削り

ろくろでの成形後、半乾きの状態で、鉄の板をL字型に曲げた“カンナ”を用いて高台を削りだします。

やそいちのこだわり!
​ 水挽きで作られたラインを壊さない最小限の削り。

有田などの磁器では、器胎すべて削ってラインを作ります。 やそいちでは、水挽きの段階で最終的な形が決められます。 このことによって、有田の清潔感と唐津の手づくり感の融合を実現しています。

削り


Simple is Beautiful

↓
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。