八十一(やそいち) のすべての投稿

06.12種子島滞在記vol.1

突然の先生からのお電話より、思いもかけず種子島に渡ることになった昨年末。
35年前に僕の焼き物の師匠、中里隆 先生が“種子島焼”を小山富士夫先生の勧めによって再興され、古稀を迎えられた今、再び種子島で作陶されているとのこと。
師匠の原点回帰、そこに居合わす幸運。その貴重な体験を記憶の新しいうちにここに記しておこうと思う。

先生よりお電話いただいたのは、平成18年12月11日の夜のこと。僕は山形屋美術画廊での個展を開催中で、その晩は山形屋さんの忘年会にお誘いいただき、座が盛り上がっていたところ、母から電話で連絡を受けた。
13日に改めてお電話すると、現在種子島に居られ、年末に窯焚きをするから手伝って欲しいとのこと。僕は二つ返事で伺うことをお約束した。

23日早朝6時に自宅を出、宮交シティ6:30発の鹿児島行き高速バスに乗り込む。
9時過ぎに天文館に着き、鹿児島港北埠頭に向かう。
ここより、種子島・屋久島行き高速船トッピーに乗り込む。

高速船初体験だったのだが、そのスピードに驚いた。
天気は快晴。海は凪いでいる。途中、イルカの群れに出会う。
鹿児島よりおよそ1時間30分、11時半に西之表港に到着。
種子島窯の若女将、野口環さんに出迎えていただく。

早速窯の方へ案内していただき、現当主野口悦士さんとご挨拶。先生はいったん唐津へお帰りになり、26日に再び種子島に来られるとのことだった。
お昼を頂くと、早速窯詰め作業へ。
ところが、僕が熱を出して寝込んでいた時期と同じくして野口さんも点滴を打ちに行っていたとのこと。
窯詰めが予定より大幅に遅れ、薪割りも危うい、という状況だった。

とにかく、火入れは24日の夜にしなくてはならない(窯出しの予定が1月4日が期限のため)ので、大急ぎで作業に入った。


窯の内部。


種子島焼独特の蛇窯。


焚き口。


焚き口より、内部を覗く。窯の中は高さも幅も狭く、床に座り込んでの作業を余儀なくされる。

24日夕方、なんとか窯詰め作業を終え、火を入れる。

これから丸二日をかけて、じっくりと焙りの工程に入って行く。


クリックよろしくお願いします(^_-)

SUSHI&J・MODERN RALPHラルフ 福岡・西中洲


16日、私の器を使っていただいている「RALPH」さんへ、3月に個展をしていただく「ギャラリー一番館」の坂本さんとご一緒させていただきました。


フレンチとお寿司を合体させた、新しいスタイル。



私の器を何点か、展示させていただきました。




店内のインテリアも非常に凝ったものです。


オーナーシェフの本岡さん。



残念ながら、料理の写真はありません(^^ゞ
食べることとおしゃべりに夢中でした(笑)
この日は、カウンター席は予約で満席でした。
五島出身のご主人が仕入れられた魚の味は確かです。
今回のメインディッシュはフランス産の鴨肉。これまた美味しい!
デザートのフレッシュ苺ソースを使ったアイスの酸味が格別!堪能させていただきました。

福岡にお寄りの際には、ぜひお立ち寄りください。

「RALPH」
福岡市中央区西中洲2-25 STAGE1 西中洲1F
TEL:092-737-8889


クリックよろしくお願いします(^_-)

アノニマス・デザイン

anonymous

1.匿名の,名を伏せた;作者[製作者など]不明の;名前を知られないでいるa reader who asks to be ~

匿名希望の読者.

2.個性[特色]のない,何ということもない,平凡な.

昨日から発熱し仕事ができないので、「柳宗理 エッセイ」を一気に読んでしまう。

柳さんがよく使われる「アノニマス・デザイン」という言葉は、お父上である柳宗悦の「民藝運動」とも深いつながりがあるが、果たして僕の現在の仕事を鑑みた場合、どうなのだろうか。


僕の器は、シンプルなものを基調にしている。それは、民藝運動もアノニマス・デザインも意識したもの、とは言い難い。それどころか、僕自身はこのシンプルなデザインに、強烈な(?)自我を閉じ込めているつもりですらある。

しかし、柳さんのデザインには強く惹かれるし、素朴な民芸品(さながら民芸品らしく作られたお土産物を除く)も大好きだ。また、エッセイを拝読しても、興味深い記述がいっぱいあり、とても共感出来る。

まあ、この世界に入って間もない若造がデザイン云々を論じることは出来ないが、しかし、一応プロとして、自分の考えなり方向性をはっきりさせる、探そうとする姿勢は必要であろう。

独立して間もない頃、僕の器は「これ、100円ショップにあるよ」と酷評された。しかし僕は、自分の漠然としてはいるもののはっきりと内側に存在する「価値観」を信じていた。僕の理想とするものを表現するには、ろくろの技術をさらに磨く必要があった。

最近、少しは技術的にも自信がつき始め、それと比例するように世間的にも少しずつ、評価されるようになってきた。このことは、大いに自信にもなっている。

しかし、経済的に言えば、楽になるにはもう少し時間がいるようだ。

「売れるもの」を作るには、市場調査をし、売れ筋を分析し、消費者のニーズに応えればよい。はっきり言って、それはそんなに難しいことではないと思う。もっと言えば、「ニーズ」自体を思い通りに動かせれば、より簡単になる。もちろん、それには巨大な資本が必要となるが。

手工芸品の場合、おのずとそういった流れとは外れたところになるはずなのだが、現実はユートピアには程遠い。

シンプルな物が流行っている、とはいっても、それはやはり「流行のもの」の話だな、というのが昨年上京した折、何軒かのお店を覗いた正直な感想。作り手が悪いのか、使い手の問題か。

話は飛ぶが、弟子時代の友達と、互いの作品を批評し合ったりする機会がある。ある時、僕とは別の窯元で修行していた友人から「お前のはただろくろを 引いただけじゃないか」と言われたことがある。その時、僕はとっさに「それが自分のデザインだ」と答えた。これは今でも、あたらずとも遠からず、と思って いる。

今考えると、「アノニマス」なものとの共通項がここら辺にあるのかもしれない。

熱のせいか、脈絡のない文章になってしまった。しかし、この問題は僕の作陶活動の根幹に関わるので、これからも考え続けるだろう。

春には上京する機会があるので、日本民芸館に是非行こうと思っている。