田康雄,モンキー・パンチ

小学校5年生くらいだったでしょうか。

子供の頃から映画が好きで、あの頃は夏休みになると友人とバスに乗って街中にあった映画館(当時は田舎の小さい町にも10件近くあった。ビデオもない頃ですから)にわくわくしながら行ったものです。

その日は、かねてからの話題作「レイズ・ザ・タイタニック」を観に行こうと、今はもう無くなってしまった映画館に渋る友人と出かけました。

小学生が町に出て行く、というのはちょっとした小旅行の様なもので、しかも映画料金を払うということはかなりの贅沢でした。
ですから僕たちはかなり意気込んで出かけた訳です。

しかし、いざ映画館に着き料金を払おうとすると、窓口のおぢさんから
「子供が観るもんじゃねえ」
みたいなことを言われて、同じ建物の中にある別の番組を勝手に押し付けられたのです。

・・・子供心に、かなり悔しかったのをよく覚えてます(笑)

で、仕方なく観たのがウルトラマンと「カリオストロの城」。

まあ、僕も悔しさからか「こんな子供が喜ぶ様なヤツなんか観れるかよ!」と思いつつ(笑)、何も観らずに帰るのも嫌だったので見たんですが。

これが。

帰るときにはすっかり「カリオストロ」漬け。
ウルトラマンは忘れましたが。

当時は「コナン」を作った人と同じなどとは知らず、オリジナルのルパンとの違いもあまり気にならず、ただただ、興奮しておりました。

いやあ、昨日テレビで10年以上ぶりに観て、童心を思い出しました(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)

そういえば、「レイズ・ザ・タイタニック」。
まだ観てないや。

日本沈没

日本沈没 スタンダード・エディション
日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛,柴咲コウ,及川光博,豊川悦司,大地真央,石坂浩二,樋口真嗣,小松左京,成島出,加藤正人

新しいほう、です(^^ゞ
先日、テレビで放映されたので。

子供の頃、確かまだ小学校に上がったばかり位と思うのですが、テレビドラマがありましたね。
もの凄〜く、怖かったことを覚えています。

リメイク版も、やっぱり怖かったです(笑)
自分がこんな立場に置かれたら、一体どうするだろう?
どうなってしまうだろう?

つい考えてしまいますね。

原作か、藤岡弘さん主演の旧作をもう一度観てみたいものです。


クリックよろしくお願いします(^_-)

ちょっとアダルトな映画

マイミクの竜さんから、素敵なショートムービーを教えていただきました。

「People in Order (correct version)」

いやあ、いいですね〜

あ、ブログのタイトルは引っかけじゃありませんよ。
このムービー、おそらく30代以上の方じゃないと面白みも分かんないじゃないかなーと思ったもので。


クリックよろしくお願いします(^_-)

もしも・・・・の「2001年宇宙の旅」

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅
キア・デュリア,ゲイリー・ロックウッド,ウィリアム・シルヴェスター,ダニエル・リクター,スタンリー・キューブリック,アーサー・C・クラーク

いわずとしれた、SF映画の傑作です。
先日、原作者のクラーク氏がお亡くになりました。ご冥福をお祈りいたします。

しかし、今回の主役は実はこの人。
ぜんぶ手塚治虫! (朝日文庫 て 3-5) (朝日文庫 て 3-5)
ぜんぶ手塚治虫! (朝日文庫 て 3-5) (朝日文庫 て 3-5)
手塚 治虫

いつもの衝動買いで(笑)買って来たものの、半月ばかりほっておいて他の本を読んでました。
ははは(^^ゞ

今実は風邪で寝込んでいるのですが、頭痛がするものの暇でして。

手塚治虫と言えば、王貞治と並んで僕の少年時代のヒーローです。
この本は、手塚治虫本人が書いたコラムやエッセイを集めたもの。
その中に、講談社から発行されていた「apache」という雑誌の連載に書かれたもので驚愕の事実が!

なんと、キューブリック監督が「2001年」の美術監督を手塚氏に依頼していた!
うそっ!すげっ!

しかし、当時「アトム」の制作で忙しく断ったそうです。

映画美術をとっても、時代を感じさせない(というより時代がこの映画を追っかけて来た)名作が、もし手塚治虫のデザインのディスカバリー号やHAL9000のデザインだったら・・・

特に目新しい話題ではなかったでしょうが、僕的にはビックリだったので(^_-)


クリックよろしくお願いします(^_-)