八十一(やそいち) のすべての投稿

藤井貴里彦回顧展

宮崎が生んだ稀有な作家 藤井貴里彦
藍染め「楡の木工房」主催の染色家の顔と
劇作家、文筆家としての顔

2016年1月に急逝された藤井さんの回顧展のお手伝いをしています。
僕も藤井さん作の暖簾と、自作の黄亜椰茶碗を展示させていただいています。
是非お立ち寄りください。

25日(土)には、現在公開中の映画「しゃぼん玉」に出演されている浜崎けい子さんによる藤井作品の語りの夕べもございます。

2017年3月23日ー27日
午後1時〜6時(25日のみ19時半まで)
黄鶴堂2階ギャラリー
宮崎市堀川町50-1
https://goo.gl/maps/ASauwd8W4L52

主催:藤井貴里彦回顧展実行委員会 TEL:090-5491-1177(根々)

第17回綾ひな山祭り、始まりました。

25日より、「第17回綾ひな山祭り」が開催されています。

期間:平成29年2月25日(土)~3月5日(日)
メイン会場:綾町中央通り商店街

オープニングセレモニーに参加してきました。
とても穏やかで、いい祭り日和でした。
各来賓に挨拶の後、ひな祭りらしく、お汁粉で乾杯。
幼稚園の園児たちの歌と演奏で盛り上げてくれました。

さっそく、街中のひな山をぐるっと回ってきました。
まずは、いつもスケールの大きな山で楽しませてくれる、「そば処まる」さん。
今年も立派な山ができていました。何と、滝から水が落ちています!

次に向かったのは「綾グリーンガーデン」さん。
こちらは大きくて立派なひな壇が二つも!

そして毎度おなじみ「おの屋」さん。
今年も安定の出来栄え。渋いです。
派手さはないものの、「ザ・雛山」という感じはさすがですね〜

そして今回の目玉、綾郵便局隣の古民家を会場にした、商工会女性部が力を入れた雛山。
本来の雛山に近い、姿が見られます。必見です。
元々、古い病院だっただけあって、部屋の数が多く、それぞれ工夫をこらした展示になっています。

次はこちらも今年はじめての展示、綾てるは図書館
図書館らしく、雛山に関する図書も展示してありました。

最後は「昭和展」を開催される、「徳丸豆腐」さんにお邪魔してきました!
いつもながら、熱い!昭和の男!
・・・・しかし、まだ準備中でした(^^ゞ
5日が本番なので、それまでには間に合わせる、との事。
ちょこっとだけ覗かせていただきましたが、いやいや、スゴイですよ。
こちらも是非、お立ち寄りください!豆腐も絶品です!(^_-)

火鉢デビュー

昨年末に火鉢を手に入れました。さっそく火鉢のある生活を満喫しています。

先日のこと。お昼過ぎから、ストーブでコトコトおでんを煮込みます。

うちで50年近く活躍してくれている無水鍋

ストーブの中で炭をおこし、それを火鉢に移動。

この火鉢、すげえなあ〜と改めて感じています。
何が凄いって、冬の土仕事、冷たい土と水を相手に格闘しなきゃいけません。
いくら宮崎が暖かいといっても、苦痛以外の何物でもない。
例えるなら、アイスクリームに素手を突っ込んで仕事しているようなものです。
ま、手の温もりでだんだん土も暖かくなってくるんですが。
以前は灯油ストーブをガンガン焚いていたのですが、とてもとても追いつきません(お金が)。
というわけで薪ストーブ導入となったわけですが、薪をくべ続けなければいけませんし、それなりの勢いがないとすぐ冷えてしまいます。
ところがこの火鉢と炭のコンビ、じんわりとした暖かさがいつまでも持続します。しかも少しの炭で。
陶製の火鉢はそれ自体が蓄熱しているので結構熱くなっています。ペラペラのステンレス製のストーブではこうは行きません。

いやあ、天国がまたひとつ、増えました。

というわけで(笑)おでんを煮ながら、火鉢では熱燗をつけることに。

ほんわか暖かい

年越し用にと奮発した新潟「純米朝日山」は、冷やでも美味しいですが温燗にするとこれまたトロッとした味わいが、いい。

いやあ、たまらんわ。

今日のお供は、白さつま徳利とぐい呑(共に参考価格1万円)。

見事なお盆は児玉工芸さん。ぐい呑はいい感じで貫入に沁みが入っています

それにしても今年の暖冬は、もうメジロを里まで連れてきました。

ヨーロッパでは歴史的な寒波が襲ってたり、エジプトでは雪が降ったりしているそうですが、これは温暖化の影響で大西洋暖流の流れが変わったから、だそうです。
一方で、地球温暖化で北極の氷が減少していると言われているが、逆に南極の氷は増えており、温暖化はウソだ、という説もあるそうです。

どちらが本当なのか、私には正直分かりません。
しかし、言えることは化石燃料は使ってしまえばお終いだし(それを奪い合って殺し合いをすることになんの意味があるのか)、かといって原発を使い続けることは環境的にも経済的にもナンセンス(はっきり言って愚か)だ、ということです。

火鉢の温かみが、身に沁みてきます(^_-)

高千穂ツーリング&同窓会

日にちが前後しますが、先月延岡であった中学時代の同窓会に出席してきました。

9日、8時に自宅を出立。
そういえば、マイチャリと一緒に撮ったことなかったな、とコロとの最後の写真となりました。

今月9日、ツーリング前。これがコロの最後の写真となりました。

まず向かったのは佐土原駅。
同窓会は10日なのですが、その前に、10月5日に亡くなった高千穂の親戚宅へ行くことにしました。

うちの父の従兄弟、「スミあんちゃん」。
子供の頃、祖母に連れられて夏休みなど1週間程遊びに行き、色々とお世話になりました。
家を出てからも、大学時代友人たちと祖母傾山縦走をした後に、皆で泊めてもらったりしました。
その家の子供たちも、僕のことを兄のように慕ってくれていました。
今年になってガンが発覚し、あっという間の旅立ちとなってしまいました。
ついこの間、お見舞いに行ったばかりだというのに。

1時間10分ほどで佐土原駅到着。
今回は延岡まで輪行、延岡駅からR218を日之影まで、それから五ヶ瀬川を対岸に渡り高千穂まで、高千穂からR325で田原まで、というルート。


今回は、つい先日20年近く相棒だったミレーのディパックがいよいよ裂けてきたので新調した「オスプレー syncro20」が旅のお供。
なぜか現在日本ではラインナップされていないようですが(新しいモデルとも若干変更あり)、なかなかよくできたザックです。
シンプルなヘルメットホルダーもグッド。
サイクリングだけでなく、今後のチビート・トラバースも考慮してスピードハイクも考えて購入したのですが、20Lは十分な大きさだし、ちょっと工夫すれば、登山用のヘルメット(穴がない)とトレッキングポールも装着可能。
ネット使用の背面は蒸れることなく快適だし、さすがオスプレー。
後は耐久性かな。ミレー並みに保ってくれることを祈ります(笑)

Osprey Syncro20

佐土原駅10:13発→延岡駅11:31着(1時間18分)1,470円
延岡駅は改修工事中でした。
子供の頃から慣れ親しんだ駅舎だったのですが、どうなるのかな?

12時過ぎに出立。
穏やかな、小春日和。
なんですが、この季節特有の「五ヶ瀬(行縢)颪(おろし)」が!
写真はのんびりしているように見えますが、向かい風はボーボーです(笑)
これを計算に入れておくのを忘れてた!
風がなければ、高千穂まで4時間の予定。それから田原まで1時間とみて、明るいうちには着くつもりでした。
ちょっとがんばらないと、やばいかな?

そんな気の焦りがあと後、響いてくることになります。

順調にR218を日之影町まで進んだのですが、ここからR218を離れて五ヶ瀬川対岸に渡り、県道205号線を日之影中学校横を抜けていきます。
なんと街を抜けるところで全面通行止めの工事中。
このとき14時半。
工事が一中断される15時まで待たなければならないのか?しかし時間が・・・でも向かい風でだいぶ疲れも溜まってきているし、いい休憩かも?
と思案していたら、自転車一台なら、と通してもらいました(^_-)

R218の旧道をそのまま行けば七折から平底へと登って新道と合流するのですが、今回はこちらの県道を選択。
平底への急登を嫌ってのことなのですが、どちらにしろ、三田井までは上らなくちゃならない・・・(笑)
車も少なく道もきれい、時間を気にしなければそれなりに楽しめるんですが、次第に西日が傾き気温が下がってくるにつれ、気も焦ってきます。

いやあ、生まれて初めて、ツーリング中に足がつった(笑)

ルートラボを参照してもらえれば分かりますが、まあまあな登りに加え、強い向かい風。
ついに天翔大橋を過ぎたあたりで、マッサージのため一時停止。
右足のふくらはぎから膝の上あたりにかけて、強い痙攣と疲労がかなり溜まった状態。
一昨年のチビート・トラバースでもこんなことなかったのに。
ちょっと力み過ぎていたようです。体も鈍ってたかな?
10分ほど休んで、とりあえず高千穂道の駅を目指します。ここで止まってしまうわけにはいかない。
なんとか予定通り16時に道の駅到着。ここまでくれば後は何とか・・・・する。
ここから経験、ですかね(^_-)走りながら右に傾いていた力加減を左側を意識することで、徐々に足の疲労のアンバランスも解消してきました。
とにかく後10kmちょっと、1時間で走ればいい。
高千穂の街中からR325を田原まで。だらだらした登りが疲れの溜まった体にボディブローのごとく効いてきますが(笑)なんとか親戚宅に17時着。よかった・・・・

五ヶ瀬川を登っていきます
行縢山遠景
か、風が一段と、強くなってきました!
R218旧道を行きます。車も少なく、快適。向かい風がなければ
日之影町役場〜日之影中を過ぎて
田原

久しぶりの田原泊。
積もる話やら昔話やら、結局床に着いたのは3時過ぎでした・・・
(余裕があれば一昨年の崩野峠リベンジにでも行こうか?と考えていたのですが、あえなく撃沈)

この日の走行距離95km
平均速度17.3km/h
最高速度56.6km/h

10日土曜日は延岡伊形町の友人宅(一緒に同窓会に出席)に17時までには着く予定。
が、起きたのはやっぱり9時(笑)延岡に下る前に、高千穂に来たらもう一件寄りたいところが。
岩戸にある「むすびカフェ 千人の蔵」。
友人の藤木哲朗くんはじめ楽しいスタッフたちで営んでいるカフェ。
前回は2014年8月。椎葉から国見峠を越えての旅以来。2年振りか。
スタッフのりちゃんの作る料理は相変わらず美味しかったです♪
「毎日楽しいです!」と語っていた彼女の肌は確かにつやっつや!

千人の蔵で早めのお昼を頂いて、12時過ぎに出立。今回は新しい道(下野〜岩戸〜七折)を通ってみました。
今日は下りなので気は楽。しかし疲れもあるので、出来るだけ早めに着いて風呂に入りたい・・・眠たい・・・

平底から旧道に降りようとしたのですが、がけ崩れのため通行止め。
ちょっと予定変更はあったものの、昨日の敵は今日の味方。追い風に乗って16時過ぎには友人宅へ。

この日の走行距離71km
平均速度18.2km/h(昨日からの累積測定)

早めにお風呂を頂いて、少しばかり仮眠。
友人と連れ立って中学の同窓会出席。
今回は忘年会シーズンだからか、参加者は少なめ。でも、卒業以来のサッカー部の仲間とも再会できたりと、楽しく過ごせました。
この日、帰宅したのは5時・・・・

次の日は友人が昼はラーメン食いに行こうと誘ってくれたのですが、さすがに眠気に勝てず。
この日帰宅する予定も1日延期に(^^ゞ

ゆったり日曜日を過ごし、月曜日の朝出立。
久しぶりに10号線を走る。
門川の乙島。ふるさとの漁港の風景。
日向市駅まで走って、輪行で佐土原まで。お昼過ぎに綾到着。
今回もいろんな人にお世話になりました。楽しゅう旅でございました。ありがとうございました(^_-)

門川町乙島
JR日向市駅は建築関係のいろんな賞を取っている美しい駅舎として有名
ホームの屋根も地元の杉材。実は新しい駅舎になってからここから乗車するのは初めて。