「読書」カテゴリーアーカイブ

私を離さないで

「私を離さないで」

先日、NHKで日本生まれの英国作家カズオ・イシグロの特集があって、興味がわいて図書館で借りてきました。

31歳のある女性の独白で始まる物語は、イギリスのとある寄宿舎での生活から始まります。
一見すると平和で、しかし子供特有の微妙なバランスの人間模様が丹念に描かれます。
男性の作家とは信じられないくらい、少女たちの心の襞をリアルに描いてあります。
ま、僕もホントのところは分からないので、想像なんですがね(^^ゞ
正直なところ、序盤はそんな何気ない日常生活の描写に終始し(とは言ってもいろんなところに伏線は張られているのですが)少々退屈感は否めないのですが。

しかし中盤以降、その物語の異様さが徐々に明らかになってきます。

非情で残酷な運命に晒されながらも、ひたすらに純粋に生きていく主人公たちに心打たれます。
感動、とは違う。感銘、と言った方がいいのか。

話は飛びますが、先日「29万の雫」という舞台を鑑賞しました。
宮崎で起きた口蹄疫事件を、当事者へのインタビューを元に構成された演劇です。
この事件は、いろんな見方はあると思いますが、牛たちに対して為された大量殺戮、とも言えます。
図らずも、この本を読んで、この舞台を思い起こしました。

しばらくはこの本について、いろいろと考えを巡らせそうです(^_-)

 

「キャシー」

君と出会った幼い日
何気ないひと言が うれしかったよ
遠くから見守る君のまなざし
孤独な僕には温かかった

15の頃 君のお気に入りのカセットテープ
あの歌をひとり聞いていたね
君がテープを失くしたという噂
僕は寄宿舎中を探し回ったよ

Never let me go 私を離さないで
Never let me go 私を離さないで
知っていたのさ 大人たちのずるさを
君の哀しみを 僕らの運命を

18の時 ドライブした失くし物の町
ぽっかり空いた時間に 古道具屋を周ったね
見つけてあげたかったあのカセットテープ
でも見つけたのは君の方だった

大人になって初めて過ごす 君とふたりきりの日々
懐かしい友はもういない
他愛のない会話がこんなにも愛おしい
最後の時も笑って別れよう

Never let me go 私を離さないで
Never let me go 私を離さないで
教えてほしい 僕らの罪を
彼らの慈悲を 君の優しさを

さあおいで そしてあの日の海へ

雨が降ります 雨が降る

北原白秋  雨

雨が降ります 雨が降る
あそびにゆきたし かさはなし   
紅緒のかっこ(下駄)も 緒がきれた 

雨が降ります 雨が降る
いやでもおうちで あそびましょう
千代紙折りましょ たたみましょう

雨が降ります 雨が降る
けんけんこきじ(子雉)が 今鳴いた
こきじもさむかろ さみしかろ

雨が降ります 雨が降る
お人形寝かせど まだやまぬ
おせんこ花火も みなたいた

雨が降ります 雨が降る
ひるも降る降る 夜も降る
雨が降ります 雨が降る

雨が降る

松原さんの幼少時代の思い出にドキッとさせられます(^_-)
松岡正剛の千夜千冊『北原白秋集』北原白秋


クリックよろしくお願いします(^_-)

「日本浄土」藤原新也

日本浄土
日本浄土
藤原 新也

いよいよ“フジワラワールド”も佳境に入ってきたか。
佳境、と言っても藤原さん個人の人生のこと。

若い感性が、まさしく鋭いナイフのごとき「印度放浪」から40年近く。
様々な旅を続けながら、混迷の世を生き抜く力を模索し、その姿勢と視点は多くの読者の指標となってきた。

近作は、老境に入りつつある作者の悟りにも似た(あきらめ、とは違うなあやはり)優しい文章と写真が多くを占める。

老人が昔話を懐かしむ、人によっては藤原新也らしくない、と敬遠する向きもあるかもしれないが、藤原さんだって人間なんだもん。
むしろ、昔話を出来るのはそれだけ歴史を積み重ねた人が出来る特権だ。還暦以下は昔話などを楽しむべきではない。
昔話を楽しめる、そんな大人になりたいなあ。

(もちろん、昔は良かった的な話を酒の席でされてうんざりすることはあるけれど、それとは次元の違う話。)

いや、伝家の宝刀は錆びずにきちんと鞘に納められている。
それは自身のホームページにあるブログで確認出来る。時々は、ぎらりと我々の喉元に突きつけられる。

きむら
今年の3月、金沢を旅行した。
おそらくは同じ頃、藤原さんも彼の地を訪れている。
同じ時期に、同じ場所に立ち、同じ視点で撮った写真。
しかし、さすがは藤原新也。
僕の写真とは観点が微妙に違う。
僕は、その看板自体を面白いと思い、彼は看板を含めた古都金沢を、少し引き気味の構図で切り取る。
さすが。

(僕も確か手前の石畳も入れたかったのだけど、看板の文字が小さくなることを懸念してアップにしたんだよな)

そして、尾道の養老温泉の部屋の、床の間の写真。
こんな写真はなかなか撮れまい。

これまでいろんな刺激を受け、読者にもいろんな刺激を与えてきてくれた彼だからこそ、何気ない日常が幸せなんだよ、それこそ本来大事にしないといけないものなんだよということを、本当の意味で教えてくれる気がするのは僕だけだろうか。


クリックよろしくお願いします(^_-)